最終更新日:2024/5/16

(株)精工

  • 正社員

業種

  • 印刷・印刷関連
  • 化学
  • 商社(その他製品)
  • 機械

基本情報

本社
大阪府
資本金
9,800万円
売上高
・114億1,000万円(2023年3月実績) ・107億5,400万円(2022年3月実績) ・106億7,100万円(2021年3月実績)
従業員
626名(男性:358名 女性:268名)【2023年4月現在】
募集人数
1~5名

「人に自然にやさしい企業であり続けるために」

【全学部全学科対象】優良メーカー勤務希望者総合職採用 (2024/04/15更新)

PHOTO

3年連続増収!まだまだあります皆さんが知らない優良企業!!

普段皆さんが目にする、手に取る身近なパッケージ。そんなパッケージを造りたい!自身で企画提案しながら営業したい!社会に役立つ仕事がしたい方にはやりがいのある仕事です。

◆会社説明会をまもなく実施いたします!予約枠に限りがありますので、お早目のご予約をお勧めします。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
食品メーカーや小売業、生産者などお客様のニーズを引き出し、それを農産物パッケージという形にするのが営業のミッション。引き出す力、つなぐ力が生かせる仕事です。
PHOTO
一見、野菜を包むためのフィルムに見えますが、実は機能がいっぱい。植物由来の環境配慮型フィルム、鮮度保持性能の向上による食品ロスの低減など、社会貢献度も抜群です。

メーカー・商社・機械製造と3つの顔を持つ軟包装業界のリーディングカンパニー

PHOTO

「入社後は、社内でもどんどん自分の意見を発してほしいです。私も働きやすい環境づくり、給与アップなどで社員の意欲に応えます」と林社長。

【112年の歴史!創業以来、進化し続ける企業】
1911年に印刷所を立ち上げたのが精工の始まりです。その後、包装資材業、フィルム加工業へと進化を遂げ、現在は「フィルム二次加工メーカー」「農産物包装資材専門商社」「包装機械製造」にも進出し、3つの強みを持つ軟包装業界のリーディングカンパニーへと成長しました。〈メーカー〉としては宮城・茨城・高知の3エリアに6工場を展開し、企画・デザイン・開発・製造を一社で手掛ける完全一貫生産体制を構築。今では農産物の国内フィルム包装市場で約25%ものシェアを誇っています。また、全国に営業所を持つ当社は〈商社〉としても重宝され、フィルム、パック、ネットなど多彩なラインナップに加え、メーカーの特性を生かしたフィルムと資材のワンストップ提案も強みとなっています。

【農産物パッケージの可能性は無限大】
当社は従来からパッケージの研究開発、環境負荷低減に率先して取り組んできましたが、現在は用途開発にも注力しています。例えば、パッケージを広告媒体として捉えれば、フィルムに広告を印刷することで広告料をいただき、生産者には無料で資材を供給することが可能になります。これが実現すれば、資材高騰という農家の負担を軽減し、日本の農業を守ることができる。また違う視点からパッケージを見れば、精工が中食事業に進出するカギにもなります。パッケージに強みを持つ当社と食品メーカーがコラボすれば、コロナ禍で注目されたミールキットを生み出すこともできるのです。当社が学生の皆さんに期待するのは、農産物パッケージの可能性探索です。特にお客様との最前線を担う営業志望の人材なら、人と人をつなぎ、様々なニーズを自分の力で形にするやりがいを感じていただけると思います。

【多様な人材の力を結集し、ともに社会問題を解決しよう】
顧客満足を追求するためには、まずは従業員満足から。そんな考えのもと、当社では有給休暇の取得奨励、ピークを外した長期休暇の取得など、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。ベースになるのは、FUN(遊び)を大切にする考え方。仕事に遊び心を取り入れることで仕事を楽しめるようになり、自身の人生の満足度が上がるからこそ社会問題を解決したいという意識も高まる、私はそう考えています。
(代表取締役社長/林 正規)

会社データ

プロフィール

私たちは“新鮮と安心を包む”を基本理念に、安心してご使用いただける、環境に優しい安全な包装資材を提供するとともに、地域の方々や従業員にとってもやさしい、持続可能な社会に貢献できる企業を目指しています。

事業内容
創業1911年、弊社は創業から100年を超える老舗パッケージメーカーです。
業界では私たちのことを「フィルムコンバーター」と呼び、その由来はプラスチックフィルムに様々な加工を施して「変換する」ことからきています。
弊社では「グラビア印刷」「ラミネート」「スリット」「製袋(せいたい)」「断裁」といったあらゆる加工が行える工場を3地域(宮城・茨城・高知)に設けています。この他社にはない圧倒的な生産力、加工技術力を活かして、お客様の「欲しい」を実現し提供しております。
今後はフィルム業界が直面している環境問題に対し、フィルム使用量を削減したパッケージの開発や植物由来の原料を使用したパッケージの製造を行うことで、付加価値の高い製品を世の中に排出し、積極的に販売していくことに努めていきます。

PHOTO

日本パッケージングコンテストでPOP・店頭販売包装部門賞を受賞した「盛篭スタンドパック」

本社郵便番号 530-0047
本社所在地 大阪市北区西天満1丁目2番5号 大阪JAビル
本社電話番号 06-6360-6531
創業 1911(明治44)年2月18日
設立 1950(昭和25)年8月23日
資本金 9,800万円
従業員 626名(男性:358名 女性:268名)【2023年4月現在】
売上高 ・114億1,000万円(2023年3月実績)
・107億5,400万円(2022年3月実績)
・106億7,100万円(2021年3月実績)
事業所 【営業所】札幌営業所(札幌市豊平区)宮城営業所(加美郡加美町)首都圏営業所、東京営業所(中央区日本橋)東海営業所、大阪営業所(大阪市北区)中四国営業所 岡山事業所(岡山市北区)中四国営業所 香川事業所(香川県観音寺市)福岡営業所(久留米市)
【工場】つくば工場(土浦市沢辺)宮城工場(加美郡加美町)南国工場(南国市三和琴平)KOCHI2020(香南市香我美町)
経常利益 ・8億3,100万円(2023年3月実績)
・3億5,400万円(2022年3月実績)
・4億4,700万円(2021年3月実績)
主な取引先 ・各府県農業協同組合(JA)
・全国農業協同組合連合会
・ホクト(株)
・(株)高速
関連会社 (株)ヨネヤマ
(株)シナノポリ
平均年齢 40歳
平均勤続年数 10.7年
平均給与 350万円/年
沿革
  • 1911年
    • 大阪市西区阿波座にて林健印刷所として創業
  • 1919年
    • 業務拡大に伴い大阪市西区新町南通に移転
  • 1945年
    • 大阪空襲にて焼失、営業停止
  • 1948年
    • 林健印刷所営業再開
  • 1950年
    • 精工印刷(株)設立、資本金40万円
      初代社長に林健三郎が就任
  • 1964年
    • 社名を(株)精工に変更
  • 1967年
    • 二代目社長に林信男が就任
  • 1976年
    • 岡山営業所開設
  • 1986年
    • 防曇フィルム販売開始
  • 1990年
    • 高知香南工場竣工
  • 1993年
    • 香川(現:四国)営業所開設
      高知香南第二工場竣工
      高知精工設立
  • 1995年
    • 宮城工場竣工
      宮城営業所開設
  • 1998年
    • 東京営業所開設
  • 2000年
    • 林信男が会長に就任
      林健男が三代目社長に就任
  • 2001
    • 宮城工場未来館竣工
      初代デジタル印刷機導入
  • 2004年
    • ISO14001認証取得
      高知南国工場竣工
      高知南国工場 軟包装衛生協議会認定工場に
  • 2005年
    • 農産物鮮度保持研究室開設
  • 2006年
    • 札幌営業所開設
      高知南国工場、宮城第四工場増築
      高知南国工場 (財)日本緑化センター会長奨励賞受賞
  • 2007年
    • つくば工場竣工

  • 2011年
    • 創業100周年を迎える
      (株)ブラザー機械工業 子会社化
  • 2012年
    • つくば営業所開設
      TSUKUBA2025(つくば第二工場)竣工
      (株)ブラザー機械工業 吸収合併
  • 2014年
    • デジタル印刷機 Indigo 20000をアジア初導入
  • 2016年
    • 林健男が会長に就任
      林正規が四代目社長に就任
  • 2017年
    • KOCHI2020竣工
      (株)ヨネヤマ 子会社化
  • 2019年
    • (株)シナノポリ 子会社化

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.0年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.1時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.9日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 0名 3名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 18.9%
      (37名中7名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、階層別研修、職種別研修
自己啓発支援制度 制度あり
業務に資するとして会社が認めた資格について、取得費用の一部(全額の場合も有)補填
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
香川大学
<大学>
青山学院大学、亜細亜大学、茨城大学、追手門学院大学、大阪学院大学、大阪芸術大学、大阪工業大学、岡山商科大学、岡山理科大学、金沢大学、川村学園女子大学、関西大学、九州産業大学、京都橘大学、共立女子大学、近畿大学、岐阜大学、高知工科大学、甲南大学、駒澤大学、札幌学院大学、上智大学、専修大学、千葉経済大学、千葉工業大学、筑波大学、つくば国際大学、東海大学、東北学院大学、東洋大学、徳島文理大学、徳山大学、同志社大学、獨協大学、日本大学、八戸工業大学、阪南大学、ものつくり大学、山形大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学、高知大学
<短大・高専・専門学校>
茨城工業高等専門学校、高知工業高等専門学校、仙台高等専門学校、米子工業高等専門学校

採用実績(人数)
      2021年 2022年  2023年
-------------------------------------------------
大卒   採用なし 採用なし   6名
短大卒   ―     ―     ―
採用実績(学部・学科) 文、法、商、経済、工
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 7 3 10
    2021年 11 8 19
    2020年 7 5 12
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 10
    2021年 19
    2020年 12
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 2
    2021年 4
    2020年 7

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp201140/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)精工と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)精工の会社概要