最終更新日:2024/5/16

東邦地下工機(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 機械
  • 建設
  • 商社(機械・プラント・環境)

基本情報

本社
福岡県
PHOTO
  • 5年目以内
  • 経済学部
  • 営業系

地下から日本を支える会社です

  • T.N
  • 2021年入社
  • 25歳
  • 九州産業大学
  • 経済学部
  • 経済学部
  • 地面を掘るときに必要なボーリングマシン等販売する仕事です。

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名経済学部

  • 勤務地大阪府

  • 仕事内容地面を掘るときに必要なボーリングマシン等販売する仕事です。

1日のスケジュール
8:30~

始業
外回りの日は当日行くルートの確認、修理依頼が入っている日の場合は修理の段取りを行います。

9:00~

取引先への訪問または機械の修理。

12:00~

この時間は各々で自由に過ごしています。

13:00~

午前と同様です。

16:00~

見積依頼を受けていたら見積の作成、伝票処理や日報の作成などのデスクワークを行います。

17:30~

退勤
基本的に定時になったら帰宅です。
平日でもプライベートの時間を確保できることは弊社の魅力のひとつだと思います。

現在の仕事内容

建物を建てる前の地質調査、軟弱な地盤を強固なものにするための地盤改良、水資源の開発(井戸や温泉)、地すべりを防ぐための災害対策工事など、ボーリングマシンの使用用途は多種多様です。その中で顧客のニーズに合わせた機械や道具を販売するのが営業である私の仕事です。
営業といっても売って終わりではなく、売った後のアフターフォローも営業の仕事に含まれます。機械の調子が悪いとお客さんから相談を受けたら、悪い箇所を調べ修理することもあります。
僕は入社するまでボーリングマシンに限らず機械に触れたことなどなかったのですが、先輩方や会社の手厚いサポートのお陰で少しずつできるようになってきました。
僕と同じように文系だからという理由で機械を取り扱う会社を敬遠している方も多いと思います。そのような方でも成長できる環境なので、是非一歩踏み出してみてください。


今の仕事のやりがい

営業なのでやはり機械が売れたときです。
日常の生活の中では触れることの無いような金額を扱うので緊張感がありますが、その分達成感も大きいです。
納品後お客さんから感謝されると頑張ってよかったと心から思えます。
上にも書きましたが、ボーリングマシンは私たちの生活の中で密接に関わっています。
知識や経験を深めていくと今まで何気なく見ていた建物や、工事後の法面、ニュースなどがまた違った見え方をしてきて視野が広がっていくことにもやりがいを感じます。


トップへ

  1. トップ
  2. 東邦地下工機(株)の先輩情報