最終更新日:2024/4/12

三星金属工業(株)【合同製鐵グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 鉄鋼
  • 金属製品
  • 環境・リサイクル
  • 設備工事
  • 建材・エクステリア

基本情報

本社
新潟県
資本金
4億8,000万円
売上高
244億円(2023年3月期)
従業員
219名(2023年4月1日現在)
募集人数
1~5名

省資源・循環型社会を実現させるリサイクル型鉄筋専門メーカー           ~充実した福利厚生、安定の経営基盤、積極的なCSR活動~

  • 積極的に受付中
  • My Career Box利用中

ライフワークバランスの取れる金属資材製造メーカー (2024/04/12更新)

PHOTO

当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。
・月平均残業時間【4.3時間】
・平均有給休暇取得日数【15.8日】 
・男性育休取得実績あり【66.6%】     
説明会日数多数公開中です。ご予約、エントリーお待ちしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
事業内容は、鉄リサイクルによる鉄筋コンクリート用棒鋼の製造。環境への意識が高い当社では、工場の燃料を灯油から天然ガスにシフトし大幅なCO2削減を実現しています。
PHOTO
若手社員も発言しやすく、活気あふれる社内。社員同士の距離が近いのも特徴で、部署を越えたコミュニケーションが日常的な風景となっています。

社会基盤を支えるリサイクル技術! 建築物の「背骨」となる基礎資材を製造!

PHOTO

「自分の業務が品質向上の一助になる、やりがいのある仕事です。常に目標を持ちがんばる人と一緒に仕事がしたいですね」と早川さん。

【技術系総合職】早川 央慈さん/2018年入社 製造部 圧延課
■より高品質の製品を作るための設備導入を検討
当社は、鉄スクラップから「鉄筋コンクリート用棒鋼」という建築の基礎資材を製造しています。私が所属する圧延課は、最終的な製品を形作るための部署。半製品状態の鉄に熱を加えて棒状に伸ばし、製品を完成形に仕上げます。
私は工場で1年近く圧延業務を経験し、今は事務所で操業管理の仕事をしています。管理といっても、予定通りに作業が進んでいるかチェックするだけでなく、品質向上や効率化にメリットがありそうな新しい設備の導入を検討するのも重要な仕事です。
以前、設備の仕様から細かい運用方法まで、一から導入に携わった機械がありました。それまで人の手で作業していた部分を機械化したのですが、実際に設備が運用され、お客様からも「品質が良くなったね」と言っていただいた時は大きな達成感がありました。
■とことん話し合う社風
入社当初は仕事を覚えるだけで精一杯でしたが、気さくな上司や先輩に助けられました。時には怒られもしましたが、嫌なムードが残らない。「先輩たちがいい雰囲気を作ってくれる会社なんだな」と感じたことを覚えています。
今、中堅という立場になり社風として感じるのは、社員同士の話し合いが徹底していることです。鉄を溶かす製鋼課、棒鋼に仕上げる圧延課、さまざまな管理をする品質管理課。各部署が連携し、ベストな操業をするために話し合いは欠かせません。気になったことはすぐに相談し、互いに納得するまで意見を出し合っています。
部署間のコミュニケーションは、良い製品を作ることはもちろん、自分の知識や技量を高めていくためにも重要。今後も他部署と積極的に関わりながら、製品や業界全体のことも勉強していきたいです。

会社データ

プロフィール

三星金属工業は鉄スクラップを再生させるリサイクル企業として昭和26年に燕三条地域である、燕市で創業しました。

周辺地域から発生する鉄スクラップを電気炉で溶かし、新たな製品【鉄筋棒鋼】に生まれ変わらせます。当社の製品である鉄筋棒鋼は、コンクリート中に入っている鉄の棒で、鉄筋コンクリートの構造物に欠かせないものです。もし鉄筋棒鋼がなければ、鉄筋コンクリートの建物は強度を増すことができません。私達の製品は学校・病院・中高層ビル・道路・鉄道・発電所・港湾などみなさんの日常生活でよく目にする建物などのコンクリート補強材として国内外で幅広く使用されています。

また、当社は鉄筋専門メーカーであると同時に省資源や環境保護を通じ、社会に貢献する企業でもあります。技術開発により、質の高い製品を製造することはもちろんのこと、より少ないエネルギーで製造できるよう日々試行錯誤を重ねています。

当社は鉄筋コンクリートの建造物の背骨とも呼ばれる鉄筋棒鋼を鉄スクラップから生まれ変わらせ、省資源や環境保護に取り組んでいます。

事業内容
・鉄筋棒鋼の製造・販売
高速道路、新幹線、中高層ビルなどに使われる鉄筋棒鋼の製造販売を行っています。
・土工用砕石の販売
製鋼工程で生じる電気炉製鋼スラグを原料に、粒度調整や安定化処理を行い、販売しています。

PHOTO

当社製品の鉄筋コンクリート用棒鋼【S-CON】です!皆様の暮らしを見えない所で支えています。

本社郵便番号 959-1286
本社所在地 新潟県燕市小関736番地
本社電話番号 0256-61-1000
設立 1951年(昭和26年)1月 三星金属工業(株)設立
資本金 4億8,000万円
従業員 219名(2023年4月1日現在)
売上高 244億円(2023年3月期)
事業所 【本社・工場】
〒959-1286 新潟県燕市小関736番地
株主構成 合同製鐵(株)100%
主な取引先 豊田通商株式会社、伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社、JFE商事鉄鋼建材株式会社 など
平均年齢 43.5歳
平均勤続年数 16.3年
沿革
  • 1951年(昭和26年)
    • 三星金属工業(株) 設立
      燕市朝日町において伸鉄圧延工場を開始し、鉄筋コンクリート用棒鋼を製造
  • 1959年(昭和34年)
    • 製鋼工場を新設、原料から製品まで一貫体制を確立
  • 1965年(昭和40年)
    • 圧延工場を燕市井土巻に新設
  • 1967年(昭和42年)
    • 鉄筋コンクリート用棒鋼の日本工業規格表示許可工場となる
  • 1968年(昭和43年)
    • 建設省より建築基準法第38条の特別認定を受ける
      同年燕市井土巻に製鋼工場を新設
  • 1969年(昭和44年)
    • 社団法人 日本圧接協会より正会員会社の認可を受ける
  • 1978年(昭和53年)
    • 燕市小関に新工場建設用地(155,762m2)取得
  • 1992年(平成4年)
    • 新工場を燕市小関に着工
  • 1994年(平成6年)
    • 新工場を燕市小関に完成、日本工業規格表示許可工場となる
  • 2001年(平成13年)
    • 品質マネジメントシステム登録(登録番号 JSAQ 1204)
  • 2007年(平成19年)
    • 環境マネジメントシステム登録(登録番号 JSAE 1324)
      新JISマーク制度による認証取得(認証番号 QA0307039)
      合同製鐵株式会社と資本提携、資本金22億4755万円、連結子会社となる
  • 2015年(平成27年)
    • 合同製鐵(株)の完全子会社となる
  • 2017年(平成29年)
    • 資本金を4億8000万円とする

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.3年
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.3時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.8日
    2023年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 3名 4名
    2023年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 2名 3名
    2023年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 7.3%
      (41名中3名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、OJT研修、階層別研修(工長研修、作業長研修、ベテラン層研修、中堅研修、ステップアップ研修)、社内全体研修
自己啓発支援制度 制度あり
語学など、様々なジャンルの通信教育制度(補助制度あり)、各種資格取得奨励
メンター制度 制度あり
指導員制度(入社後に仕事面、日常生活面の両方を先輩社員がフォローします)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
年間評価面接、賞与評価面接(業績加味)があります。
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学
<大学>
秋田大学、神奈川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西学院大学、関東学園大学、敬和学園大学、専修大学、千葉工業大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京電機大学、東京理科大学、同志社大学、東洋大学、長岡大学、長岡技術科学大学、新潟大学、新潟経営大学、新潟工科大学、新潟国際情報大学、日本大学、法政大学、明治大学、山形大学、立教大学、立正大学

採用実績(人数)     2020年   2021年  2022年   2023年 (年度)
-------------------------------------------------------------------
大卒    2名    0名    0名    2人
採用実績(学部・学科) 理系:機械、電気、材料、化学、物理、情報システム等
文系:全学部
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 2 0 2
    2022年 0 0 0
    2021年 0 0 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 2
    2022年 0
    2021年 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp202946/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

三星金属工業(株)【合同製鐵グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
三星金属工業(株)【合同製鐵グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 三星金属工業(株)【合同製鐵グループ】の会社概要