最終更新日:2024/3/26

一般社団法人日本新聞協会

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 新聞
  • 財団・社団・その他団体

基本情報

本社
東京都
資本金
一般社団法人組織のためなし
売上高
一般社団法人組織のためなし
従業員
73名(2024年3月時点)
募集人数
若干名

新聞は信頼できる確かな情報で社会を支えます。私たちは新聞を支えます。

  • 積極的に受付中
  • My Career Box利用中

25年卒のエントリーを開始いたしました! (2024/03/01更新)


みなさまのエントリーお待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
新聞協会は自由で責任ある新聞を維持、発展させ、新聞倫理の向上をめざす自主組織です。行政やビジネスの中枢機能が集まる千代田区にオフィスを構えています。
PHOTO
新聞の役割と魅力を広く伝えるために、PRイベントや募集事業を展開しています。

私たちと一緒に、新聞界の発展に貢献しよう!

PHOTO

日本新聞協会は、会員社メンバーで構成する40以上の委員会、専門部会を設けています。その活動成果を上げるため、事務局が置かれており、13の担当セクションが協力し業務を遂行します。

■新聞倫理の向上
新聞協会は、表現の自由の擁護と新聞倫理の向上を基本理念とし、すべての新聞人が守るべき基本精神をうたった「新聞倫理綱領」を定め、自らを律しています。さらに「新聞販売綱領」「新聞広告倫理綱領」も制定し、営業活動の倫理向上に努めています。

■調査・研究
新聞全般にかかわる調査・研究をしています。例えば、新聞などのメディアに人々がどの程度接触しているか、新聞の発行部数や販売所の現況、デジタルメディアや印刷・制作設備の状況などを定期的に調査しています。

■優れた報道・広告の活動を顕彰
毎年10月15日からの「新聞週間」では、報道の使命と責任を省みるとともに、一般の方々にも報道の機能と役割を知っていただくため、さまざまな行事を行っています。新聞大会では、その年の最も優れた報道に「新聞協会賞」を贈賞しています。受賞作品、受賞記者たちの記事に込めた思いなどを特設サイト「ジャーナリズムの力」で公開しています。また広告の分野でも、新聞広告の新たな可能性を開拓した広告活動に「新聞広告賞」を贈賞しています。

■新聞の魅力を伝える仕事
子供たちの情報を見極める力を養う「NIE(Newspaper in Education)」やビジネスに新聞を活用する「NIB(Newspaper in Business)」を推進しています。若い世代や子育て世代に向けた「新聞科学研究所」キャンペーンでは、受験や就職、結婚や育児など、ライフイベントや日々の生活の中で、新聞が役立つことを知ってもらうPR活動を展開中。新聞は日々、確かな情報を伝えています。皆さんが読んでいるニュースサイトにも新聞社発の情報がたくさん掲載されています。新聞は私たちにとって身近で重要な存在なのです。

■ニュースパーク ―新聞文化の情報発信拠点
新聞協会は、日刊新聞発祥の地である横浜でニュースパーク(日本新聞博物館)を運営しています。博物館では、新聞の歴史とともに現代の情報社会について学ぶ展示のほか、タブレットを使った新聞記者の取材体験など、複数のプログラムを実施。19年6月には来館者数100万人を達成しました。これからも、新聞文化の情報発信拠点として博物館の活動を充実させていきます。

会社データ

プロフィール

社会とメディアを取り巻く環境は大きく変化しています。多種多様な情報が飛び交う時代では、丹念な取材に基づいて正確で信頼できる情報を発信し、社会の課題を提起する新聞の役割は、ますます重要になっています。

日本新聞協会は、自由で責任ある新聞を維持、発展させ、新聞倫理の向上を目指す自主組織として、全国の新聞、通信、放送各社によって1946年7月に創設されました。現在の会員数は122社で、日本の主要報道機関が加盟しています。
表現の自由の擁護と新聞倫理の向上を目指した諸活動のほか、新聞全般にかかわる調査、研究とPR活動、定期刊行物の発行、記者教育や業務研修、学校教育や仕事での新聞の活用(NIE、NIB)促進に取り組んでいます。横浜のニュースパーク(日本新聞博物館)を運営し、新聞の価値を幅広い世代に伝える活動も展開しています。

事業内容
新聞倫理の向上と新聞教育の普及
新聞、通信および放送に関する調査、研究
新聞博物館の運営
教育における新聞の活用(NIE)の普及推進
新聞に関する広報およびPR
海外の新聞、通信および放送に関する情報収集
デジタルメディアに関する調査、研修
新聞広告に関するプロモーション活動
本社郵便番号 100-8543
本社所在地 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル
本社電話番号 03-3591-4401
設立 1946(昭和21)年7月23日
資本金 一般社団法人組織のためなし
従業員 73名(2024年3月時点)
売上高 一般社団法人組織のためなし
代表者 事務局長 林 恭一
事業所 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル7階

ニュースパーク(日本新聞博物館)
神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター内
平均年齢 41.3歳
男性42.9歳/女性39.1歳

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.5年
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.7時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 19.3日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 2名 4名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 30.0%
      (20名中6名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
入社時に一次研修(オリエンテーション、ビジネスマナー、PC 研修)、数か月後に二次研修(会員社=新聞、通信、放送をはじめ関係組織の見学)を実施。
その後も年度ごとに、職級や職能に応じたテーマ(プレゼンテーション、マネジメントなど)で実施。
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、大阪大学、学習院大学、慶應義塾大学、上智大学、成城大学、専修大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、東京女子大学、東北大学、日本大学、一橋大学、福島大学、法政大学、武蔵大学、武蔵野美術大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

採用実績(人数)      2022年  2023年 2024年(予)
-------------------------------------------------
大卒     3名   3名   0名   
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 0 0 0
    2023年 1 2 3
    2022年 2 1 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2024年 0
    2023年 3
    2022年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2024年 0
    2023年 0
    2022年 0

先輩情報

社会課題の解決に貢献できる仕事です
S.H
2011年入社
35歳
慶應義塾大学
文学部人文社会学科民族学考古学専攻
博物館事業部博物館担当
ニュースパーク(日本新聞博物館)の運営
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp237407/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

一般社団法人日本新聞協会と業種や本社が同じ企業を探す。
一般社団法人日本新聞協会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 一般社団法人日本新聞協会の会社概要