最終更新日:2024/4/24

(株)マツオカコーポレーション

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • アパレル(メーカー)

基本情報

本社
広島県
資本金
5億8,458万円(2023年3月31日現在)
連結売上高
627億円(2023年3月期)
従業員
単体:132名・連結:17,729名(2023年3月31日現在)

広島県福山市から、アパレルOEM業界の世界トップレベルを目指して。

  • My Career Box利用中

採用担当者からの伝言板 (2024/02/13更新)

PHOTO

(株)マツオカコーポレーションです!
この度は当社ページをご覧いただきありがとうございます!

2025年度卒の新卒採用を開始いたしました。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
業務中はホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)を徹底しつつ、気軽に冗談もいい合える風通しの良さ。入社1~2年目の若手社員も気兼ねなく活発に発言できる。
PHOTO
当社の生産数は年間6300万枚以上。取引先との商談を経て受注確定後、生産管理、企画、業務、工場が連携し信頼されるものづくりを実現する。

企画提案力と生産ノウハウで支える“世界基準”のアパレルOEMメーカー

PHOTO

「自発的に考え行動する姿勢が欠かせませんが、動けば周りはしっかり応えてくれるので、成長実感も達成感も存分に味わえます」と話す上井さん(左)と藤本(右)さん。

当社はフォーマルからカジュアル、スポーツ、ユニフォームなど幅広いファッションウェアのOEM生産を手掛けるアパレルメーカーです。縫製をはじめ、生地の開発から製品の洗い加工まで対応する多彩な生産設備やノウハウを強みに、国内屈指の年間生産数量を実現。東京証券取引所への上場も果たし、世界中へ高品質な製品を提供しています。

★自分の仕事がカタチになる醍醐味!
企画アシスタントとして、海外工場へのサンプル製作依頼や資材単価の確認、製品試験の手配などを行っています。1年目は先輩の補助業務が大半でしたが、2年目からはいくつかの資材品番の主担当に。仕事に対する責任感もより高まっているところです。そんな私が入社後一番驚いたのは、1着の品質を維持するために、様々な品質検査・管理が行われていること。細分化された工程に対して社員それぞれが自分の知恵やノウハウを活かして製品づくりを行う。完成した製品をお客さまにお届けするまでには、この後さらにいくつもの専門的な試験・検査をクリアしなければなりません。「服づくりがしたい」という純粋な思いで当社を志した私ですが、無数の工程・検査を経てようやく製品化されるのを見届けるうち、依頼のし方ひとつも製品の良し悪しを大きく左右し得ることを実感。そのためメール文面にも細心の注意を払い、要点を分かりやすく端的に伝えることを心がけています。
<藤本祥太/2022年入社>

★『マツオカ』のブランド力をこの手で守る!
業務職として、主に製品生産に必要な資材の手配を担当しています。1年目はマニュアルに沿って仕事をすることが多かったのですが、2年目の今春から5品番の資材を担当するように。より責任の大きなポジションを任されたことで、自分の仕事の結果がその後どこにどう影響するのかを見越して準備・行動することを強く意識するようになりました。例えば、生産に必要な資材や数量は指示通りに届けられているか。お客さまの品質要求をきちんとカバーできているか。その後の服づくりが滞りなく行われるように、一貫してモノの流れをマネジメントしています。指示と異なる問題が起きたらその事実だけではなく、問題がなぜ起こり、どうすれば解決できるか具体的なプランを立てたうえで関係各所に報告。さらに品質証明書類や画像を取り寄せ自分の目で確認し、再手配を行うなど品質管理を徹底するよう努めています。
<上井麻希/2022年入社>

会社データ

プロフィール

 マツオカコーポレーショングループは「お客様の全てのニーズに応える」ことを企業ポリシーに、アパレルOEM事業を展開しています。創業以来、常にこだわって来たのは、生産効率の追求と品質・納期です。この課題をクリアするため、縫製業界ではいち早く海外進出を果たし、現在、5カ国15以上の自社工場を運営しています。
 縫製業界には、ひとつの工場で作るのはひとつのカテゴリーのみ、という昔からの既成概念がありました。
しかし、お客様が求めるものがそこにあるのなら、それをカタチにしていきたい。ごく当たり前の発想を実現したのが、マツオカコーポレーションのVMVの一つである原点(Values)「お客様の全てのニーズに応える」。この強い思いが、カテゴリーを超えた縫製の新しい道を拓かせてくれました。
 時代が求めているものは刻々と変化し、クライアントのニーズも多様化しているなか、昔ながらのルールに縛られていては、次のステップを見つけることは難しい。だからこそ、マツオカコーポレーションは常に「新価値創造」に挑みます。素材づくりから縫製まで行う一貫生産システム、無駄を省いていくVM活動での「見える化」など、縫製業界ではどこも取り組んでいなかったことに着手。品質の向上と生産性アップを成功させました。できることはまだまだあります。これからもマツオカコーポレーションの「新価値創造」はとどまることがありません。

事業内容
メンズ・レディースのフォーマルウェアからカジュアルウェア、スポーツウェア、ユニフォームウェアまでの縫製、洗い加工、生地開発と生産、及び貿易業務
本社郵便番号 720-0045
本社所在地 広島県福山市宝町4-14
本社電話番号 084-973-5188
設立 1956年04月
資本金 5億8,458万円(2023年3月31日現在)
従業員 単体:132名・連結:17,729名(2023年3月31日現在)
連結売上高 627億円(2023年3月期)
事業所 ■本社
〒720-0045
広島県福山市宝町4-14

■東京事務所
〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2-3-2 セントピアビル5F・7F・10F

■大阪事務所
〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町2-6-5 ファースト船場910号

■上下サンプル室
〒729-3431
広島県府中市上下町上下887
主な子会社 茉織華実業(集団)有限公司
上海茉織華服飾有限公司
浙江茉織華貿易有限公司
宿遷茉織華服装有限公司
嘉興茉織華華為制衣有限公司
嘉興徳永紡織品有限公司
TM Textiles & Garments (HK) Ltd.
MYANMAR POSTARION CO.,LTD
MK APPARELS LTD.
TM Textiles & Garments Ltd.
ISHWARDI MATSUOKA BANGLADESH.LTD.
PHU THO MATSUOKA CO.,LTD
BAC GIANG MATSUOKA CO.,LTD
AN NAM MATSUOKA GARMENT CO., LTD
THANH CHUONG MATSUOKA GARMENT CO.,LTD
JDT VIETNAM CO.,LTD
PT.MATSUOKA INDUSTRIES INDONESIA
平均年齢 41歳
沿革
  • 1956年
    • 資本金100万円 従業員10人で(株)松岡呉服店を設立 縫製業を始める
  • 1964年
    • 商号を松岡繊維工業(株)に変更
      各種繊維製品の製造加工に業態転換
      アメリカ向けブラウス製造・海外貿易を開始
  • 1982年
    • 韓国で委託生産を開始
  • 1986年
    • 中国北京で委託生産を開始
  • 1990年
    • 浙江茉織華制衣有限公司を設立
  • 1993年
    • 茉織華実業(集団)有限公司を設立
      中国が主要な生産拠点となる
  • 1996年
    • (株)マツオカコーポレーションに商号変更
  • 1998年
    • 国内工場を閉鎖
      生産拠点を中国へ完全移管
  • 1999年
    • 上海茉織華服飾有限公司を設立
      上海証券取引所へB株を上場
  • 2001年
    • 上海証券取引所へA株を上場
  • 2003年
    • 嘉興徳永紡織品有限公司を買収
  • 2004年
    • MYANMAR POSTARION CO.,LTDを買収
      本社を広島県福山市宝町に移転
  • 2005年
    • 茉織華実業(集団)有限公司 他 縫製加工を買収
  • 2006年
    • 浙江茉織華貿易有限公司を設立
      箕沖オペレーションセンターを開設
  • 2008年
    • MATSUOKA APPARELS LTD.を設立
  • 2009年
    • TM Textiles & Garments (HK) Ltd.を設立
      TM Textiles & Garments Ltd.を設立
  • 2010年
    • MK APPARELS LTD.を設立
  • 2011年
    • 江蘇茉織華服飾(東台)有限公司を設立
  • 2012年
    • 東台松岡貿易有限公司を設立
      PT TI Matsuoka Winner Industry(TIMW)を設立
  • 2013年
    • 茉織華実業(集団)有限公司より
      嘉興茉織華華為制衣有限公司および
      嘉興茉織華華遠服飾有限公司を分社化
  • 2015年
    • PHU THO MATSUOKA CO.,LTDを設立
  • 2016年
    • JDT VIETNAM CO.,LTDを設立
  • 2017年
    • VINA BIRZ CO.,LTD(BAC GIANG MATSUOKA CO.,LTD)を完全子会社化
      東京証券取引所市場第一部に株式を上場
  • 2018年
    • インドネシアに4社((株)ファーストリテイリング、蝶理(株)、東レ(株)、当社)の合弁会社PT MATSUOKA INDUSTRIES INDONESIAを設立
  • 2019年
    • AN NAM MATSUOKA GARMENT CO.,LTDを設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 8.9年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.4日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 1名 3名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 1名 3名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 13.2%
      (53名中7名)
    • 2019年度

社内制度

研修制度 制度あり
・内定者研修
・新入社員研修
・技術研修
・OJT研修
メンター制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
慶應義塾大学、芝浦工業大学、成城大学、日本大学、文化学園大学、早稲田大学、千葉大学、大阪経済法科大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、神戸大学、岡山大学、ノートルダム清心女子大学、広島大学、広島経済大学、広島女学院大学、広島市立大学、福山大学、福山平成大学、尾道市立大学、愛媛大学、高知大学、東洋大学、金沢星稜大学、青山学院大学、駒澤大学、法政大学、大阪大学、杉野服飾大学
<短大・高専・専門学校>
中国短期大学、倉敷市立短期大学、文化服装学院、東京モード学園、大阪デザイナー専門学校、専門学校広島国際ビジネスカレッジ、広島文化学園短期大学、小井手ファッションビューティ専門学校

上海外国語大学、ソウル大学

採用実績(人数) 2021年度:3名
2020年度:1名
2019年度:2名
2018年度:採用実績なし
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 1 1 2
    2021年 1 2 3
    2020年 0 1 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 2
    2021年 3
    2020年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 2
    2020年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp241727/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)マツオカコーポレーションと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)マツオカコーポレーションの会社概要