最終更新日:2024/4/5

日本アクセス北海道(株)【伊藤忠グループ】

  • 正社員

業種

  • 商社(食品・農林・水産)

基本情報

本社
北海道
資本金
3億1,000万円
売上高
945億1,800万円(2021年3月期) 975億6,500万円(2022年3月期) 1,002億6,900万円(2023年3月期)
従業員
254名(2023年4月時点)
募集人数
6~10名

伊藤忠グループの一員として、食を通じて北海道に貢献しませんか?

  • My Career Box利用中

【伊藤忠グループ】当社は北海道で上位に位置付ける食品卸企業です! (2024/02/13更新)

PHOTO

当社の特徴はドライ・チルド・フローズンの3温度帯の食品を取り扱っており、家庭用食品を主にして、業務用食品や惣菜関連にも力を入れています。
また、北海道の特産品を道外へ流通させることにも力を入れており、道外の消費者に道産品の魅力ある商品の価値を認識してもらう取り組みも行っております。

魅力ある北海道を社員の一員として、ともに豊かにしていきませんか?

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
道内の食品流通だけでなく、魅力ある道産品を全国に届けるなど道産品の提案力も強化しております。また、道産食材を使用したオリジナル商品企画や販売も行っております。
PHOTO
社内にはチェーン店向け営業、メーカー向け営業、物流部門、管理部門といった部署があります。部署の垣根を超えたやりとりも多く、コミュニケーションの活発な職場です。

道産品の販売にも力を入れています!食の流通に貢献する総合食品卸です

PHOTO

「営業をしているうちに商品の企画・開発にも興味が出てきました」と杉さん(上)。「食品流通の川上から川下までマスターして一人前になりたいです」と堀さん(下)。

私が所属する部署では、グループ会社である日本アクセスのネットワークを通して、道内メーカー様の食品を全国のスーパー様などに販売しています。道外で開かれる展示商談会で道産品を紹介したり、道外スーパーのバイヤー様が北海道を訪れたときにメーカー様をご案内したり、メーカー様とスーパー様の橋渡し・調整をするのが私たち営業職の役割です。
農水産品、乳製品、加工食品など数ある商品の中でも、バターやミルクを使った北海道のスイーツは全国的に人気で、2022年はカヌレが大ヒットしました。商品が確保できなかったり、台風や大雪で納品が遅れたり…トラブルもあったのですが、メーカー様や販売先様にもご協力いただき、何とか対応できたときはホッとしました。
時期によって道外出張もあるため仕事のやりくりで大変さもありますが、社内外のさまざまな方と関われるのが楽しいですね。商品の仕入れ・販売だけでなく、あるスーパー様だけの限定商品の企画に関わったり、メーカー様から新商品の意見を求められることもあり、商品の企画・開発に携わる面白さも感じています。
(道産品営業部 道産品営業課/杉祐利恵さん/2018年入社)


私が働いている石狩チルド物流センターでは、メーカーから入荷した商品を保管・仕分けして、スーパー、コンビニ、ドラッグストアの物流センターや店舗に配送しています。部門としては洋日配、和日配、乳製品等の商品を常時3500アイテム以上取り扱っています。その中で、私はセンターの運用部門を担当しています。得意先から送られてくる受注に合わせて、出荷開始の指示から出荷完了後の伝票処理までの運用が日々の業務となります。商品の欠品や破損といったミスがないようにしながら、決められた時間までに商品をお届けするのが最低限のミッション。その日の受注量や納品時間などを計算しながら、効率的な運用を考えています。
物流の仕事はなかなか成果が見えにくいのですが、いままでの業務のやり方を修正したところ、わずかですが納品時間を短縮することができました。工夫が実を結ぶとやりがいになりますね。最近では後輩の教育も担当しています。若手を信頼して仕事を任せてくれる社風なので、のびのびと働けています。
(物流推進部 石狩チルド物流センター/堀峻大さん/2018年入社)

会社データ

プロフィール

【地域経済に貢献する”北海道No.1の食品卸”を目指して】

当社は伊藤忠グループ企業の一員として、企業スローガン「心に届く、美味しさを」を共有し、北海道の地域のお客様に総合食品卸売業を通じて、一層貢献する企業を目指しています。

当社の特徴はドライ・チルド・フローズンの3温度帯の食品を取り扱っており、家庭用食品を主にして、業務用食品や惣菜関連にも力を入れています。また、道内各地への物流網も確立しており、豊富な商品を適切な温度管理体制のもと配送しております。さらに当社の物流機能と商品管理を生かした共配物流事業も積極的に行なっております。

北海道の特産品を道外へ流通させることにも力を入れており、道外の消費者に道産品の魅力ある商品の価値を認識してもらいたいと思っております。北海道に育てられた企業として、地域経済に貢献することを忘れずに、今後も努力を続けて参ります。

正式社名
日本アクセス北海道株式会社
正式社名フリガナ
ニッポンアクセスホッカイドウカブシキガイシャ
事業内容
食料品、水産物、農産物、畜産物、花卉等の販売・輸出入・買付・加工・商品企画・開発・分析業務、及び貨物自動車運送事業、倉庫業
本社郵便番号 065-8522
本社所在地 北海道札幌市東区苗穂町9丁目1番1号
本社電話番号 011-750-3100
設立 1958年8月
資本金 3億1,000万円
従業員 254名(2023年4月時点)
売上高 945億1,800万円(2021年3月期)
975億6,500万円(2022年3月期)
1,002億6,900万円(2023年3月期)
事業所 道北ブロック:旭川市大雪通2丁目484-4、北見市卸町2丁目6番5

道南ブロック:北斗市開発209-18

道東ブロック:帯広市西20条南1丁目14-48、釧路市貝塚1丁目4-22
株主構成 主たる株主
(株)日本アクセス  100%
主な取引先 メーカーおよび北海道の大手スーパー・ドラッグストア・コンビニ・外食チェーンなど(北海道の小売店をほぼ網羅しております)
関連会社 北海道F&Cサービス(株)
平均年齢 46.7歳(2023年4月時点)
平均賞与月数 5.4ヵ月(2022年度実績)
年間休日 122日
育児休業 実績あり
※当社は、産休や育休に関して一定の条件を満たした企業が受けられる【くるみんマーク】の認定企業です。
 「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。
社会貢献 トルコ・シリア地震およびウクライナへの緊急支援寄付活動を行ったことで、国際連合世界食糧計画WFP協会より感謝状を頂戴いたしました。
また、フードバンクへの積極的な寄贈も行っており、地域社会に貢献する企業を目指しております。
沿革
  • 1958年8月
    • デリーミルク販売(株)設立
  • 1963年3月1日
    • 雪印乳業の直販部門を基盤に新会社設立
      商号を札幌雪印アイスクリーム販売(株)と改称
  • 1966年5月
    • 札幌雪販(株)へ社名変更
  • 1977年9月
    • 旭川雪販(株)と合併
  • 1989年10月
    • 札幌雪販(株)と道東雪販(株)が合併
      商号を北海道雪印販売(株)と改称
  • 2000年3月1日
    • 北海道雪印販売(株)と杉野商事(株)が合併
      杉野雪印アクセス(株)が発足
  • 2005年3月1日
    • 日本アクセス北海道(株)へ社名変更

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 23.3年
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10.2時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.7日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 6.0%
      (84名中5名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修、新入社員フォローアップ研修、3年目社員研修、5年目社員研修、10年目社員研修、新任組織長研修、新組織長候補者研修、物流研修、OJT研修、管理職研修、評価者研修、分析力向上研修、棚割研修、メンタルヘルス研修、セカンドキャリア研修、マーケティング研修など

新入社員研修はもちろん、その後のフォローや数年後のキャリアを見据えながら、各階層別に研修を用意しております。また、マーケティング研修や物流研修など知識を蓄える研修もあり、人材育成に非常に力を入れております。
自己啓発支援制度 制度あり
・通信教育支援制度
⇒会社指定の通信教育講座を受講することができ、受講料の一部を会社で補助しております。(合格修了した場合に限る)
会社補助額は受講する講座により異なりますが、最大で受講料の90%を補助いたします。
社員一人ひとりが自律的に学んでいくことを支援しているため、内容もビジネススキルやマネジメント、語学、IT、資格取得など多岐に渡って用意しております。

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
北海道大学、小樽商科大学、北海学園大学、北星学園大学、藤女子大学、酪農学園大学、弘前大学、釧路公立大学、東京農業大学、北海道教育大学、北海道文教大学、鹿児島大学、京都光華女子大学、札幌大学、札幌学院大学、中京大学、東海大学、東北学院大学、新潟大学、旭川大学、山形大学、早稲田大学、流通経済大学(茨城)、宮城大学、立教大学、明治学院大学、大東文化大学、北海商科大学

採用実績(人数)    2020年  2021年  2022年  2023年  2024年 
--------------------------------------------------------------------
大卒  6名     8名     4名    6名    8名    
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 5 3 8
    2023年 5 1 6
    2022年 2 2 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2024年 8
    2023年 6
    2022年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2024年 0
    2023年 0
    2022年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp109008/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

日本アクセス北海道(株)【伊藤忠グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
日本アクセス北海道(株)【伊藤忠グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本アクセス北海道(株)【伊藤忠グループ】の会社概要