最終更新日:2024/5/23

(株)TOKYO TOWER

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • レジャーサービス
  • 旅行・観光
  • 不動産(管理)

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
45億1,304万円(2023年3月)
従業員
83名(男46名37名)(2023年12月)

日本のランドマークの象徴、東京のシンボル「東京タワー」。おもてなしの心で、東京タワーの魅力を世界に発信できる人を求めています。

弊社ページにアクセスありがとうございます (2024/05/14更新)

PHOTO

 弊社ページにアクセスいただき有り難うございます。

 現在は、選考中の方にのみご案内しております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
登録有形文化財に指定され、2023年には開業65周年を迎えた東京タワー。昭和・平成・令和と時代を超えて多くの人に愛されてきた施設の管理・運営を担っていく。
PHOTO
社会的認知度の高い企業ながら社員数は100名程。想いを共有して一つひとつの業務と向き合える規模感の組織だ。社員間の関わりも多く互いに仕事がやりやすい雰囲気がある。

東京を代表する観光施設の魅力を世界に向けて発信する、アイデアと実行力を活かせます

PHOTO

「小さいけれど美しい企業でありたいですね。ともに働く仲間を尊重し、協力しながら未来を見据えていく、人のために行動できる人が活躍できる環境があります」

1958年に開業した東京タワー。当初は総合電波塔として建設され、次第に電波塔に加え観光施設としての存在感を増しながら、現在も時代とともにそのイメージや役割に変化を重ね続けてきました。当社はそんな国内外問わず多くの方々に愛される東京タワーの管理・運営を担い、グループ会社や関係各社と連携しながら、商業施設、イベントスペース、そして電波塔としての活用を推進しています。

管理・運営には東京タワーとしての価値を広くアピールする広報、建物や敷地の維持管理、商業施設部分に入るテナント管理をはじめとする不動産事業など、多岐にわたる事業を展開。近年では東京タワーに隣接する芝公園など、周辺エリアの開発計画にも関わり、行政とも一体となった再開発も進めています。
観光スポットとして多くの方がイメージしている東京タワー。そこには多くの人々に“見える仕事”と、東京タワーの価値を維持するために裏で支える“見えない仕事”があり、その両方が深く関わりあって「東京タワー」が成り立っているのです。

東京タワーとコラボレーションしたい企業・団体や行政機関も多く、そのマッチングを考えていくことも私たちの仕事のひとつ。社会的な影響まで考慮しつつ、より多くの方々に楽しんでいただける東京タワーのあり方を、これからも模索していく必要があるでしょう。多様性のある空間で、さまざまな目的のイベントを受け入れる懐が広くて深い東京タワーの特徴を、全方位に向けて発信していくことも今後ますます求められると思います。

当社は東京タワーとともに長い時間をかけて成長してきた組織。愛社精神を広く共有している社員が多い環境です。私たちが大切にしてきた東京タワーを社会のために役立てる、そのための自由な発想を展開できるような、新しい仲間の声も求めています。

日本に行ったら訪れてみたい観光地。そう世界に認知されている施設として、日本最大級のesportsパーク「RED°TOKYO TOWER」もあれば、日本を知ってもらう企画や文化を超えた交流を提案するイベントなども多彩に実施する力を持っている東京タワー。新しいテクノロジーと深いおもてなし、その両方を提供することで、東京タワーを訪問している時間を楽しむストーリー作りをお手伝いすることが当社の使命。
東京タワーと東京の街のために行動したい、その志とアイデアをお待ちしています。
【代表取締役 前田伸さん】

会社データ

プロフィール

1958年開業の東京タワーは開業65周年を迎えました。
新たな展望スタイルの提案による顧客層の開拓や、インバウンド・外国人観光客の積極的な誘客活動を行い、各種イベントの開催や付帯施設も充実し、観光都市東京の観光施設として、世界のランドマークとして事業展開を続けていきます。

事業内容
観光事業部門   :東京タワーにおける観光施設の設置経営
不動産賃貸事業部門:総合電波塔(東京タワー)、東京タワーフットタウン
          などにおける不動産設備等の賃貸

PHOTO

日本を代表するランドマーク、東京タワー。

本社郵便番号 105-0011
本社所在地 東京都港区芝公園4丁目2-8
本社電話番号 03-3433-5563
創業 1958年12月
設立 1957年5月
資本金 1億円
従業員 83名(男46名37名)(2023年12月)
売上高 45億1,304万円(2023年3月)
関連会社 (株)タワージャパン
(株)東京タワースタジオ
(株)東京タワーパーキングセンター
沿革
  • 1957年
    • 会社設立
  • 1958年
    • 東京タワー営業開始
  • 1959年
    • テレビ各局電波発射開始
  • 1964年
    • 東京タワー放送センタービル完成
  • 1967年
    • トップデッキ オープン
  • 1989年
    • 塔体新照明完成、来塔客数1億人記録
  • 1998年
    • 来塔客数1億3,000万人記録
  • 2002年
    • メインデッキ・トップデッキ リニューアルオープン
  • 2005年
    • 東京タワーフットタウンリニューアルオープン
  • 2006年
    • 来塔客数1億5,000万人記録
  • 2008年
    • 開業50周年(12月) 
  • 2013年
    • 来塔客数1億7,000万人記録
  • 2018年
    • トップデッキ リニューアルオープン
      開業60周年
  • 2019年
    • メインデッキ リニューアルオープン
      株式会社TOKYO TOWERに社名変更

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 18.2日
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修、配属後個別研修

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、亜細亜大学、神奈川大学、金城学院大学、慶應義塾大学、國學院大學、成蹊大学、成城大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学、千葉大学、千葉経済大学、千葉工業大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京外国語大学、東京工科大学、東京女子大学、東洋大学、獨協大学、日本大学、フェリス女学院大学、法政大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、早稲田大学

採用実績(人数)       2021年 2022年 2023年 2024年
---------------------------------------------------------------------
大学新卒   0名     0名    4名  
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 4 0 4
    2022年 0 0 0
    2021年 0 0 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp15300/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)TOKYO TOWERと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)TOKYO TOWERの会社概要