最終更新日:2023/1/23

学校法人東京電機大学

業種

  • 学校法人

基本情報

本社
東京都
資本金
学校法人のためなし
売上高
学校法人のためなし
従業員
595名(教員407名、事務職員188名)※2021年5月1日現在

「科学技術と社会の変化に適応するインテリジェントな大学を目指しています」

会社紹介記事

PHOTO
東京電機大学は2022年で創立115年を迎えます。
PHOTO
2012年4月に東京千住キャンパスを開設し、学園創設の地である東京神田から大規模なキャンパス移転を実施しました。

科学技術立国、日本の一翼を担うべく

PHOTO

東京電機大学は明治40年(1907年)に工業教育の理想を目指した「電機学校」として設立され、平成29年(2017年)に創立110年という記念すべき節目を迎えました。
本学は、一世紀にわたって我が国の近代化を支え、戦前・戦後を通じて科学技術の興隆とともに着実に歩み続け、歴史と伝統を築いてまいりました。
現在は、東京千住(東京都)、埼玉鳩山(埼玉県)、小金井(東京都)の3キャンパスを有し、大学院(5研究科)、大学(6学部)、高等学校、中学校に学生生徒総数約12,000人が学ぶ、理工系総合学園に発展しています。卒業生はすでに21万人を数え、各界に有為な人材を送り続けております。
平成24年(2012年)4月に、東京千住キャンパスを開設し、学園創設の地である東京神田から大規模なキャンパス移転を実施しました。
平成29年(2017年)4月より「システムデザイン工学部」を新たに設置し、同学部内に2の学科「情報システム工学科」「デザイン工学科」を新設しました。
加えて工学部に「電子システム工学科」「応用化学科」「先端機械工学科」の3つの学科を新たに設置しました。

本学の創立者である廣田精一・扇本真吉両先生が「日本の工業教育の普及と振興を図り、実学重視の教育を通じて科学技術の総本山を目指す」と宣言された建学の精神は、本学だけに留まらず、科学技術立国を目指す我が国にとって、今も国造りの基本として燦然と輝いています。
学園の使命は、建学の精神のもとに人を育み、学問と価値を創造し、広く社会に貢献することで社会を先導していくことであり、これは「知の創造と継承の拠点」である大学の役割でもあります。

本学は一貫して、技術で社会に貢献できる人材の育成という使命を高く掲げ、常に社会の発展に寄与してまいりましたが、先達の功績に慢心することなく、新たな次の100年に向け、「本学独自の新しい教育・研究の拠点作り」を構築し、活力あふれる人材の育成に努め、社会に貢献する責務を果たしていきます。

「技術は人なり。」初代学長の丹羽保次郎先生が提言された、正しい倫理観をもつ人間形成を目指す本学の教育理念と100年もの間、脈々と受け継がれてきた本学の建学の精神を継承し、科学技術立国日本の一翼を担う学園の使命を果たすべく精進し、謙虚にそして誠実に歩み続けてまいります。

会社データ

事業内容
学校設置経営(教育・研究事業)

PHOTO

本社郵便番号 120-8551
本社所在地 東京都足立区千住旭町5番
本社電話番号 03-5284-5121
設立 1907年9月11日
資本金 学校法人のためなし
従業員 595名(教員407名、事務職員188名)※2021年5月1日現在
売上高 学校法人のためなし
事業所 ○東京千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)
・法人・大学本部・出版局
・大学院 先端科学技術研究科
・大学院 工学研究科
・大学院 未来科学研究科
・大学院 システムデザイン工学研究科
・大学院 情報環境学研究科
・工学部
・工学部第二部
・未来科学部
・システムデザイン工学部
・情報環境学部

○埼玉鳩山キャンパス(埼玉県比企郡鳩山町石坂)
・大学院先端科学技術研究科
・大学院理工学研究科
・理工学部

○東京小金井キャンパス(東京都小金井市梶野町4-8-1)
・高等学校・中学校
沿革
  • 1907年
    • 電機学校を東京・神田に創立
      (創立者:廣田精一・扇本真吉)
  • 1914年
    • 科学技術出版のオーム社創業
      (創業者は廣田精一)
  • 1924年
    • ラジオ実験放送を開始
      (NHKは1925年実験放送を開始)
  • 1928年
    • 丹羽保次郎博士が写真伝送
      (現在のファックス)に成功
  • 1948年
    • 電機学園高等学校開学
      (現・東京電機大学高等学校)
  • 1949年
    • 東京電機大学開設、工学部第一部設置
  • 1950年
    • 東京電機大学短期大学開設(夜間)
  • 1952年
    • 工学部第二部設置(夜間)
  • 1958年
    • 大学院開設(夜間大学院)
  • 1962年
    • 第2代学長 阪本捷房が日本ME学会(現・日本生体医工学会)を創立
  • 1977年
    • 理工学部開設(鳩山キャンパス)
  • 1990年
    • 千葉ニュータウンキャンパス開設
  • 1992年
    • 小金井キャンパス開設
      高等学校移転
  • 1996年
    • 東京電機大学中学校開校
  • 2001年
    • 情報環境学部を千葉ニュータウンキャンパスに開設
  • 2006年
    • 大学院先端科学技術研究科を開設
  • 2007年
    • 学園創立100周年
      未来科学部開設、全学的改編を実施
  • 2010年
    • (財)大学基準協会による大学基準適合認定
  • 2012年
    • 東京千住キャンパス開設
  • 2017年
    • (公財)大学基準協会による大学基準適合認定(2回目)
  • 2017年
    • 学園創立110周年
      システムデザイン工学部設置

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.2日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 13.6%
      (59名中8名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり

○新入職員に対する研修
・対象者:新入職員 
・内 容:本学新入職員として必要な基礎知識や
     私立大学を取り巻く状況などについて学びます

○若手職員に対するフォローアップ研修
・対象者:若手職員(概ね入職7年目くらいまで) 
・内 容:本学が求める職員像に照らし、自己を振り返り、今後の業務遂行に
     役立つ研修を行います

その他、管理職対象研修やハラスメント相談員対象研修、
管理職以外の事務職員に対する研修などがあります
自己啓発支援制度 制度あり
○自己啓発研修
・対象者:全事務職員 
・内 容:私立大学職員として必要な知識の修得、資質の向上及び
     業務遂行能力の高度化を図るため、外部機関における科目等履修及び
     プログラム等に自発的に参加し、修了した者に対しその経費の一部を
     補助する

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
首都大学東京、東京電機大学、東京工業大学、千葉大学、聖心女子大学
<大学>
青山学院大学、亜細亜大学、神奈川大学、学習院大学、京都府立大学、駒澤大学、駒沢女子大学、芝浦工業大学、淑徳大学、首都大学東京、上智大学、信州大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、大正大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、鶴見大学、帝京大学、東海大学、東京経済大学、東京国際大学、東京女子大学、東京電機大学、東京農業大学、東京理科大学、東北芸術工科大学、東洋大学、同志社大学、獨協大学、日本大学、日本体育大学、文教大学、法政大学、北海道情報大学、武蔵大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立正大学、早稲田大学、武蔵野大学、二松学舎大学、北九州市立大学、関西大学

採用実績(人数)     2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
-------------------------------------------------------------
大学院  1名   1名    ―    1名   1名
大 卒  2名   3名   3名   1名   2名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 3 3
    2020年 0 2 2
    2019年 1 2 3

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

学校法人東京電機大学と業種や本社が同じ企業を探す。
学校法人東京電機大学を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ