最終更新日:2024/5/17

日本福祉サービス(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス
  • 専門コンサルティング
  • 医療機関
  • 教育
  • サービス(その他)

基本情報

本社
大阪府
資本金
100万円
売上高
2023年度:20億4,000万円(143%)
従業員
320名(2024年5月時点)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

【夜勤無し!若手施設長多数!】なぜ毎年130%成長できるのか?

2025年度卒の新卒採用を開始! (2024/02/13更新)

◆直接社長に会える説明会◆

サラリーマン上がりで、0から会社を立ち上げた敏腕社長の話が聞けます!
豊かで明るい未来を作りたい方!自分を育ててくれた世代を支えたい方!
経営者になりたい方も大歓迎です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
日本福祉サービスは業界のあらゆる可能性は広げることができると考えています。それは地域との医療介護連携範囲とクオリティー、社員への大幅な還元の追求です。
PHOTO
「お客様・社員・社会に対し感謝の気持ちを持ち、誠実な企業活動を行う。」を企業理念とし、私たちは挑戦心・初心を忘れず、お客様をサポートしております。

急成長領域で、多くのチャンスと価値を創出する企業「日本福祉サービス」

PHOTO

自社のサービスにも確かな手ごたえを感じています。だからこそ今、日本福祉サービスのサービスを多くの方々へ広げていきたい。 <代表取締役 白崎 剛士>

■成長産業「介護領域」
2042年、日本の高齢者人口が最もピークを迎え、一方で勤労世代は今よりも1,500万人減ると言われています。必然的にニーズが増え続け、国を挙げて「福祉業界に関わる全て」を変化させていかなければなりません。ですが、もう既にその変化は始まっています。誰が福祉業界を担っていくのか、また変えていくのか。社会的使命として私たちは介護領域の「在り方」「働き方」「お客様へのサービス」を新しい仕組みへと変革させるその一躍を担いたいと考えています。

■社員の「チャンス」創出し続ける
経営理念・当社の考え方に共感さえしていただければ、個人の意見や考えを尊重する社風です。そのため、社員からの「こうしたい」「こうしてみたい」が多いですし、その意見・発言で今の会社が作られてきました。そのような社風は大歓迎です。社員の上下は関係なく、正しいことを皆で取り組むので、出る杭は徹底的に引き抜きます。そして、ポジションや役割を創出し続けていますので、全員にチャンスがあります。また、多くの経営者が輩出できるよう、新規事業・新サービスもどんどん創っている段階です。今まさに新しい事業も社員が中心になり動き始めています。今後ますます、チャンスを与えることができる日本福祉サービスではマネジメント・経営力・人間力が必ず若いうちから身に付くと思います。

会社データ

プロフィール

■代表白崎の就職活動時代
日本福祉サービスの代表白崎は就職活動当時、働くイメージがわかないまま「なんとなく就職活動を行っていた」と語る。そして、入社したのは上場企業であった。就職先としては何ら問題もない会社だった。実際に仕事を目の当たりにし、環境に慣れることと仕事を覚えるのに必死だった。しかし次第に慣れる。同時にまわりとの仕事に対する価値観や考え方の違いに違和感を抱くようになる。

■人生の大転機
白崎は思った。「楽しくない」「やりがいがない」と。なんとなく仕事を選んだ結果の就職。同じ仕事内容を繰り返す毎日。終身雇用・年功序列という張り合いの無い毎日。この人生で自分の生き方に将来誇りを持てるのだろうか、常に自問自答の毎日だった。また時は大不況。社会に出た友人達も不安な日々を白崎と同じく過ごしていた。それが当たり前の時代だった。これではいけない。白崎は思い続けた。その後、自分が中心となり素晴らしい社風の職場を作りたい、その想いを胸に中小企業への転職に踏み切ったのだった。

■福祉という「真の成長産業」
白崎は日本の将来を考え福祉業界の可能性を感じていた。その可能性の中で、若い人間が社会を担う。若い人間が志高く人々に貢献する。それこそ今の日本や若者に必要な事ではないかと考えるようになった。そのような会社・組織を自分自身が作りたい。この使命感が福祉業界を選んだ理由でもあった。

■人を豊かにする会社「日本福祉サービス」の誕生
介護の現場スタッフは一人一人が素晴らしい人ばかりである。また常に利用者様の事を考え悩み葛藤しながら日々努力をしている。組織の中でそこにいる人材こそが高齢者社会を担っていると言っても過言ではない。これは業界で働き始め10数年、常に思い続けてきた。しかし業界的に職場環境・人間関係等で離職率が高いのも悲しい事実なのである。まずはその現場スタッフが働き易い環境を作るのが大事だと環境整備に取り組んだ。これこそ、お客様が豊かな生活を送れるようになる一番大事な事だと考えたからである。素晴らしい高齢者の住宅が出来たのはこれが理由である。またそれと同時に当社の社風や企業姿勢を見て社外の多くの人々が協力もしてくれた。創業から思い続けた事は間違っていなかった。そう今は確信している。この創業の想いと現場第一主義を常に忘れず世の中に価値を提供し続けたいと白崎は熱く語ってくれた。

事業内容
【ライフサポート事業】
さくらヴィラ箕面サニーサイド(大阪府箕面市新稲7丁目7番29号)
さくらヴィラ大東(大阪府大東市深野4丁目5番79号)
さくらヴィラ東淀川壱番館(大阪府大阪市東淀川区瑞光四丁目6番14号)
さくらヴィラ東淀川弐番館(大阪府大阪市東淀川区瑞光四丁目10番24号)
さくらヴィラ池田(大阪府池田市鉢塚2丁目10番26号)
さくらヴィラ豊中岡町(大阪府豊中市宝山町16番2号)
さくらヴィラ豊中利倉西壱番館(大阪府豊中市利倉西2丁目7番19号)
さくらヴィラ豊中利倉西弐番館(大阪府豊中市利倉西2丁目4番10号)
さくらヴィラ箕面小野原(大阪府箕面市粟生新家3丁目10-6)
さくらヴィラ尼崎武庫川(兵庫県尼崎市大島2丁目22番地31号)
さくらヴィラ豊中庄内(豊中市豊南町西2丁目18-8)
さくらヴィラ伊丹(兵庫県伊丹市昆陽8丁目)
2024年5月にさくらヴィラ尼崎立花オープン予定
2025年1月にさくらヴィラ吹田オープン予定

【お客様支援】
■施設をお探しの方へのサポート
■高齢者を支援されているケアマネジャー・医療ソーシャルワーカーの方へのサポート
■在宅で生活をされている方への居宅介護支援サービスの提供
■在宅で生活をされている方への訪問介護サービスの提供

【施設運営支援】
■施設立ち上げ支援
■施設運営支援
■実地指導対策支援

【人材支援】
■求人・採用支援
■人材教育支援

【地域医療事業】
2020年大阪市東淀川区にクリニック開設
2022年クリニックを医療法人化 医療法人希桜会
2023年兵庫県にクリニック開設

■クリニック運営支援
■クリニック運営管理
■クリニック経理・労務管理アウトソース受託
■地域連携業務
■事務及びレセプト

PHOTO

「量」ではなく「質」の向上に特化した施設・サービスを創造する。当社ではまず、働く社員・スタッフが幸せである事を大切にしています。

本社郵便番号 530-0051
本社所在地 大阪府大阪市北区太融寺町1-17
梅田アスカビル5階
本社電話番号 06-6868-9500
創業 2014年2月
設立 2014年6月
資本金 100万円
従業員 320名(2024年5月時点)
売上高 2023年度:20億4,000万円(143%)
売上高推移 2016年度:1億7,838万円(307%)
2017年度:2億4,496万円(137%)
2018年度:4億5,300万円(188%)
2019年度:5億9,000万円(131%)
2020年度:8億6,500万円(131%)
2021年度:12億5,500万円(145%)
2022年度:14億3,000万(114%)
2023年度:20億4,000万円(143%)
取引先 フジ住宅(株)
日建リース工業(株)
カメイ(株)
サンベビー(株)
(株)伊藤園
(株)デイケア憩
SOMPOケアメッセージ(株)
フジ・アメニティサービス(株)
(株)フルライフケア
(株)NSA
その他医療法人多数
採用HP https://recruit.nf-s.co.jp/
ホワイト企業認定企業 弊社は2022年ホワイト企業認定企業となりました。

ホワイト企業認定とは?
日本次世代企業普及機構が定めた7つの指標
「ビジネスモデル/生産性」「ダイバーシティ&インクルージョン」「ワーク・ライフバランス」「健康経営」「人材育成/働きがい」「リスクマネジメント」「労働法遵守」
これらを総合的に評価された企業のみが取得できるものです。

https://jws-japan.or.jp/recognition/
YouTubeチャンネル https://youtube.com/@kaigo_change?si=e7tC1FaMx_132Jf6
Instagram https://www.instagram.com/sakuravilla.nfs.co?igsh=ZGZicjE5bjgwOXY0
TikTok https://www.tiktok.com/@nihonfukusiservice?_t=8iy1QWvNDSq&_r=1
先輩社員の声 信樂應貴(入社3年目)

大学在学中に福祉について学び、実習では、いわゆる老老介護のような現状に触れ、日本の福祉の危機的状況を目の当たりにしました。自分でも何かできることをと資格も取得したものの、就職活動では、福祉系企業に就職すると、現場仕事「だけ」に追われるのではないか?稼げないのではないか?という先入観があり、若干の躊躇がありました。また就職活動中で接した企業の多くは、休みが多い、制度が整っているという待遇面のアピールが多く、なんとなく違和感がありました。しかし、日本福祉サービスのインターンに参加した際に先輩方が皆、一貫して「福祉業界のネガティブなイメージを変えていきたい」という同じ夢を持って、仕事に全力投球しているということを肌で感じ、働くならここだと強く感じたことを覚えています。

入社後は、介護の仕事に従事しながら、1年目の秋には施設長補佐という役割を与えていただきました。その10か月後には施設長に昇格。施設長という役職では、社外の方とも関わるシーンがありますが、圧倒的に若いため最初は「大丈夫なの?」というような懐疑的な視線も感じることもありました。しかし、一生懸命にやっていると、必ず応援してくれる方はいますし、日本福祉サービスではそれ以上に成長できる環境や仲間がたくさんいます。
今では、多くの方に支えられながら、業務に打ち込むことができていますよ。

仕事をするようになって強く感じているのは、人間関係の大切さです。大きな夢を実現するためには、一人でできることは限られていますし、一人だけの努力では成長にも限界があります。当社では、先輩・後輩関係なくお互いにフォローし合える雰囲気が確立されているので、大きな目標でも、思い切り追いかけることができます。また社長との距離感が近く、先輩・上司には、いつも見守っていただいているという感覚を持てるのも魅力。成長実感を強く持てる会社です。
先輩社員の声 有馬慶太(入社2年目)

社長と直接お話をする機会をきっかけに、出身の関東から大阪に来てでも日本福祉サービスに入社したいと決めました。業界と本気で向き合う姿勢、社員想いであることなど、社長の話に対する納得感がすごく、気づけば日本福祉サービスに魅かれている自分がいましたね。

入社半年で、施設長補佐、1年で課長代理、その後営業の仕事にも挑戦しつつ今は、人事、広報、事業戦略推進業務にも携わらせていただいています。かなり広い業務内容となりますが、これらはすべて自分から手を上げ、チャレンジしたいという意志を、会社が尊重してくださり、実現したことです。日本福祉サービスは、実力主義の会社です。例えばスポーツでは、良いプレーができれば認めてもらい、試合に出してもらえます。こういうシンプルな文化がこの会社にはあります。

入社の決め手となった社長のイメージは、入社前後でまったく変わりません。社員の頑張りは、絶対に否定せずに、私たちの想いを心から尊重してくださいます。仕事なので大変なこともありますが、厳しい状況に置かれたときも私たちを鼓舞し、持てる力を最大限に引き出してくださっているように感じます。

少子高齢化が進む日本において、福祉の重要性は今後ますます高まります。一方で、厳しい就労であるというイメージのある福祉。私たちには、こうしたイメージを打破し、福祉の仕事の楽しさ、やりがい、醍醐味などを世の中に伝えていくというミッションがあります。イメージが良くなれば、人はもっと集まる。人が集まれば、福祉の質は今以上に向上していく。この好循環を目指して、常に上を目指し頑張っています。
先輩社員の声 大西亮介(入社2年目)

入社2年目の夏から、施設長として施設運営に関する業務全般を担っております。施設の現場では、利用者様からの嬉しいお声をいただけることが、一番うれしい瞬間です。例えば、病院から移られてきたある利用者様は、面会もできない、お風呂も入れないという状況でしたが、今は家族とも会えるし入浴もできると喜ばれていました。ご家族には、当施設に入居されたことで「利用者様に笑顔が増え、会話が弾むようになり、目に見えて様子が変わった」という嬉しいお声もいただきました。ご利用者様やそのご家族は、基本的に人生の先輩であることが多いため、振る舞いや言葉遣いなどには気を配っていますが、遠慮し過ぎは禁物。自分のことを知ってもらいながら、ご利用者様に寄り添い良い距離感で信頼関係を気づいていくことの大切さを学んでいます。

当社では、私も含めて、若手社員にどんどんポストを与えてもらえます。もちろん、経験不足は否めませんが、分からないことや確認すべきことなどは、その場ですぐに上司に相談。フォロー体制が整っており、日に日に仕事への理解が深まっている実感があります。また2週に1度は、会社全体で勉強会が実施されており、知識も習得できています。経験を重ねていくほど、知識を身につけていくほど、自身の成長を感じています。

今は、施設長としての責任を果たすことはもちろん、後輩が年々増えてきているのでその後輩たちの良き先輩となれるよう日々関わっています。ただ仕事を教えるだけではなく、人として信頼され、頼りにされる先輩となるべく日々邁進しています。
常識にとらわれない開発力 当社の商品は、これからの高齢化社会において本当に求められる施設とは何かということを徹底的に突き詰めて創り出した商品です。「病院から在宅へ」という今後の社会全体の動きを捉え、これまでのコンサルティングの経験・くらしの相談室事業における施設探しをされている方の生の声や、それぞれの社員が様々な介護業界での仕事に携わった経験を活かし創り出したのが重介護・医療対応、看取りの対応を可能とした当社の「さくらヴィラ」シリーズです。

最初は『そのような対応が出来る施設は聞いたことがない。言うだけで出来ないでしょう。実際にその様な患者さんはいるが、とてもじゃないが紹介出来ない。』と色々厳しいお言葉を言われました。しかしながら、当社の成果を積み重ねた結果、今は紹介先の病院や介護関係者の方々に非常に高い評価を頂いています。

また、現在も『圧倒的な商品力』に満足することなく、日々進化をしています。これも徹底的に議論しお客様のための事を考える社風、また新しいことにチャレンジする社風があるからこそです。常に現状に満足しない。それが当社の「施設創り」です。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 6.3日
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
■新人研修
■介護医療技術、知識研修
■管理者候補向け研修
■ジョブローテーション制度
■外部セミナー
■外部研修
■相談員外部研修
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
京都大学、大阪府立大学、大阪市立大学、京都府立大学、兵庫県立大学、奈良教育大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、近畿大学、龍谷大学、東洋大学、関西福祉大学、関西福祉科学大学、武庫川女子大学、梅花女子大学、大阪経済大学、大谷大学、大妻女子大学、日本福祉大学、神戸女子大学、関西国際大学、森ノ宮医療大学、佛教大学、花園大学、桃山学院大学、大阪成蹊大学、羽衣国際大学、大阪学院大学、桃山学院教育大学、神戸医療未来大学、京都文教大学、四天王寺大学

採用実績(人数)     2021年 2022年 2023年
------------------------------------------------------
大卒   7名   9名   6名
短大   0名   0名   0名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 6 0 6
    2022年 8 1 9
    2021年 4 3 7

先輩情報

僕の培ってきたノウハウは、新卒に。説明会で会いましょう!
N.Y
2014年
32歳
関西福祉大学
社会福祉学部社会福祉学科
相談業務推進事業部
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp212099/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

日本福祉サービス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本福祉サービス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本福祉サービス(株)の会社概要