最終更新日:2023/1/4

青梅市役所

業種

  • 官公庁・警察
  • 公益・特殊・独立行政法人
  • 財団・社団・その他団体

基本情報

本社
東京都
資本金
公共機関のためなし
予算
534億円(令和4年度 一般会計当初)
従業員
1,588名(令和4年4月1日現在)

みどりと清流、歴史と文化、ふれあいと活力のまち 青梅 ―ゆめ・うめ・おうめ

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

あそぼうよ!青梅

PHOTO

青梅市では、浜中市長が掲げる「あそぼうよ!青梅」の合言葉のもと、多くの市民の方が活動し、あらゆるものがつながりながら、新たな創造を繰り返していくまちの実現を目指し、全力で取り組んでいます。

圏央道青梅インターチェンジ北側の物流拠点整備、吉川英治記念館を活用した文化・観光の振興、青梅ブルーなどの観光戦略プロジェクトなどの推進において、市民の方をはじめ、多くの「ひと」に、まちづくりへの参加を呼び掛け、個々の活動や取り組みをつなぎ、この「つながり」を大きく拡げ、青梅ならではのまちづくりを進めています。

この「あそぼうよ!青梅」という言葉の持つ力を最大限に活用することで、「あそび」を起点とした「ひと」や「施策」がつながり合い、つながり続け、飛躍していくまちの実現を果たすことができると考えています。

「あそぼうよ!青梅」の思いを市民の方と共有し、人口減少における困難な状況を克服し、市民とともに「やっぱり」青梅と誇ることができる魅力に満ちたまちづくりを進めていきます。

青梅市ではこのような思いに共感し、市職員として活躍したいという方を求めています。

会社データ

事業内容
市民が快適な生活を行えるように教育、健康・福祉、妊娠・出産、子育て、税金、環境、産業、観光、農業、基盤整備等、市民生活に関わるすべてのことを始め、市政全般を担っています。


● 青梅市ならではの特色

【ボートレース多摩川】
東京都府中市にあるボートレース多摩川は、青梅市が昭和29年から始めた市の収益(モーターボート競走)事業です。経営感覚を養うなど、他市では経験できない職場のひとつです。

【総合病院、美術館、博物館】
青梅市には、総合病院、美術館および博物館があり、これらの施設においても市職員が業務に当たっています。これらも他市では経験できない職場です。

【職員派遣】
国政および都政等における行政課題の取り組み、政策・施策・事務事業の実施および行政評価についての手法を学び、職員の能力向上を図ることを目的に、令和3年4月1日現在、次の機関へ職員を派遣しています。
文部科学省、東京都(政策企画局、総務局、都市整備局)、世界的なスポーツイベント競技大会組織委員会、東京都後期高齢者医療広域連合、東京都十一市競輪事業組合、(公財)東京市町村自治調査会、(福)青梅市社会福祉協議会、立川市

【被災地職員派遣】
令和3年4月1日現在、東日本大震災に伴う人的支援として福島県南相馬市へ職員を派遣しています。また、平成28年の熊本地震、平成30年の西日本豪雨においても被災地へ職員を派遣し、震災復興に向けた支援を行いました。
本社郵便番号 198-8701
本社所在地 東京都青梅市東青梅1丁目11番地の1
本社電話番号 0428-22-1111(代表)
市政施行 昭和26年(1951年)4月
資本金 公共機関のためなし
従業員 1,588名(令和4年4月1日現在)
予算 534億円(令和4年度 一般会計当初)
事業所 青梅市内の各施設(市役所本庁舎、市民センター、リサイクルセンター、健康センター、市立美術館、市立博物館、市立総合病院など)
ボートレース多摩川(東京都府中市)
平均年齢 43.3歳(一般行政職)(令和4年1月1日現在)
平均給与 410,470円(一般行政職)(令和4年1月1日現在)

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 29名 22名 51名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 27名 5名 32名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 6.6%
      (76名中5名)
    • 2020年度

    病院事業除く

社内制度

研修制度 制度あり
職員の知識、技能等の職務遂行能力向上のため、職層別研修や実務研修等を行っています。
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育研修助成:市が指定するコース(約150コース)から受講するコースを選択し、履修終了すると1人2万円の範囲内で助成が受けられます。

採用実績

採用実績(学校)

非公表

採用実績(人数)       令和元年度   令和2年度   令和3年度
----------------------------------------------------------------
一般事務   23名       26名      34名
一般技術     3名       3名      4名
保 健 師     6名        1名       4名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 19 12 31
    2019年 18 9 27
    2018年 5 9 14
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2020年 31
    2019年 27
    2018年 14
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 0
    2019年 1
    2018年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

青梅市役所と業種や本社が同じ企業を探す。
青梅市役所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ