最終更新日:2022/12/27

(株)十河サービス

業種

  • 環境・リサイクル
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
4,000万円
売上高
19.4億円(2022年3月)
従業員
186名

【冬採用・選考直結セミナー】資源化環境の確立、ごみの資源化、循環型社会を目指して環境に貢献する会社です。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
1967年に創業。小売業や食品メーカーをはじめとした、さまざまな業種の顧客と取引があり、東京・埼玉を中心に北関東、千葉、福島を営業エリアとして事業を展開している。
PHOTO
マニュアル的な応対ではなく、顧客それぞれに合わせた営業を行うことが大切。入社後は先輩社員を真似ながら、自分なりの営業スタイルを見つけていく。

廃棄物処理・リサイクルの営業を担当。社長が若く、若手社員も活躍しています!

PHOTO

「『十河さんに頼んで良かったです』といった言葉をお客さまからいただけるのがうれしいです」(本田さん)/「残業がほとんどない点も働く上での魅力です」(斎藤さん)。

当社の営業先となるのは、商業施設で廃棄物を管理している会社や廃棄物を実際に排出する飲食店やスーパーになります。業務内容としては、お見積もりの提出や、飲食店やスーパーの方々へ廃棄物処理の説明を行います。また、契約にあたっては契約書を作成し、ごみの収集がスタートしたら収集状況を確認して、何か問題があれば対策するといった業務も担当しています。

スーパーや商業施設など大型案件では、契約内容が厳格で審査に時間がかかり、契約後には廃棄物の量が予想よりも多く出されるなど、対応に苦労することも。それだけに案件が一段落した際には、大きな達成感が得られます。

当社は社長が40代と若く、社長を先頭に若い世代が率先して会社を良くしていこうという気概で働いており、とても活気がある会社だと感じています。私も今後、営業の主戦力となり会社を支えていきたいと思っていますし、グループ会社も含めて成長していくために、先輩や後輩たちと一緒に頑張っていきたいです。今はまだ力不足ですが、ゆくゆくはマネジメント職にも挑戦していきたいですね。(本田さん/営業部/2015年入社)

私は、エコやリサイクルといった廃棄物を扱う仕事の社会的な必要性を強く感じていたことと、当社が「廃棄物は全て分別することで資源化が可能である」という理念のもと、事業ごみの回収から運搬、処理、資源化までをワンストップで行っている点に共感したことから入社を決めました。また、社長が若いこともあって、若手でも評価してもらいやすい点にもひかれました。

営業に配属となった1年目は、上司や先輩から引き継いだ店舗を担当。研修で、ある程度の知識は身に付けていたものの、上司や先輩、現場の運転手さんなどによく質問をしていました。皆さん忙しいにもかかわらず丁寧に教えてくださって、そのおかげで成長することができました。入社4年目となった現在では、新しいお客さまを任せてもらえるようになりました。責任が大きいだけに、やりがいも感じています。

入社前、営業には「売り上げノルマに向かって一心不乱に業務に励む」といったイメージがあったのですが、当社の職場はとても穏やかな雰囲気です。社会人となって一人暮らしを始めるにあたって、生活しやすい地域を教えていただくなど、公私にわたって相談に乗ってもらうなど、アットホームさも感じています。(齋藤さん/営業部/2019年入社)

会社データ

事業内容
■廃棄物処理の提案
店舗や事務所、工場などから出るごみ処理(廃棄物)の資源化や処理の提案をおこなって頂きます。

1.お客様と処理する廃棄物について打合せを行います。現地確認をし廃棄物の内容を確認します。

2.打合せ・現地確認を総合的に判断し、廃棄物の処理方法・リサイクル方法を検討し、お客様への提案と見積を提出し、必要に応じて打合せを重ねていきます。

3.受注を受けた後は、関係部署に破棄物処理の指示を出します。

・計画中の資源化工場での業務に携わっていただくこともあります。

・海外も視野に入れているため、将来的には海外へ行くことがあるかもしれません。
本社郵便番号 174-0072
本社所在地 東京都板橋区南常盤台1-18-7
本社電話番号 03-5995-3701
創業 1967(昭和42)年
設立 1970年4月27日
資本金 4,000万円
従業員 186名
売上高 19.4億円(2022年3月)
事業所 ・東京営業所
・多摩営業所
・埼玉営業所
・深谷営業所
・八千代営業所
・栃木営業所
・福島営業所
主な取引先 ・大手スーパーマーケット
・ショッピングモール
・舞台装置/大道具製作会社
・飲食チェーン店
・個人飲食店
・各種販売店
・流通倉庫
・工場
・古紙問屋
関連会社 ・テン資源(株)
・(株)エスアンドエスリサイクルセンター
・(株)共和
・(株)エスアンドエス管理システムズ
・(株)生ごみリサイクルセンター
・(株)そごう頸城農場

※関連会社での採用はありません。
平均勤続年数 10年
沿革
  • 1967年8月
    • 十河サービスとして東京都板橋区坂下3-26-20で創業
  • 1970年4月
    • 資本金100万円にて同地に(有)十河サービスを設立
  • 1977年10月
    • 福島県いわき市常磐関船町杭田10に福島営業所開設
  • 1978年4月
    • 本社を東京都板橋区蓮根3-4-26に移転
  • 1979年8月
    • 埼玉営業所において溶解機導入、発泡スチロール溶解業務開始(リサイクル事業)
  • 1979年12月
    • 干葉県習志野市津田沼1-10-30に千葉営業所開設
  • 1982年1月
    • (有)十河サービスを(株)十河サービスに改組
  • 1985年11月
    • 埼玉県深谷市明戸776に深谷営業所開設
  • 1989年5月
    • 深谷営業所を熊谷市大字玉井字水押上1181-1に移転
  • 1989年9月
    • 埼玉県北葛飾郡庄和町大字西金野井字作之内439に庄和町営業所開設
  • 1989年12月
    • 本社を現在の東京都板橋区南常盤台1-18-7に移転
  • 1997年8月
    • 埼玉営業所にリサイクル工場新設、リサイクル事業の本格稼働開始
  • 1998年6月
    • 東京都足立区入谷7-2に東京都営業所開設
  • 1998年9月
    • 資本金を4,000万円に増資
  • 2004年9月
    • ISO-14001の認証取得
      登録範囲は本社・春日部営業所
  • 2005年7月
    • 埼玉営業所を含む施設全体を埼玉センターとして工場2棟完成、稼働開始。
      管理事務所棟完成。
  • 2013年2月
    • グループ会社のテン資源にて、廃プラスチックの中間処理施設稼働開始
  • 2015年4月
    • ISO認証取得10年の表彰を受けました
  • 2015年11月
    • グループ会社の株式会社生ごみリサイクルセンターの工場を稼動
  • 2016年4月
    • 千葉県八千代市島田台1072-1に八千代営業所開設
  • 2016年10月
    • 福島県いわき市小名浜住吉字砂田3番に福島営業所移転
  • 2017年7月
    • ISO-14001の認証を2015年版に更新
  • 2022年8月
    • グループ会社の生ごみリサイクルセンターの新工場が稼動

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 5時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修
各工場・施設見学(廃棄物処理に関係する工場・施設を中心)
外部セミナー研修
取引先研修
OJT
グループ会社そごう頸城農場での田植・稲刈作業
自己啓発支援制度 制度あり
エコ検定(受験費用、公式テキスト・問題集、会社より支給)
中型・大型免許取得制度

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
横浜国立大学、福島大学、早稲田大学、明治大学、東京農工大学、日本大学、神奈川工科大学、明星大学、玉川大学、高千穂大学、大東文化大学

採用実績(人数) ・大卒
2014年  2名
2015年  1名
2016年  1名
2017年  1名
2018年  2名
2019年  1名
2020年  1名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 1 0 1
    2019年 1 0 1
    2018年 2 0 2

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)十河サービスと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ