最終更新日:2023/9/13

東洋技研(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 機械

基本情報

本社
長野県
PHOTO
  • 5年目以内
  • 情報系

失敗から学び自分独自の金型を製作する

  • M.T (出身:兵庫県)
  • 2015年入社
  • 信州大学
  • 工学部 情報工学科 卒業
  • 【所属部署】開発技術部 金型技術係

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 最先端技術に触れる仕事
  • 研究をメインにする仕事
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
現在の仕事
  • 部署名【所属部署】開発技術部 金型技術係

東洋技研に入社した理由

 私が就職活動を始めた時点では東洋技研について全く知りませんでした(というか名前すら聞いたことがありませんでした笑)。大学で開かれていた合同説明会に参加したときに東洋技研のことを知り、「とりあえず会社説明会も参加してみようかな」程度の考えで参加しました。そのときに本社工場で設計から製造まで全ての工程を行えることや数々の特許を取得しているなど、他の企業との違いや独自の強みなどを知ることができ、その中でも特に少数精鋭で社員一人ひとりに幅広い仕事を任せてもらえ、教育もしっかり行うという話を聞いて、一気に入社したいという気持ちになりました。


これが私の仕事!

 私は現在、金型技術係に所属しています。仕事の中で面白いなと感じることは自分で設計した金型を自分の手で加工して自分の手で組み立て完成させることです。自分の手で全ての加工をするので機械も多くの種類を扱うことができます。また、新しい加工方法や金型の構造を思いついたときはどんどんとチャレンジさせてもらえるので、自分で思いついた方法がうまくいったときはこの仕事の面白さを一番感じることができます。また、自分が設計し加工した金型を使った製品が発売されると非常に嬉しいです。


印象に残っているエピソード

 今の仕事をしている中で失敗はたくさんしてきました。ですがたくさんの失敗をしても怒られたことは1度もありません。失敗をしたときに上司に報告にいくと失敗の内容から、なぜ失敗したのか、失敗しない為にはどこに注意すればよいのかを教えてもらえます。しかし、時々1から10まで全てを教えてもらうわけではなく基礎と安全に関わる重要な部分以外はヒントだけを教えてもらうことがあります。このときに上司からは自分で考えてみてと言われます。何でも聞いてその通りにするのではなくて自分でも考えて行動してみないといけないということを身につけることができました。


今後の目標

 私の目標は現在社内で使われていない新しい加工方法や構造設計にトライした金型を作ることです。今までたくさんの失敗をしてきましたがその度に次に失敗しないためにはどうすればいいのかを考えてきました。今後は今までの経験を生かしつつ先輩や上司からもたくさんのアドバイスをもらって新しい技術を考えたいです。そのためにはまず既存の技術から少しずつアレンジを加えるところから始めていきたいと考えています。


トップへ

  1. トップ
  2. 東洋技研(株)の先輩情報