最終更新日:2023/9/4

NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 教育
  • 公益・特殊・独立行政法人
  • 生命保険
  • 金融総合グループ
  • 証券

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 10年目以内
  • 経済学部
  • 事務・管理系

FPの普及や育成に携わり未来の社会に貢献できる仕事

  • R.Z
  • 2015年入社
  • 早稲田大学
  • 政治経済学部 経済学科
  • 試験業務部 試験企画課

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
  • 形の残る仕事
  • 資格・専門能力が身につく仕事
現在の仕事
  • 部署名試験業務部 試験企画課

日本FP協会に入職した理由は?

大学在学中にFP技能検定を受検し、「FP」に興味を持ったことがきっかけです。
始めは自分自身がファイナンシャル・プランナーになり、一人ひとりのライフプラン、夢、目標について、経済的な面からアドバイスすることで、人の役に立てればと思っていました。
しかし、就職活動中に、日本FP協会がファイナンシャル・プランナーの実務能力向上支援などを行っていることを知って、高い倫理観と優れた実務能力を持っているFPを養成していくことが、より多くの方の役に立つことにつながるのではないかと考え、日本FP協会に入職しました。


入職~現在までの仕事内容は?

入職後4年間、「総合教育部編集出版課」という部署で、日本FP協会の会員向けの会報「FPジャーナル」の制作や、会員専用HPに掲載しているWebコンテンツの運用を行い、会員に役立つ情報を届ける業務を行っていました。
現在は、「試験業務部試験企画課」という部署で、CFP資格審査試験の問題の作成に携わっています。
高度な知識と技能、十分な経験と倫理観を身につけているCFP認定者を輩出する一端を担うべく、ミスなく高品質な試験の作成を目標に日々業務に取り組んでいます。
会報や試験問題等の作成は、どちらも原稿を読み込んだり、専門家の方と協力したり、修正を繰り返したりと、時間や労力はかかりますが、「モノ」が出来上がる仕事でもあるので、とてもやりがいを感じる仕事内容だと思います。


日本FP協会で働くことの魅力は?

「人生100年時代」と言われる今、長期的なライフプランを立てることがより重要になり、併せて一人ひとりのライフプラン、夢、目標について、経済的な面から考える「FP」の重要性も増していくと考えます。
日本FP協会では、生活者に向けたファイナンシャル・プランニングの普及や、その担い手であるCFP・AFP認定者の養成などを行うことにより、未来の社会に貢献できる点が大きな魅力です。
就職活動中は様々な不安、迷い、悩みが生じて大変かもしれませんが、自分が本当にやりたいこと、働きたいと思う職場はどんな職場かなど、自分自身と向き合って、悔いのない就職活動を行ってください。
その結果、FPや日本FP協会に興味を持った皆さんと一緒に働けたら嬉しいです。


トップへ

  1. トップ
  2. NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の先輩情報