最終更新日:2024/7/17

西武バス(株)【西武グループ】

  • 正社員

業種

  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 旅行・観光

基本情報

本社
埼玉県
資本金
1億円
売上高
192億円(2023年3月期)
従業員
1,801名(2023年3月期)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。
残り採用予定人数
4

人々の”暮らし”のそばを走る路線バス・高速バスを運行し、地域の暮らしに貢献。バスの運行をサポートする縁の下の力持ちとして、地域の交通を、私たちが支えています

  • 追加募集開始 のコースあり

【西武バス(株)】WEBセミナー視聴、個人面談のご予約受付中です! (2024/06/05更新)

PHOTO

こんにちは。2025年卒向け、西武バス株式会社のページへようこそ!

1.WEBセミナーを視聴する
→ビデオオンデマンド形式で、いつでもどこでも視聴可能なWEBセミナーをご視聴ください。業務内容や会社概要を紹介しています!

2.個人面談を予約する
→WEBセミナー視聴後にエントリーシートをダウンロードし、ご都合が良い日程に予約をお願いします。総合職用と運転士用がございますので、希望する職種を選択して記入をお願いします!

その後の流れにつきましては、個人面談にお越しいただいた方に詳細をご案内いたします。

西武バスや仕事内容に興味のある方は、ぜひご予約ください。お待ちしております。


  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
安全・安心なバスの運行を支えている営業所の皆さん。事務員、運転士、整備士の連携は欠かせません。渋滞、事故の際には一致団結して常にお客さま優先で対応にあたります。
PHOTO
西武線沿線の路線バスをはじめ、高速バス、コミュニティバスも運行。日常生活になくてはならない交通機関として、地域に寄り添い、安全で快適なサービスを提供しています

お客さまに「西武バスの沿線に住んでいてよかった」と思っていただくために

PHOTO

吉田さん(上)と浅見さん(下)。「西武バスに入社したのは、ざっくばらんに何でも話してくれる人事や先輩社員に接したから。親しみやすい雰囲気に惹かれました」。

就職活動中は、地域に密着していることを軸に関東圏内の様々な業界・会社を見てきました。そんなとき、日常的に利用していたバスに目が留まりました。バス会社はお客様との距離が非常に近く、運行エリアの人々の生活に根付いています。そんなバスの仕事に就きたいと思い、その中でも西武バスの親しみやすい雰囲気に惹かれ当社を選びました。

営業所に配属後、窓口での定期券販売や売り上げの計算業務を覚えます。その後、会社のサポートを受けて運行管理者資格を取得し、運行情報の管理や運転士の健康・勤怠管理など業務の幅が増えていきます。営業所の管轄する路線で道路渋滞などがあった際、お客さまをできるだけお待たせしないようにバスの迂回や代車の手配を行うことで安全で快適な運行を目指しています。

道路事情は日々異なるので対応する難しさはありますが、事務所が一体となって課題を解決します。お客さまから喜びの声が届くこともあり、地域に根差した仕事ができていることを実感します。経験を重ね、運行管理者として的確に業務をこなせるように成長したいです。
■吉田 奈緒さん/滝山営業所 2020年入社(当時)


営業所の窓口や電話には、お客さまから「快適な運転でした」と感謝の声が届く ことがあります。私たち事務員は運転士の安全・安心な運行をサポートしているので、うれしい瞬間です。ときにはご意見もいただきますが、それは所内で話し合って改善。普段から自分の考えを言える環境があり、それをお客さまの満足へとつなげていけるので、やりがいも感じます。

営業所では、一日の収入や運行を管理するために宿泊勤務という勤務形態があります。小平営業所の収入金管理の場合は朝9時から、休憩を挟んで午前1時まで勤務。所内で仮眠をとって7時30分に出社し、9時15分に退社します。夜遅く乗務を終えた運転士や早朝から乗務する運転士を支える役目ですし、夜の間に何かが起きたときの対応を考えながら臨んできたので、責任感が強くなったと思います。

私は人事も経験しましたが、当社は自分のやってみたいことを挑戦できるチャンスもあります。また、年数を重ねて思うのは、一番大事なのはコミュニケーションということ。運転士も一人ひとり違うので、多くのことに興味を持ってコミュニケーションを取っていける方に向いている職場だと思います。
■浅見 信さん/小平営業所 主任 2009年入社(当時)

会社データ

プロフィール

「安全・安心」で、地域に愛される身近な交通手段-バス。

西武線沿線を中心に、東京都北西部・埼玉県南西部で路線バス事業を展開しているほか、 高速バス事業、空港連絡バス事業、観光バス事業などを行っています。
少子高齢化社会の進行など、“暮らし”のすぐそばで活躍するバスの役割は、
時代に合わせて進化していきます。
新しい時代にマッチしたバス事業を、皆さんと一緒に創造していきたいと考えています。

<会社の目標>
■地域社会に貢献し、人と環境にやさしいバスを目指します
■「お客さま第一主義」と基本とし、安全で快適なバスを目指します
■法令を遵守し、健全経営と社員生活の安定を目指します

<社長コミットメント> 安全方針
『安全は全ての業務に優先する』
 <<お客さまから信頼される、安全・安心のバスを目指して>>

 安全・安心の確保は、わが社における最優先の価値観です。お客さまの信頼を得るには、この道しかありません。これを確実に達成し、継続することができるよう、社内外の方とのコミュニケーションを大切にしながら、社員のみなさんと共に全力で取り組むことを誓います。

事業内容
■路線バス事業
 西武線沿線を中心とし、東京都北西部から埼玉県南西部で運行しています。 

■高速バス事業
 首都圏からと北陸・信越方面を運行しています。

■空港連絡バス事業
 所沢・川越・さいたま・石神井公園などと羽田・成田空港間を運行しています。

■観光事業
 西武グリーンツアー(バスツアー)・貸切バス営業・旅行業

PHOTO

本社郵便番号 359-1180
本社所在地 埼玉県所沢市久米546-1
採用担当 04-2995‐8115
設立 1932年(昭和7年)12月19日
資本金 1億円
従業員 1,801名(2023年3月期)
売上高 192億円(2023年3月期)
営業所 ■東京都5営業所
□練馬営業所(東京都練馬区)
□上石神井営業所(東京都練馬区)
□滝山営業所(東京都東久留米市)
□小平営業所(東京都小平市)
□立川営業所(東京都立川市)
■埼玉県6営業所
□新座営業所(埼玉県新座市)
□所沢営業所(埼玉県所沢市)
□大宮営業所(埼玉県さいたま市)
□川越営業所(埼玉県川越市)
□狭山営業所(埼玉県狭山市)
□飯能営業所(埼玉県飯能市)
車両数 ■車両合計:866両
□乗合車両:854両(高速バス含む)
□貸切車両:12両
系統数・路線数 ■系統数:路線バス479系統
■路線数:高速バス12路線
西武バス関連会社 ■西武ハイヤー(株)
■(株)西武総合企画
■西武観光バス(株)
西武グループ関連会社 (株)西武ホールディングス、西武鉄道(株)、(株)西武・プリンスホテルズワールドワイド、(株)西武リアリティソリューションズ、(株)西武ライオンズ、伊豆箱根鉄道(株)、近江鉄道(株)、(株)横浜八景島
沿革
  • 1932年
    • 東浦自動車(株)として設立
  • 1946年
    • 武蔵野自動車(株)に改称し、西武農業鉄道の自動車事業を譲受する
  • 1947年
    • 本社を所沢に移転・西武自動車(株)へ改称
  • 1953年
    • 軽快さと躍動感を表すピーコックブルーの”笹の葉”デザインのバスの運行開始
  • 1962年
    • 所沢駅~新所沢駅間で最初のワンマン運行を実施
  • 1967年
    • 西武自動車(株)より乗用部門を譲受し、西武ハイヤー(株)が設立
  • 1969年
    • ハイヤー・タクシーの乗合部門を西武ハイヤーへ譲渡し、
      バス専業となったため「西武バス(株)」へ社名変更
  • 1988年
    • 西武秩父バス(株)〈現・西武観光バス(株)〉が設立
  • 1988年
    • ベッドタウンの遠隔化と生活時間の夜間延長傾向により、深夜の帰宅へのニーズが増加
      それに伴い、立川駅~南街間で、最初の深夜バス運行を実施
  • 1998年
    • 狭山市内の全路線を対象に、初乗り区間を約1km・100円とする新運賃を採用
  • 2002年
    • LED式行先表示を本格導入
  • 2012年
    • 特定旅客自動車運送事業と受託管理事業の新設分割により、現在の(株)西武総合企画が設立
  • 2020年
    • 新カラーリングデザイン「S-tory」に、車両デザインをリニューアル
  • 2021年
    • 国内初の試みとして、通常の営業運行をしている大型車両の路線バスと同じ運行形態で、自動運転実証実験を実施

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.5年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 33.3時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.7日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 21名 22名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 13名 14名
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
【4月】新入社員研修…社会人として座学や実習などを行います。
【5~6月】運行管理者選任前研修…運行管理者に選任される前の研修を行います。
【6~7月】運行管理者研修…運行管理者としての研修を行います。
【11月】入社後半年研修…入社時からの振り返り研修を行います。
自己啓発支援制度 制度あり
■通信研修講座…通信研修費用の半分を会社が負担します。
■公募型研修

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
東京大学、日本大学、中央大学
<大学>
学習院大学、神奈川大学、関東学院大学、杏林大学、駒澤大学、埼玉県立大学、滋賀県立大学、芝浦工業大学、城西大学、駿河台大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、大正大学、大東文化大学、高千穂大学、拓殖大学、千葉工業大学、中央大学、都留文科大学、帝京大学、帝京平成大学、東京経済大学、東京国際大学、東京農業大学、東洋大学、獨協大学、日本大学、日本工業大学、広島大学、福島大学、法政大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、明星大学、山形大学、立教大学、立正大学、流通経済大学(千葉)、早稲田大学、創価大学
<短大・高専・専門学校>
大原ビジネス公務員専門学校池袋校、大原法律専門学校、大原法律公務員専門学校、大原簿記学校、専門学校越生自動車大学校、専門学校関東工業自動車大学校、埼玉県立熊谷高等技術専門校、専門学校埼玉自動車大学校、仙台大原簿記情報公務員専門学校、東京エアトラベル・ホテル専門学校、専門学校東京ホスピタリティ・アカデミー、東京工科自動車大学校中野校、東京都立多摩職業能力開発センター八王子校、東京法律公務員専門学校杉並校、日本工学院八王子専門学校、専門学校日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ21、エアライン・鉄道・ホテル・テーマパーク専門学校東京、ホンダテクニカルカレッジ関東、専門学校読売自動車大学校

採用実績(人数) 【採用実績(学校別)】  2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
■総合職事務員(大学卒) 8名   5名   4名   4名   5名
■総合職事務員(専門卒)  -   -   -    -   1名
■総合職事務員(高校卒)  -   2名   3名   3名   3名
■運転士(大学卒)    3名   2名   2名   2名   1名
■運転士(専門卒)     -   -   -    -   1名
--------------------------------------------------------------------------
■合計人数        11名   9名   9名   9名  11名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 8 3 11
    2022年 6 3 9
    2021年 7 2 9
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 11
    2022年 9
    2021年 9
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 1
    2021年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp104721/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

西武バス(株)【西武グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
西武バス(株)【西武グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】西武グループ

トップへ

  1. トップ
  2. 西武バス(株)【西武グループ】の会社概要