最終更新日:2022/8/10

(株)スパイスボックス【博報堂グループ】

業種

  • 広告
  • インターネット関連

基本情報

本社
東京都
資本金
2億7,143万円
売上高
非公開(当社規定により)
従業員
93人(2022年3月時点)

デジタル・広告コミュニケーション・カンパニー

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
スパイスボックスはデジタル領域における高度なプランニング、プロデュース機能を発揮するプロフェッショナル集団です。
PHOTO
SNSデータを起点に、企業やブランドへの好意、共感醸成を得意とする、コミュニケーション・カンパニーです。

コミュニケーションによって、人々の多様な幸せに貢献する。

PHOTO

私達は創業以来、人々の今を研究し、企業と生活者をつなぐコミュニケーションのあるべき姿を探求してきた。
機能するコミュニケーションを生み出すために、常に変化する情報伝達の構造に対応し、課題に対して真摯に向き合ってきた。それは人々の多様な幸せに貢献するためである、とここに定義したい。
多様性を有する社会の意義と可能性を、私達は信じている。
人々が互いに尊重し合い、それぞれの幸福を追求しやすい社会の一員でありたい。
だからこそ、社会には経験が必要であると感じる。活発な経済活動によって社会は、痛みをも含む豊かな経験をしてきた。その経済を支える企業や個人の活動を機能させる。
私達の存在価値は、ここにこそ見出されたい。
今の社会で、経済で生み出されるべきコミュニケーションは何か。
企業や事業の活動を豊かに広げ、刺激的に推進するアイデアは何か。
企業や個人の活動に寄り添うことで経済の活発化に機能し、社会の経験を促す。
そうしてスパイスボックスはコミュニケーションによって、人々の多様な幸せに貢献する。

会社データ

事業内容
私たちが事業の中心にしているのは、SNSなどのソーシャルメディアを通じて生活者に企業やブランドへの好意や共感を生む広告コミュニケーション「エンゲージメント・コミュニケーション」。
ソーシャルメディア時代に強く求められる、広告コミュニケーション手法にオリジナルの強みを持つ会社です。


「エンゲージメント」とは、いいね!やリツイート、シェアなどSNSを含むソーシャルメディア上で発生する生活者の能動的なアクションのこと。
より高いエンゲージメントを獲得する広告コミュニケーションをいかに生み出すか、
その「戦略立案」から「クリエイティブ制作」、メディアへの「ディストリビューション(情報流通)」、
独自のソーシャルリスニングツールTHINKによる「効果検証」までをワンストップで行っています。

具体的には、以下のようなサービスを通して、私たちは新しい広告コミュニケーションの可能性に挑み続けています。

■自社サービス
『THINK』
開発を進めている【AI】×【エンゲージメント・コミュニケーション】 プラットフォーム。
人工知能でソーシャルメディア上からイシュー(社会課題など生活者の興味・関心)を捉え、
コミュニケーション施策の根幹をプランニングする。

『Reviewers(レビュワーズ)』
フォロワー数やエンゲージメント数(いいねやリツイートなどのアクション数)が評価指標となりやすいインフルエンサー施策において、より商品の実売と関係性が高いとされる「保存数」を重視したレビュー創出サービス。
独自のSNSビッグデータを活用して商品・サービスのレビューに特化したインフルエンサーを発見し、キャスティング、効果検証まで実施する。

[会社事例]
https://www.spicebox.co.jp/works/
これまで、日本を代表するさまざまな大手企業(食品、化粧品、製薬、出版、アパレルetc…)のブランディング、プロモーション施策を手がけてきました

■他|提供ソリューション
https://www.spicebox.co.jp/solution/
本社郵便番号 106-0032
本社所在地 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16階WeWork内
本社電話番号 03-3583-5363(代表)
設立 2003年12月15日
資本金 2億7,143万円
従業員 93人(2022年3月時点)
売上高 非公開(当社規定により)
代表取締役社長 田村 栄治
グループ会社 (株)博報堂
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)
平均年齢 30.1歳
沿革
  • 2003年12月
    • スパイスボックス設立。
      総合広告代理店およびインターネット専業広告会社を経験した5名で設立。
  • 2006年9月
    • 博報堂の資本参加。
  • 2009年10月
    • 従業員数が60名を越える。
  • 2010年2月
    • 博報堂の増資により、資本比率が過半数に。博報堂グループの一員となる。
  • 2010年8月
    • 赤坂Bizタワーに移転。
  • 2013年5月
    • 国際新赤坂ビル東館に移転。
  • 2013年10月
    • 従業員数が100名を超える。
  • 2015年4月
    • 「プロトタイピングラボWHITE」を分社化し、(株)WHITEを設立。
  • 2015年10月
    • メディア事業を立ち上げ。(デジタルテクノロジー×ファッションの専門メディア『DiFa』を創刊)
  • 2019年3月
    • アークヒルズサウスタワーに移転。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.5日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
○新入社員短期集中育成研修
新卒社員の早期戦力化を目的とした配属前の短期集中育成研修。いち早く現場で活躍するために、入社のタイミングでスパイスボックス社員としての営業における基礎スキルの習得とマインドセット、および個々人の強みと適正の見極めを行います。

○VDP研修
入社直後に個人のキャリアデザインを支援する「ビジョン・デザイン・プログラム」を実施。プログラムを通じて、自分が大切にしている価値観や考え、人生を通じて実現したいことを、
改めて自分の言葉で話せるようにしていけるようにします。こうした情報をもとに、それぞれのビジョンや価値観と業務のマッチングを図っています。

○博報堂グループ研修
博報堂が主催する各種セミナーに参加することができる制度。博報堂グループの一員として、広告やマーケティング、ビジネスに関する最先端の知識を幅広く学ぶことができます。

○階層別、職種別研修
個々人の階層や職種に応じて、業務に即した形でスパイスボックス独自の研修及び、外部講師を招いての研修を行っています。
自己啓発支援制度 制度あり
○書籍購入補助
業務上必要な書籍に関し、承認制で会社負担で購入できます。


メンター制度 制度あり

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 4 7
    2021年 2 4 6
    2020年 5 6 11

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
横浜国立大学、東京工業大学、東京大学、法政大学、筑波大学
<大学>
早稲田大学、慶應義塾大学、多摩美術大学、上智大学、一橋大学、国際基督教大学、筑波大学、首都大学東京、埼玉大学、学習院大学、青山学院大学、法政大学、中央大学、立教大学、明治大学、大阪市立大学、駒澤大学、専修大学、関西学院大学、近畿大学、甲南大学、成蹊大学、聖心女子大学、高崎経済大学、東京経済大学、多摩大学、帝京大学、同志社大学、宮城大学、宮崎大学、武蔵大学、立正大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、大妻女子大学

前年度の採用実績(人数) 新卒採用実績
2015年度実績 13名
2016年度実績 18名
2017年度実績 6名
2018年度実績 9名
2019年度実績 9名
2020年度実績 11名
2021年度実績 6名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)スパイスボックス【博報堂グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)スパイスボックス【博報堂グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)スパイスボックス【博報堂グループ】の会社概要