最終更新日:2023/1/20

(株)スズキマリン

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • レジャーサービス
  • 商社(スポーツ・レジャー用品)
  • 専門店(その他小売)
  • 専門店(スポーツ関連)

基本情報

本社
静岡県
資本金
5,000万円
売上高
35億円(2022年3月実績)
従業員
79名 (男58名、女21名)

日常から離れた【 海 】というフィールドで、人と海を【 船外機 】を通じて繋いでいます。人が好きだ。海に関わる仕事がしたい!そんなあなたをお待ちしています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
日常とは違う”海”というフィールドで、日常では味わうことのできない『喜びと感動』をお客様に提供します。
PHOTO
一日中室内にいるなんて考えられない!そんなアクティブな社員ばかり。実際の業務も外周りやイベント開催など、外に出る機会が多い仕事です。

大好きな【自然】【海】をフィールドに、アクティブに働いてみませんか?

PHOTO

「各拠点のスタッフとも仲がいいのが特徴で、仲間の輪は全国に広がります」(橋本さん)「年次や経験関係なく、誰にでも相談できる環境が整っています!」(松村さん)

私が所長を務めるマリーナ三河御津は、営業課のほかにボート、エンジンの各種メンテナンスとヤード業務を行うハーバー課、レンタルボート業務に小型船舶免許の取得講習などを行う普及課があります。11名のスタッフが所属していますが、20代30代を中心に若手社員が大勢活躍しています。海が好きな人はもちろん、機械(エンジン)を触るのが好きな人など、タイプはさまざまですがみんな明るく風通しの良い環境が整っています。普段から密にコミュニケーションをとっているので、年次や所属に関係なく何でも話せる間柄です。仕事で何か困ったことがあっても、すぐに相談できるので、一人で悩みを抱え込むということは決してありません。プライベートでも釣りやゴルフを楽しむなど、仲がいいのが特徴です。
営業課、ハーバー課、普及課の連携が当マリーナの強みですが、若手社員達には失敗を恐れず、新しいことに果敢に挑戦してほしい。そのためには、自分で考えて行動する主体性が求められます。私をはじめ、当マリーナのスタッフ全員で、そんな若手を応援&サポートすることをお約束します!
(橋本 哲明/マリーナ三河御津/所長)

高校、大学とヨット競技に打ち込んでいた私は、卒業後も海に関わりたいと思い、海関連に絞って就職活動を進めました。その中で出会った当社は、ほかには珍しいマリーナ施設を所有しているのが魅力でした。ボートや小型船舶などを係留・艇置したり、修理・メンテナンスしたりする施設=マリーナであれば、常に海を感じながら働ける!そう感じて、入社を決心しました。
現在は直販営業として、ボートやマリンスポーツを楽しむお客さまにさまざまな商品を提案しています。中古ボートをメインに、スズキの船外機(エンジン)などを販売するのですが、時に1,000万円以上もするボートの商談をするなど、幅広い商品群が自慢です。高級クルーザーや海外メーカーのボートなど、普段なかなか目にすることのない高額商品には、夢がありますよ!また、お客さまとは購入後のメンテナンス含めて長いお付き合いになるため、深い信頼関係の構築が必須です。そのため、まずはしっかりと話を聞き、要望を拾い上げるのがポイント。親子ほど年の離れたお客さまが、マリーナに来るたび私を訪ねてくれたり、名前で呼んでくれたりすると大きなやりがいを感じます。
(松村 健剛/マリーナ三河御津/直販営業)

会社データ

事業内容
皆さんご存じ車の“スズキ”そのスズキが開発製造し、全世界へ販売している船のエンジンである【船外機】その船外機の日本総販売元です。
他にも船の免許の取得から船の販売まで、船遊びの1~10までの事業を総合的に行っています。

〇スズキ船外機の販売(契約販売店様への卸売り、お客様への直接販売)
〇スズキマリンオリジナルボートの企画販売
〇船外機関連の部品販売
〇マリン関連用品販売
〇小型船舶免許の取得講習の企画開催(マリーナ)
〇レンタルボートクラブの運営(マリーナ)
〇ボートの保管サービス(マリーナ)
〇船外機、船の整備(整備士)
〇超音波カッター・溶着機などの販売(産業機器)

#海 #マリンスポーツ #サーフィン #ダイビング #ヨット #船
#社員寮 #釣り #ウェイクボード #ボート #マリンレジャー
#ウィンドサーフィン #マリーナ

PHOTO

当社の販売するスズキ船外機DF350Aは排気量4,390cc V6 DOHC 24バルブ、高さは約2m、重量約340kgから257.4kW(350ps)を発生させます。

本社郵便番号 432-8611
本社所在地 静岡県浜松市南区高塚町300番地
本社電話番号 053-440-2303
設立 1974年12月5日
資本金 5,000万円
従業員 79名 (男58名、女21名)
売上高 35億円(2022年3月実績)
代表者 代表取締役 御室裕則
事業所 営業所 8カ所
北海道札幌市、宮城県仙台市、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、兵庫県神戸市、香川県高松市、広島県東広島市、熊本県宇城市

マリーナ 4カ所
マリーナ浜名湖(静岡県湖西市)、マリーナ富山(富山県射水市)、マリーナ三河御津(愛知県豊川市)、マリーナ熊本(熊本県宇城市)

本社 静岡県浜松市
主な仕入先 スズキ(株)、ヤンマー舶用システム(株)、(株)ユニマットプレシャス、本多電子(株)他
主な取引先 全国一般ユーザー、スズキマリン店
関連会社 スズキ(株)
スズキ輸送梱包(株)
スズキファイナンス(株)
(株)スズキビジネス 他
沿革
  • 1974年12月
    • 鈴木自動車工業(株)特機部《現スズキ(株)》より独立し、(株)スズキマリーナ浜名湖として資本金1,000万円で創業する。
  • 1993年10月
    • スズキ(株)特機船外機営業所15拠点を併合し、社名を(株)スズキマリンに変更、本社を湖西市から浜松市高塚町に移し、資本金1億円とする。
  • 1994年10月
    • 三河湾(愛知県)へスズキマリーナ三河御津をオープンする。
  • 1996年 7月
    • 本社をマリーナ浜名湖(湖西市)に移し、社名を(株)スズキマリーナに改める。同時に全国16営業所を分離し(株)スズキマリンを設立する。
  • 1999年 6月
    • (株)スズキマリーナと(株)スズキマリンが合併、存続会社(株)スズキマリーナの社名を(株)スズキマリンに変更し、本社所在地を浜松市高塚町に改める。
  • 2005年 3月
    • フィッシングボート『X-24』発売、強靭なハルに4ストローク250ps船外機を搭載して、最高速40ノット以上を達成。
  • 2006年 3月
    • フィッシングボート『Migrator』発売、ハードトップを備え外洋での釣に対応。
  • 2008年 3月
    • 23フィートフィッシングボート『JACK』発売、営業スタッフがプロジェクトチームを作りユーザーの意見を取り入れ企画、70ps船外機付きで200万円を切った価格で注目を集める。
  • 2010年 3月
    • 本格的ハードトップ付23フィートフィッシングボート『EXANTE』発売、随所に営業スタッフの意見を取り入れたデザインと使い勝手の良さで話題となる。
  • 2015年 3月
    • スタイルにこだわったフィッシングボート『FAVAS』をリリース、お洒落なボートフィッシングを目指すアングラーに向けて試乗会を開催中
  • 2017年 9月
    • 最大出力350馬力の新型船外機「DF350A]を国内で販売開始
  • 2019年 4月
    • コンパクトフィッシングボート『S17』をリリース。標準装備品を最小減にして、低価格・オーナー様の用途に合わせた艤装品を選べるボートで、販売開始から多くの受注を頂く

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6.4時間
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
スズキマリン新入社員研修(入社後1カ月間)
スズキ(株)代理店研修(階層別研修、専門的研修)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 2 0 2
    2020年 2 1 3
    2019年 0 1 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知工科大学、愛知工業大学、大阪国際大学、神奈川大学、京都外国語大学、至学館大学、静岡文化芸術大学、専修大学、中部大学、東海大学、東京都市大学、常葉大学、日本大学、日本経済大学(福岡)、日本文化大学、日本文理大学
<短大・高専・専門学校>
愛知大学短期大学部、愛知工科大学自動車短期大学、九州工科自動車専門学校、久留米自動車工科大学校、高松短期大学、豊橋創造大学短期大学部、日本デザイン福祉専門学校

前年度の採用実績(人数)    2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
-------------------------------------------------------------
大卒   3名   1名   1名   2名   1名
短大卒   1名   ─    ―   1名   1名
----------------------------------------------------------
合計   4名   1名  1名   3名   2名
前年度の採用実績(学部・学科) 外国語学部  スペイン語学科
経済学部   経済学科
政策学部   政策学科
人文学部   英語英米文化学科
工学部    機械工学科
       電気工学科
       情報工学科
       動力機械工学科
海洋学部   海洋学科
生物理工学部 海洋生物化学科
産業工学部  環境保全学科
デザイン学部 空間造形学科
健康科学部  栄養科学科  他

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)スズキマリンを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】スズキグループ

トップへ

  1. トップ
  2. (株)スズキマリンの会社概要