最終更新日:2022/8/12

社会福祉法人 至誠学舎立川【児童事業本部】

業種

  • 福祉サービス
  • 幼稚園・保育園
  • 公益・特殊・独立行政法人
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
社会福祉法人のため資本金はありません
売上高
法人合計 74億円(2021年3月31日) 
職員数(事業本部・法人)
児童事業本部 150名 法人全体 1,500名

至誠学舎立川のページへようこそ。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
児童養護施設の至誠学園、至誠大地の家、至誠大空の家の3本園と合計10ヶ所のグループホームがあり、障害福祉総合センターは新しいサービスを加え2021年に開設しました。
PHOTO
リーダーから副主任、主任…といったキャリアアップも果たせます。ライフステージに合わせた働き方も柔軟に対応しており、子育てしながら働き続けている先輩も多くいます。

勉強だけでなく、子どもの生活全体を支援したくて、教員志望から方向転換

PHOTO

「人それぞれの得意分野が子どもとの生活の中で役に立ちます。子どもたちがいろんなことに興味を持てる環境にしていきたいと思います」

教育学部で教員を目指していましたが、ボランティアで至誠学舎のイベントのお手伝いをする中で、児童養護施設の職員という仕事に興味を持ちました。もともと子どもが好き。何度もイベントに参加し、子どももなついてくれるようになると、教員で勉強を教えるだけでなく、子どもの生活全般に関わりたいと思い、入職を決めました。

今は小6から高2まで6名の子どもたちが暮らすグループホームを職員5名で担当。朝は学校に送り出し、掃除や洗濯をし、子どもたちが帰宅すれば、一緒に食事をして、勉強も教える。子どもたちの父母・兄と一人で何役も務めている感じです。でも彼らにはそういう存在が必要。子どもたちの成長のために、力になりたい、という気持ちを強く持っています。

と言っても、1年目は大きな思いはあっても、毎日、仕事をするだけで精一杯。同じホームの先輩からOJTで指導を受けながら、仕事を覚えていきました。また月に1度、メンターの先輩と面談の時間があり、仕事のやり方などのアドバイスを受けました。先輩たちをお手本にしながら、早く先輩たちのようになりたい、と思っていました。2年目になると、子どものことで児童相談所や学校の先生と連絡したり、話し合うことが増え、外部と関わるようになりました。仕事の幅が広がり、やりがいを感じています。

至誠学舎立川には「至誠学園」「至誠大地の家」「至誠大空の家」の3つの児童養護施設があり、合計すると140名の子どもたちが暮らし、約200名の職員が働いています。これは児童養護施設の中でも比較的、大規模の部類になります。自分が働くホームのことだけでなく、組織全体を横断する「研修」「広報」などの委員会活動もありますし、毎年春の恒例行事のガーデンパーティも実行委員会により運営されるので、いろいろな人と関われます。どの職員も子どもが好き。子どもたちが楽しく過ごせることを考えながら、実は自分たちも一緒に楽しんでいる。そんな人ばかりなので、共感しあえることも多いです。

子どもは一人ひとり異なる個性の持ち主。興味を持つことも違いますが、スポーツでも料理でも工作やゲームでも、いろいろな経験をさせてあげたいと思います。そして彼らが大人になり家庭を持った時は、子どもとの過ごし方として、自分たちがしてきたことが役に立てればうれしいな、と考えています。
(2017年入職/グループホーム万願寺)

会社データ

事業内容
【児童養護施設事業】
大地に力強く根を張り
大樹のようにたくましく育ち
大空でのびのびと羽ばたいてほしい

■至誠学園(至誠大樹の家)~70年の実践の歴史とともに~
地域に開かれた活動や専門機能の探求を推進する至誠学園の中心施設です。
・本園(4つのグループ)とグループホーム(5か所:立川市、日野市、国分寺市) 定員62名

■至誠大地の家 ~従来の枠を超えた専門機能強化型施設~
0歳児から受け入れ、親子の再統合に向けてのユニット型児童養護施設です。
・本園(4つのグループ)とグループホーム(3か所:立川市) 定員42名

■至誠大空の家 ~自立支援に焦点をあてた新たな社会的養護~
進学、就職など自立にむけた学びの心とやる気を応援します。
・本園(4つのグループ)とサテライト型児童養護施設のグループホーム(2か所:日野市、国分寺市) 定員36名

■至誠こどもセンター
子育て支援の取り組みを集約し、より地域に根差したプログラムを展開していきます。
・子育てサロン  ・ホームスタート  ・里親里子支援
・モンテッソーリ立川子どもの家  ・児童発達支援(開設準備中)

【障害福祉サービス事業】
新しいサービスを加えて新施設が開設されました

■ワークセンターまことくらぶ
多機能型事務所(生活介護:定員10名/就労継続支援B型:定員20名)

■まことホームにしき
グループホーム(共同生活援助:定員10名)

■まことホームアウリンコプラス
ショートステイ(短期入所事業:定員6名)

PHOTO

至誠こどもセンターの子育てサロンは、児童養護施設の専門性を生かし、『近隣の子育て家族を応援したい』そんな想いのもと新しく作られた子育て支援の場です。

本社郵便番号 190-0022
本社所在地 東京都立川市錦町6-26-15
本社電話番号 042-524-2601
創業 1912(明治45)年
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません
職員数(事業本部・法人) 児童事業本部 150名
法人全体 1,500名
売上高 法人合計 74億円(2021年3月31日) 
沿革
  • 明治45年
    • 稲永久一郎、少年保護事業を始める。
  • 大正14年
    • 豊島区池袋に少年司法保護団体「至誠学舎」設立(舎長・稲永久一郎)。
  • 昭和17年
    • 建物その他私財を寄付し財団法人「至誠学舎」設立。
      稲永久一郎初代理事長に就任。立川支舎設立。
  • 昭和26年
    • 学舎本館を改造して、児童養護施設至誠学園を開設・認可(定員60名)。
  • 昭和27年
    • 社会福祉事業法の制定に伴い財団法人を社会福祉法人に組織変更。
  • 昭和42年
    • ボーイスカウト立川第四団を結成、秩父宮妃殿下の御視察を賜る。
  • 昭和48年
    • 養育家庭センターを東京都より指定を受け設置(里親開拓、委託養育支援)。
  • 昭和53年
    • 東京馬主協会助成によりモンテッソーリ立川子どもの家を開設(地域開放)。
  • 昭和57年
    • 至誠学園後援会、地域協力者の発起で発足。至誠サイエンスクラブ発足
  • 昭和60年
    • 個人のご寄付を基金に、昭島市にグループホーム“昭島の家”開設。
  • 昭和61年
    • ガールスカウト東京都第158団の団本部を本学園に移し、学園女子児童加入。
  • 平成5年
    • 「しせいアメニティ21」開始。大舎制による養護の終焉。
  • 平成9年
    • 至誠学園本園敷地内に知的障害者小規模事業所「ワークセンターまことくらぶ」を開設。園舎第一期工事(生活棟レジデンス銀杏)完成。13名ずつの小舎制へ移行する。
  • 平成18年
    • 立川市にグループホーム“レオ”開設(~H22)。「新たな社会的養護としての地域サテライト型児童養護の実践研究」研究活動実施。
  • 平成21年
    • 国分寺市にグループホーム“並木の家”を高齢者施設至誠ホームミンナと併設。
      至誠学園本園敷地内に0歳からの児童養護施設「至誠大地の家」(定員30名)を開設。
  • 平成25年
    • 自立支援に焦点をあてた児童養護施設「至誠大空の家」(定員30名)を開設。
  • 平成30年
    • 至誠大地の家の地域小規模児童養護施設”りんごHOUSE”と、小規模グループケア地域型ホーム”みかんHOUSE”を双子型グループホームとして開設。本園を全て6名定員とする。
  • 平成30年
    • 至誠大空の家サテライト型児童養護施設”キビタキハイム”を開設。小規模グループケア地域型ホームとして開設し、定員は36名のままとし、本園を全て6名定員とする。
      至誠学園、至誠大地の家、至誠大空の家のグループホームは合わせて10か所となる。
  • 令和3年
    • まことくらぶを敷地内に移転し、障害者就労継続B型、生活介護、グループホームの複合型拠点施設の“至誠障害総合福祉センター”が開設。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 8.5年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.6日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 33.3%
      (12名中4名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
採用前研修、階層別研修(初任者研修、中堅職員研修、マネジメント研修)、専門研修(心理援助研修、発達理解研修、グループワーク研修)、法人ソーシャルワーク研究会、海外研修他、外部研修への参加(東社協児童部会、日本児童養護実践学会、心理ワークショップ、関東ブロック、全養協他)
自己啓発支援制度 制度あり
大学院進学、社会福祉士通信講座受講のスクーリング、モンテッソーリ教師センター夜間受講等、勤務と学校との両立のため、勤務時間等の配慮しています
メンター制度 制度あり
新任職員の1年間、経験の近い先輩(別部署)と1対1のペアを組み、毎月1回程度のメンター時間を設け、業務になれるため、またなんでも聞けるサポート役として全員にメンター制度があります
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 15 18
    2021年 3 22 25
    2020年 1 10 11
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 5
    2021年 1
    2020年 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 18
    2021年 25
    2020年 11

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
法政大学、北翔大学、国際医療福祉大学、淑徳大学、大妻女子大学、早稲田大学
<大学>
日本社会事業大学、法政大学、淑徳大学、東京学芸大学、ルーテル学院大学、日本女子大学、東京家政大学、東海大学、白百合女子大学、東京家政学院大学、東京国際大学、東北福祉大学、十文字学園女子大学、奈良女子大学、東京純心大学、埼玉県立大学、東京福祉大学、千葉大学、専修大学、放送大学、福島学院大学、国立音楽大学、杏林大学、こども教育宝仙大学、京都ノートルダム女子大学、白梅学園大学、尚絅学院大学、北海学園大学、山梨県立大学、明星大学、日本福祉大学、北九州市立大学、武蔵野大学、京都女子大学、弘前学院大学、日本体育大学、東京未来大学、北陸学院大学、岩手大学、明治学院大学、東京女子大学、昭和女子大学、帝京大学
<短大・高専・専門学校>
草苑保育専門学校、白梅学園短期大学、上智社会福祉専門学校、東海大学短期大学部、東京福祉保育専門学校、東京保育専門学校、東京こども専門学校、東京YMCA社会体育・保育専門学校、日本児童教育専門学校、埼玉福祉保育医療専門学校

前年度の採用実績(人数) 採用者数 2022年  2021年  2020年
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       24名   25名   11名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人 至誠学舎立川【児童事業本部】と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 至誠学舎立川【児童事業本部】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人 至誠学舎立川【児童事業本部】の会社概要