最終更新日:2024/6/12

(株)山形県食肉公社

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 食品
  • 農林・水産
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
山形県
資本金
16億8,288万円
売上高
203億9,396万円
従業員
128名
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

【山形市内勤務/転勤なし/文理不問/特別な資格や経験は必要なし】美味しい山形牛・山形県産銘柄豚を消費者にお届け!

  • 積極的に受付中 のコースあり

★会社説明会予約受付中!お気軽にご参加ください★ (2024/04/17更新)

PHOTO

弊社ではみなさんに会社の雰囲気を感じていただきたく
対面での会社説明会を実施しています!

みなさんが普段口にしている、牛肉や豚肉について
新しい発見があるかもしれません!!

気になる方はセミナー画面よりお申し込みお願い致します!

会社のホームページやInstagramもぜひご覧ください!

会社HP:https://www.ysyokuniku.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/nikufan_yamagata/


  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
国道112号沿い、須川近くの山形市と中山町の境に、加工処理などを行う作業場や事務所を構えます。恵まれた自然の中で、丹精を込めて育てあげたのが山形牛です。
PHOTO
4年前に山形ビッグウイングで肉フェス感謝祭を開催。精肉販売や山形牛いも煮、山形豚バラ焼きなど肉料理の屋台も出店。今年は4年振りに野外会場にて開催予定です。

生産者の想いを消費者に届ける。若い世代が活躍できる職場です。

PHOTO

以前は「総称山形牛」の営業を担当していたという加藤圭祐総務課長(右)。総務課の植田さん(左)は入社当初は、肉の部位を覚えるのが大変だったそうです。

当社は、国の総合食肉流通体系整備促進事業の適用により、1982(昭和57)年4月から操業を始めました。
私たちの仕事は、飼育農家の方が育てた牛と豚を、当社に運んでもらうところから始まります。主な事業内容は、牛や豚を加工処理し、「枝肉」と呼ばれる状態にするといった「食肉の生産処理」、「食肉の冷蔵保管」、「食肉加工品の製造販売」並びに「牛枝肉市場」です。専門店などへの卸はもちろん、精肉の販売をはじめとした小売も行なっています。

当社では、県内で丹精込めて肥育され高い品質を誇り、独特のまろやかな脂質をかもし出す「総称山形牛」と、きめ細やかな肉質と旨み豊かな脂質に仕上げた「認定山形豚」をはじめ、「米澤豚一番育ち」、「舞米豚」といった各種銘柄豚を取り扱っており、県内外からご支持いただいています。生産・加工の処理から販売までの一貫したシステムのもと、日本一の品質を目指しています。
業務のメインは、生きている牛や豚を加工処理することです。約120名の従業員の内、1/3が携わっています。通常、みなさんはスーパーマーケットなどで精肉を購入したり、飲食店で肉料理を食べていると思いますが、お店に並ぶためには私たちの仕事が必要不可欠です。例えば牛の場合は、飼育農家の方が約2年間という長い期間をかけて大切に育てた牛を、加工処理しています。それは、農家のみなさんの想いを消費者の方に届けるということでもあり、責任もありますが、同時にとてもやりがいのある仕事だと思っています。山形のブランド牛や豚を取り扱っているため、地域の役に立っているという実感もありますね。

食肉加工というと、昔は力仕事のイメージが強く、男性の仕事だと捉えられていましたが、最近では女性も多く、従業員全体の28%を占めています。世代交代も進んでおり、30代以下の社員が全従業員の半分を占め、30代の課長クラスも増えています。若い方にも多くのチャンスがあり、また新入社員の方も仕事について相談しやすい環境だと思います。思ったことをはっきりと言い合える職場だと思いますので、ぜひ、固定観念にとらわれず、新しいアイデアを持ち、チャレンジする気持ちのある方と働けたら嬉しいですね。
(総務部 総務課長 加藤圭祐さん/総務部 総務課 植田淳さん)

会社データ

プロフィール

当社は、山形県広域営農団地整備計画に基づき国の総合食肉流通体系整備促進事業の適用によって、1982年(昭和57年)4月から操業を始めました。
主な事業内容は、山形牛・山形県産銘柄豚の生産処理、加工、販売です。
徹底した衛生管理のもと、取引先および消費者の皆様に対し「安全・安心な食肉」を供給するための食肉処理および流通の拠点としての機能を有している公共性の高い会社です。
当社では、山形県の生産者が四季折々の豊かな自然環境のなか、丹精込めて肥育した「総称山形牛」と「山形県産銘柄豚」を取り扱い、生産処理から加工、販売と一貫した衛生管理のもと日本一品質の高い製品づくりを目標に掲げ全力で頑張っております。
また、関係機関と協力し各種イベントに参加し、山形牛、山形県産銘柄豚の販路拡大につとめ、生産振興と増頭対策にも取り組んでおります。海外輸出にも積極的に取り組み、「生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋」になりたいと考えております。
このような事業を通し、役職員一同、生産者・取引先・消費者の皆様の信頼に応えられるよう努力しております。

事業内容
●牛・豚の食肉処理
●牛・豚の副産物(ホルモン等)の加工・販売
●山形牛枝肉市場(セリ)の開催・運営
●山形牛の海外輸出
●牛・豚の部分肉加工・販売
●牛・豚の精肉加工・販売
●牛・豚の営業企画
●牛・豚の食肉衛生管理
本社郵便番号 990-0892
本社所在地 山形県山形市大字中野字的場936
本社電話番号 023-684-5656
資本金 16億8,288万円
従業員 128名
売上高 203億9,396万円

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 2名 3名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.5%
      (130名中2名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人ビジネスマナー講習会、新人社員研修講座等
自己啓発支援制度 制度あり
業務関連自己啓発講習会等への参加費用補助
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
北里大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学、中央大学、東海大学、東北学院大学、東北芸術工科大学、東北福祉大学、日本大学、日本体育大学、山形大学
<短大・高専・専門学校>
山形県立農林大学校、東北文教大学短期大学部

採用実績(人数)      2020年 2021年 2022年
-------------------------------------------------
大卒   0名   1名   0名
短大卒  2名   3名   0名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 0 0 0
    2021年 3 1 4
    2020年 1 1 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 0
    2021年 4
    2020年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 2

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp222732/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)山形県食肉公社と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)山形県食肉公社の会社概要