最終更新日:2022/12/19

やまぐち県酪乳業(株)

業種

  • 食品

基本情報

本社
山口県
資本金
2億7,000万円
売上高
86億159万円(2022年3月現在)
従業員
157名

「そよ風ヨーグルト」「酪農3.6牛乳」など、牛乳類で山口県トップクラスのシェアを誇る食品メーカーです。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
牛乳を中心に商品展開してきたやまぐち県酪。「そよ風ヨーグルト」は発売以来40年のロングセラーとして売場でも存在感を放っている。
PHOTO
中小の食品メーカーでは数少ないSQF認証を取得。知名度が高い県内だけでなく、県外の企業様からも信頼される食品メーカーとしての地位を確立している。

地元とともに70年の歩みを続ける飲料・乳製品メーカー

PHOTO

「自ら提案したものがお店に並び、地域の方々の健康増進に貢献できるこの仕事に、プライドと愛情をもって頑張ってくれる社員と仕事がしたいですね」と語る西村部長。

弊社は牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や果汁飲料を中心とした食品メーカーです。前身の「下関酪農農業協同組合」は1949年に設立され、約70年の歴史があります。1967年にはマスコットキャラクターである「ベルちゃん」が誕生し、1981年にはそよ風ヨーグルトを発売、ロングセラー商品となっています。山口県内では9割を超える小中学校の学校給食で弊社の牛乳を飲んでいただいており、お子様からご年配の方まで幅広い年齢層の方々に御愛顧いただいております。
さらに、2011年には「そよ風ヨーグルト」の30周年に合わせ、「キミが楽しいと 僕も楽しいの~」というフレーズのキャンペーンソングと動画を作成しました。特徴的な動画のTVCMと相まって「そよ風の歌」としてお子様を中心に親しんでいただいております。
本社工場には、年間約2,000人の方が見学に来られ、下関海響マラソン、ツール・ド・下関、下関海峡まつりなど県内の様々なイベントにベルちゃんと共に参加し、またサッカー中国地区リーグFCバレイン下関のオフィシャルパートナーとしても参画するなど、地元との結びつきを大切にしています。
また、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるSQF(Safe Quality Food)およびHACCPシステムに準拠した工場の管理を行い、安心・安全な商品作りを追求しています。販売エリアは山口県を中心とする中四国および九州全域、近畿地方です。
弊社では「人のつながり」や「顔の見える営業」を大切にしており、訪問先では自社の商品だけではなく、他社の商品も含めて売場をチェックし、売場担当者の方と情報交換を行い、その後の販促活動や商品開発につなげられるようにしています。営業として商品を売るだけでなく、自社の商品開発へもフィードバック出来る様な体制をとっており、商品開発に際しては様々な提案、意見を反映でき、やりがいに結びついています。
地元とのコラボとしては「やまぐちきらら牛乳」を原料としたミルクソフトクリームが県内の道の駅など数カ所で販売されています。これも営業スタッフが道の駅で伺った情報をもとに先方と打合せを重ねて商品化されたもののひとつです。このような提案が出来るのも、社員一人ひとりが常にアンテナを張り巡らせながら情報を集めてくれているおかげです。
商品に愛情とプライドを持って消費者の皆様へお届けする。牛乳・乳製品を通じて人々の健康増進に貢献していきます。

会社データ

事業内容
牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、加工乳、乳飲料、クリーム、はっ酵乳、果汁、コーヒー、清涼飲料水などの製造販売

PHOTO

地元体育館のネーミングライツ・パートナーとなり、「菊川ベルちゃん体育館」と命名。地元の運動施設への支援と利用者の皆様の健康増進のお役に立てればと思っております。

本社郵便番号 750-0313
本社所在地 山口県下関市菊川町田部夢団地1番
本社電話番号 083-288-0500(代表)
設立 1999年3月30日
資本金 2億7,000万円
従業員 157名
売上高 86億159万円(2022年3月現在)
事業所 本社
販売先 学校給食、スーパー、コンビニエンスストアー、生協、問屋、販売店(家庭配達)、病院 他
系列会社 ■山口県酪農農業協同組合
■やまぐち県酪販売輸送(株)
沿革
  • 1949年
    • 下関酪農農業組合 設立。
      下関市後田町で牛乳の処理、販売を始める。
  • 1951年
    • 下関市田中町に事務所及び牛乳処理工場を建設。
  • 1957年
    • 下関市安岡町に近代的な牛乳・乳製品の総合工場を建設。
  • 1966年
    • 加工原料乳生産者補給金等暫定措置法により、下酪を中心に県下の酪農組合が合併し、名称を山口県酪農農業協同組合に改める。併せて、指定生乳生産者団体として指定を受ける乳業者との乳価交渉(明治乳業山口工場、光乳業、長門乳業、小野田ミルクプラント等)。
  • 1971年
    • シモラク牛乳輸送(有)設立。
  • 1975年
    • 酪農牛乳紙容器500ml、1,000mlの発売。
  • 1981年
    • 商品マークとして「ベルちゃん」マークを決定する。
  • 1982年
    • そよ風ヨーグルト発売。
  • 1984年
    • 「シモラク特選900」大型瓶の発売。
  • 1994年
    • 新ロゴマーク導入。
      「カルテツ低脂肪」小型瓶の発売。
  • 1998年
    • 乳業再編整備等対策事業を推進する中で、県内の2工場を廃止し、やまぐち県酪乳業(株)の設立登記完了。
      高品質牛乳「やまぐち」小型瓶の発売。
  • 2001年
    • 4月1日に山口県酪農農業協同組合より製造販売部門を分離し、やまぐち県酪乳業(株)として本格的に操業開始
  • 2003年
    • 6月に乳(牛乳)に関する総合衛生管理製造過程(HACCP)の認証を取得。
  • 2006年
    • 地産地消の推進、きらら牛乳発売。
      新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同事業によりバイオガスプラントを設備し産業廃棄物量の削減に取り組む。
  • 2008年
    • 4月、30年振りに牛乳、乳製品価格の値上げを実施。
      8月にシモラク牛乳輸送(有)をやまぐち県酪販売輸送(株)へ商号変更し、10月に山口県酪販売(株)を吸収合併する。
  • 2009年
    • 3月に大型ヨーグルト充填機の増強。
  • 2012年
    • 4月にSQF Code,7th Edition Level2 の認証を取得。
  • 2015年
    • 9月に(株)カルビーと共同開発した「カルビーフルグラヨーグルト」を発売する。
  • 2016年
    • やまぐち子育て応援企業の登録。
  • 2017年
    • 「ベルちゃん」が誕生して50年目を迎える。
  • 2019年
    • やまぐち男女共同参画推進事業者の認証を取得。
      誰もが活躍できるやまぐちの企業の認証を取得。
  • 2020年
    • 大型紙容器充填機(Wライン充填機)の設置。
      キャップ付き やまぐちきらら牛乳を発売。
  • 2022年
    • 小型紙容器充填機(Wライン充填機)の設置。
      学校給食用牛乳の容器を瓶から紙へ変更。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.8日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、フォローアップ研修、安全衛生研修、スキルアップ研修

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 1 0 1
    2021年 0 0 0
    2020年 1 0 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
下関市立大学、山口大学、福山大学、獨協大学、龍谷大学、立教大学、東海大学、福岡大学、九州大学、長崎大学、大分大学、松山大学、九州産業大学
<短大・高専・専門学校>
山口芸術短期大学、YIC情報ビジネス専門学校

前年度の採用実績(人数) 2019年 2020年 2021年
--------------------------------------
 2名   1名   0名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

やまぐち県酪乳業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
やまぐち県酪乳業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. やまぐち県酪乳業(株)の会社概要