最終更新日:2024/4/22

(株)パシフィックアートセンター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 空間デザイン・ディスプレイ
  • 芸術関連
  • イベント・興行
  • 芸能・映画・音楽
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
2,000万円
売上高
37億円(2023年3月)
従業員
528名 2023年7月1日時点
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

わたしたちは、舞台人の心意気を忘れずに、人々共に感動をつくり、豊かな文化の創造に貢献します。

  • 受付締切間近 のコースあり
  • My Career Box利用中

採用日程につきまして (2024/04/22更新)

PHOTO

弊社へ関心をお寄せいただきありがとうございます。
エントリーを受け付けております。

☆オンライン説明会の募集は終了しました。

【エントリー期間】
2024年3月1日 マイナビ2025よりエントリースタート

2024年4月30日 エントリー最終締切となります
 ※エントリーシート・顔写真・事前課題提出必須
  提出期間 5月1日から5月14日までです。
  提出については弊社からご連絡いたします。

【採用試験日程】
2024年6月 6日(木) 一次選考(グループディスカッション)
2024年6月24日(月) 二次選考(筆記試験・グループワーク・集団面接)
 二次選考通過者に適性検査あり
2024年7月頃 最終選考(個人面接)
※試験内容・日程は今後変更になる可能性もあります。

弊社の概要については、企業説明会または弊社ホームページでご確認ください。
https://www.pacnet.co.jp/recruit/information/

録画型企業説明動画の配信を行っております。
説明会・セミナーよりお申込みください。

現在、弊社では社内感染防止のため出社人数を縮小して業務をしております。
お問い合わせ等の対応が遅れますことをご了承ください。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
経営陣の多くが現場出身。現場の声に耳を傾けてくれる社風が社員の安心感に繋がっています。
PHOTO
エンターテイメントを支える裏方の会社。テクノロジーの発展と共にもっと面白い表現が出来るかもしれません。

創造と感動をつなぐ。短い文章に私たちの想いが凝縮されています。

PHOTO

ベテラン・若手それぞれ意見交換できる場もありコミュニケーションの場を増やしています。

公演の最後にお客様がくださるアンコールの声と万雷の拍手、そして終演。
しかし、終演を迎えても私たちの仕事はまだ終わらず、緊張感あふれる撤収作業が嵐のように間もなく始まります。
スタッフの誰ひとり怪我をすることも無く、無事に舞台がまっさらになったとき、ようやく達成感と安堵が訪れ、そして心地よい疲れと「お疲れ様」という笑顔が生まれるのです。

よく、様々な方から「仕事のやりがいをどんな時に感じますか?」とご質問をいただきます。言葉では説明できないその高揚が、エンターテイメントの世界を裏側で支える私たちのやりがいかもしれません。
また、私たちは数多くの劇場やホールの管理をさせていただいていますが、公演を支えるスタッフがベストなパフォーマンスを発揮できるような施設作りを目指しています。裏方を支える裏方の一面もあるのです。

よりよい結果の為に努力を惜しまず、裏方の魂を持って一人ひとりが真剣に仕事に取り組む、それがパシフィックアートセンターです。

会社データ

プロフィール

舞台表現者の創造性を、感動の受け手である観客へつなぐ役割…裏方としての誇りが、わたしたちの仕事の原点です。
(株)パシフィックアートセンターは略してPAC(パック)と呼ばれています。理由の1つは社名の頭文字をとって。もう1つの理由は大道具、照明、音響、映像、そして機構操作などをパッケージ(PAC)として提供できる会社だからです。
伝統芸能の裏方から始まった組織が、現在では古典から現代に至るオールラウンドの技術サービスをご提供しています。
現在は500人近い社員を抱える規模となり、従来の技術サービスに加えて、企画の制作・運営、窓口業務等、総合的なホールマネジメントのパートナーとしての事業を展開しています。

事業内容
(1) 大道具、照明、音響、映像等の舞台専門技術者によるオペレート、デザイン作成が必要な技術サービス
(2) 舞台諸設備の運営管理業務
(3) 各種文化施設の管理運営業務
(4) 一般労働者派遣事業、特定労働者派遣事業及び有料職業紹介事業
(5) 催事の企画、制作、演出、興行、出演者斡旋、仲介、プロデュース業務
(6) 文化施設、その他各種施設の受付案内等の業務

PHOTO

伝統芸能を支えていく技術の伝承、最新機材を使用した最先端の技術、私たちの会社は歴史と未来を兼ね備えています。

本社郵便番号 104-0041
本社所在地 東京都中央区新富2-8-1金鵄ビル6F
本社電話番号 03-3552-5687
設立 1970年4月
資本金 2,000万円
従業員 528名 2023年7月1日時点
売上高 37億円(2023年3月)
事業所 国立劇場、新橋演舞場、歌舞伎座、東京国際フォーラム、パシフィコ横浜、横浜アリーナ、東京ビッグサイト、彩の国さいたま芸術劇場、サンシャイン劇場、天王洲銀河劇場、日本橋三越劇場、IHIステージアラウンド東京、日本橋公会堂、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、渋谷区文化総合センター大和田、浜離宮朝日ホール、有楽町朝日ホール、イイノホール、虎ノ門ヒルズフォーラム、有楽町よみうりホール、よみうり大手町ホール、東京証券会館、江東区文化センター、江東区森下文化センター、東村山中央公民館、埼玉会館、川口総合文化センター、サンシティ越谷市民ホール、草加市文化会館、三郷市文化会館、戸田市文化会館、蓮田市総合文化会館、松戸森のホール21、松戸市民劇場、千葉市美浜文化ホール、ところざわサクラタウン ジャパンパビリオンホール、IMAホール(光が丘)、上尾市コミュニティセンター、鎌倉芸術館、東京有明アリーナ他
主な取引先 松竹(株)、(株)東京国際フォーラム、(株)オリエンタルランド、(株)横浜アーチスト、(株)朝日新聞社、(株)読売新聞社、(株)円谷プロダクション、独立行政法人日本芸術文化振興会、社団法人日本舞踊協会、渋谷区、中央区、他 地方自治体および地方自治体による財団法人等
関連会社 (株)ピーエーシーウエスト、金井大道具(株)、(株)アルファソリューション

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.1年
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.5日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 9名 1名 10名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 9名 1名 10名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 17.1%
      (70名中12名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
入社前研修(早期研修)
新入社員研修
エルダー制度
海外研修制度
外部団体による研修会、講習会への参加
その他、社内でのワークショップや研修会の実施
技術研修会のみならず様々な研修会や講習会を実施
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得報奨制度
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
筑波大学、早稲田大学、明治大学、立教大学、法政大学、青山学院大学、大阪芸術大学、青森公立大学、フェリス女学院大学、日本大学、東海大学、富山大学、尚美学園大学、昭和音楽大学、桜美林大学、玉川大学、駒澤大学、国士舘大学、帝京大学、学習院女子大学、武蔵野美術大学、長岡造形大学、北海道教育大学、共立女子大学、中部大学、立正大学、相愛大学、武蔵大学、文教大学、広島工業大学、武蔵野大学、洗足学園音楽大学、文化学園大学、城西国際大学、東京音楽大学、多摩美術大学、國學院大學、日本工業大学、拓殖大学、二松学舎大学、津田塾大学、都留文科大学、日本女子体育大学、東京女子体育大学、明治学院大学
<短大・高専・専門学校>
東放学園専門学校、東放学園音響専門学校、日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校、東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校、大阪スクールオブミュージック専門学校、福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校、専門学校東京ビジュアルアーツ・アカデミー、専門学校名古屋ビジュアルアーツ・アカデミー、専門学校大阪ビジュアルアーツ・アカデミー、専門学校福岡ビジュアルアーツ・アカデミー、音響芸術専門学校、中央工学校、専門学校ESPエンタテインメント東京、専門学校デジタルアーツ仙台、大阪芸術大学短期大学部、神戸電子専門学校、東京俳優・映画&放送専門学校、広島工業大学専門学校、東北電子専門学校

採用実績(人数) 2018 28名 (大卒13名 専門学校・短大卒15名)
2019 31名 (大卒16名 専門学校・短大卒15名)
2020 30名 (大卒13名 専門学校・短大卒17名)
2021  5名  (大卒 2名 専門学校・短大卒 3名)
2022  7名  (大卒 0名 専門学校・短大卒 7名)
2023 18名 (大卒12名 専門学校・短大卒 6名)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 2 16 18
    2022年 0 7 7
    2021年 1 4 5
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 18
    2022年 7
    2021年 5
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 2
    2022年 1
    2021年 2

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp215266/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)パシフィックアートセンターと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)パシフィックアートセンターを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)パシフィックアートセンターの会社概要