最終更新日:2024/3/1

富士食品工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 食品

基本情報

本社
神奈川県
資本金
3億35万8,000円
売上高
非公開
従業員
363名(2023年4月1日時点)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

天然調味料で「おいしさ」を提供し、世界中の人々を笑顔にする仕事です!

  • My Career Box利用中

調味料メーカーの富士食品工業です! (2024/03/01更新)

PHOTO

2025年度卒の前期新卒採用を開始いたしました。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
JTグループの調味料事業を担っており、安定感は抜群。有名外食チェーンや大手食品メーカーの信頼を得ているため、若手のうちからスケールの大きな仕事に携われる。
PHOTO
ジョブローテーションでいろいろな業務にチャレンジできる環境。フレックスタイム制などを導入し、社員の働きやすさを追求している点も大きな魅力である。

“世界の味” を支える老舗調味料メーカー!事業の幅が広く、活躍の場は多彩♪

PHOTO

3年間の営業を経験してから、マーケティング部門で活躍している大須賀さん(左)。大石さん(右)は、1年目からテーマを与えられて、酵母エキスの開発に挑んでいる。

【事務系総合職】の若手にインタビュー(大須賀遥香さん/2017年入社)

当社は60年以上の歴史を誇る調味料メーカーです。業務用製品事業や加工原料製品事業で、有名外食チェーンや大手食品メーカーの“味”を支えています。アメリカ・中国・インドネシア・タイに拠点を構えてグローバルに事業展開していることに加え、酵母の研究・開発などさまざまな分野に事業領域を広げているため、活躍のフィールドは多彩です。

私は食品メーカーへの営業を3年間経験した後、マーケティングに携わっています。主な仕事は、新商品の企画やプロモーション戦略の立案です。自分の企画が通って商品化が実現したときは、大きな達成感を味わえました。リーフレットの制作などを通して、営業担当の役に立てたときもうれしいですね。

当社は、若手に成長の機会を与えてくれる会社です。私は5年目の頃、有望な若手営業を育成するプロジェクトの運営を任されました。積極的に新しいことに挑めるのは、「責任はとるから、自由にやってみろ」と言ってくれる上司のおかげ。当社でなら、さまざまな仕事を経験してスピーディに成長できるはずです。

【技術系総合職】の若手にインタビュー(大石裕太郎さん/2020年入社)

私は当社のことを、調味料の製造・販売に特化した会社だと思っていました。ところが企業研究を進めると、酵母の特性を生かした技術や素材を開発する部門があることを知ったのです。幅広い事業を展開している点に魅力を感じて、技術系総合職として入社しました。商品開発から品質管理まで多彩な活躍の場がありますが、私は素材開発を行う部署に所属して、旨味などのもとになる酵母エキスの開発を手掛けています。

当社では、1年目から一つのテーマを与えられ、自分が中心となって開発に携われます。ゴールは決まっていますが、そこまでのプロセスは自由で、新人のうちから“自分の色”を出して働けるので楽しくて仕方ありません。しかも当社の製品は“食”にまつわるさまざまな現場で使われているため、大きなやりがいを味わえます。

任せたら任せっぱなしではなくフォロー体制も万全で、先輩に質問すれば丁寧に教えてくれます。私の部署は20~30代の若手が中心で、何でも気軽に相談できるので想像していた以上に働きやすいです。

会社データ

プロフィール

富士食品工業は、JTグループの加工食品事業における調味料事業の中核会社で、調味料の開発・製造・販売を行っています。

企業向けの商品を取扱うB to Bの企業のため、スーパーやコンビニなどで、“富士食品工業”の調味料を目にすることはないと思いますが、外食・中食での料理や様々な加工食品に当社の商品が使われています。それらを通して、みなさんも当社の商品を口にしているかもしれません。

多くの方に美味しさを届けることが出来る事業領域の幅広さが魅力です!

事業内容
調味料の開発・製造・販売を行っています。
主に業務用調味料・加工原料調味料という分野の商品を扱っており、多くの外食産業・加工食品メーカー様に販売しています。
また、酵母エキスを強みとし、新規素材の開発や調味料の開発にも注力しております。
本社郵便番号 222-8624
本社所在地 神奈川県横浜市港北区大豆戸町94
本社電話番号 045-542-4121
設立 1958年8月1日
資本金 3億35万8,000円
従業員 363名(2023年4月1日時点)
売上高 非公開
事業所 本社/横浜
支店/仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
工場/島田(静岡)
研究所/羽田
関連会社 Fuji Foods Inc.
富士食品工業(蘇州)有限公司
PT.SEKAR FUJI FOODS
Thai Foods International Co.,Ltd
平均年齢 41歳(2023年4月1日時点)
平均勤続年数 19.1年(2023年4月1日時点)
沿革
  • 1938年
    • 東京都鎌田にて粉末醤油・粉末味噌の非常用食品の製造を開始する
  • 1952年
    • 国産初の「固形コンソメスープ」を開発
  • 1958年
    • 富士食品工業(株)設立
      オイスターソース、粉末そばつゆ、コンソメスープ発売
      世界で初めて麺用粉末スープを開発
  • 1961年
    • 即席ラーメン用別添スープを開発
      国内メーカーへ技術援助開始
  • 1966年
    • 本社工場新設、粉末スープの増産をはかる
  • 1969年
    • エチオピア・マダカスカルに現地政府合弁による肉エキス工場設立
      酵素分解型ビーフエキスの開発に成功し販売開始
  • 1971年
    • 新羽工場設立(2010年 静岡金谷工場に統合)
  • 1972年
    • 牛肉エキス調味料「ビーフェックス」発売
  • 1975年
    • 日本メーカーで初の家庭用オイスターソース発売
  • 1977年
    • ジェントリースープ発売
  • 1980年
    • 酵素分解型チキンエキスの開発に成功し販売開始
  • 1982年
    • 米国ノースカロライナ州グリーンズボロにFuji Foods Inc.設立
  • 1990年
    • 静岡金谷工場新設
  • 1996年
    • 米国ノースカロライナ州にバーリントン工場新設
  • 2000年
    • 日本初 粗挽きトウガラシ「OHot.」発売
  • 2002年
    • 中国蘇州市に富士食品工業(蘇州)有限公司設立
  • 2008年
    • 日本たばこ産業(株)と資本・業務提携
      テーブルマーク(株)と資本・業務提携
  • 2009年
    • ジェイティフーズ(株)の調味料部門を当社に統合
      ISO22000取得
  • 2010年
    • 静岡金谷工場内に粉末顆粒調味料工場新設(生産機能集約)
      金谷物流センター新設
  • 2012年
    • FSSC22000取得
  • 2015年
    • 資本金3,3735万円から3億35万8,000円に増資
  • 2018年
    • インドネシア国ジャカルタ州にPT.Sekar Fuji Foods設立
  • 2019年
    • タイ国ナコンパトム県のThai Foods International Co.,Ltdを子会社化
      日本たばこ産業(株)の完全子会社となる

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 19.1年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 21時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.6日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 7名 4名 11名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 7名 0名 7名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.9%
      (90名中8名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修
階層別研修 など
自己啓発支援制度 制度あり
語学研修支援:会社指定の語学学校やオンライン英会話での受講に会社補助が受けられます。(一部自己負担あり)
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
麻布大学、九州大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、信州大学、成蹊大学、東京海洋大学、東京工科大学、東京農業大学、東京農工大学、東京薬科大学、東京理科大学、徳島大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、宮城大学、宮崎大学
<大学>
愛知学院大学、愛知学泉大学、青山学院大学、秋田大学、亜細亜大学、大阪経済大学、大阪経済法科大学、小樽商科大学、学習院大学、鹿児島大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、北九州市立大学、北里大学、九州共立大学、京都産業大学、共立女子大学、杏林大学、近畿大学、久留米大学、慶應義塾大学、工学院大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、佐賀大学、相模女子大学、産業能率大学、静岡県立大学、静岡産業大学、城西大学、大東文化大学、拓殖大学、玉川大学、千葉商科大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京医療保健大学、東京海洋大学、東京経済大学、東京工科大学、東京国際大学、東京農業大学、同志社女子大学、東北大学、東北学院大学、東洋大学、常磐大学、常葉大学、獨協大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、比治山大学、広島大学、福岡大学、福山大学、文教大学、防衛大学校、法政大学、北海道大学、南九州大学、宮城大学、宮城学院女子大学、宮崎大学、明治大学、明治学院大学、明星大学、盛岡大学、山口大学、山梨学院大学、横浜商科大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、和歌山大学、早稲田大学

採用実績(人数)    2021年  2022年  2023年
-------------------------------------------
大卒  6名   7名   7名
東京農業大学 生産産業学部 産業経営学科、応用生物学部 醸造科学科、応用生物学部 生物応用化学科、応用生物科学部 食品安全健康学科、地域環境科学部 生産環境工学科、生物産業学部 アクアバイオ学科、生物産業学部 食品科学科、農学部
日本大学 生物資源科学部 食品生命学科、生物資源科学部 食品ビジネス学科、生物資源科学部 農芸化学科、生物資源科学部 食品科学工学科、生物資源科学部 海洋生物資源科学科、生物資源科学部 国際地域開発学科、経済学部
神奈川大学 法学部 法律学科、経済学部 経済学科、経営学部 国際経営学科、理学部 化学科、理学部 生物科学科、工学部
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 2 5 7
    2022年 3 4 7
    2021年 3 3 6
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 7
    2022年 7
    2021年 6
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 1

問合せ先

QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp241811/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
富士食品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
富士食品工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 富士食品工業(株)の会社概要