最終更新日:2024/6/18

ユウベルグループ[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 冠婚葬祭
  • ホテル・旅館

基本情報

本社
広島県、熊本県
PHOTO
  • 11年目以上
  • 経営学部
  • 販売・サービス系

地道にコツコツ堅実に

  • M.K
  • 2011年入社
  • 34歳
  • 福山平成大学
  • 経営学部 経営情報学科
  • ユウベルホール広島(葬祭会館)館長

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 形の残る仕事
  • 人を育てる仕事
現在の仕事
  • 部署名ユウベルホール広島(葬祭会館)館長

現在の仕事内容

私は総合職として入社し、現在は葬儀全般をサポートする仕事を担っております。ご遺族の方からご不幸の電話を受けてから、ご遺体の搬送ならびに安置、通夜から葬儀にかけての流れと見積りの作成、式場の設営、式の司会進行を執り行うのが主な仕事です。


今の仕事のやりがい

1件1件ご遺族の方の思いやご意向に違いはありますが、その中で特に覚えているのが故人様が合唱団に所属されている方の葬儀でした。その合唱団のご友人の方々が式の中で「最後に歌を送ってあげたい」との希望で、通常の式の時間内では難しいため火葬場に確認したところ、了承を得ることが出来、合唱団の方々の歌で送ることができました。そして最後にご遺族の方、合唱団の方に「希望通りの葬儀ができて故人も喜んでいるとおもいます。ありがとうございました」と感謝の言葉をいただいたことが記憶に残っています。家の方それぞれに思いがあり、今後もできる限りそのご意向に添えるようにサポートが出来ればと思っております。


この会社に決めた理由

そもそも私が葬儀の道に進もうと考えたのは、大学生の頃、祖母の葬儀を行う際でした。私が当時住んでいた地域では、葬儀を行う際、葬儀社の方ではなく身内や町内の方皆で葬儀の準備をして執り行うのが主流になっていました。その時、皆が心を込めて葬儀の準備をしている姿を見て、人生最後の儀式をサポートできる仕事をしたいと思ったのがきっかけです。
この会社を決めた理由ですが、広島で葬儀社を探しているときに知人に聞いた時、ネットで検索した時でも、まず一番にユウベルグループが運営する「平安祭典」が出てきました。そこで、広島で一番のシェアを誇るユウベルグループで葬儀について一から勉強し、成長したいと思ったからです。


今後の目標

今の目標は「グリーフケア士」の資格を取得することです。「グリーフケア」とはさまざまな喪失と決別を経験した人が、失ったひと・もの・ことを思い起こし、感謝し、別れを十分に嘆き、それを大切に憶え続ける心の準備をするために、ケア者が心を向け、寄り添い、ありのままを受け入れて、その方々が自立し、成長し、希望を持つことができるように支援することです。この資格を取得し、葬儀のサポートだけでなくご遺族の気持ちに寄り添ったケアを行えるようになりたいと考えています。


皆さんへのメッセージ

人生の最後の儀式をサポートするという特殊な仕事ではありますが、葬儀を無事に終え、最後にご遺族の方から感謝の言葉をいただいた時が何よりもやりがいを感じます。この仕事だから色々な価値観を持つようになり、成長できたと思っております。皆様と一緒に働ける日をお待ちしております。


トップへ

  1. トップ
  2. ユウベルグループの先輩情報