最終更新日:2023/12/5

ヒラオカ石油(株)・三和エナジー(株)[グループ募集]

業種

  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 石油
  • 環境・リサイクル
  • ガス・エネルギー
  • 電力

基本情報

本社
神奈川県、大阪府
資本金
1億4000万円
売上高
520億円(2022年実績)
従業員
660名(2023年6月1日現在)

自然災害から企業を守る「EESS事業」×環境問題から地球を守る「バイオ燃料」~燃料配送事業のシェア国内トップの総合エネルギー企業~

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
化石燃料の代替として期待される「バイオ燃料」。私たちは環境問題から地球を守るため日々挑戦します!
PHOTO
新卒社員も活躍してます!入社後はそれぞれの部署で活躍していますが、部署の垣根を越え、協力して仕事をすることも多々あります!

「日本の有事は私たちが守る!」が合言葉/安定した経営基盤を武器に事業拡大中

PHOTO

災害時のインフラを守っているという強い使命感を持ち、事業を推し進めて行きます。

■燃料配送事業で日本一!
関西トップシェアのヒラオカ石油、関東トップシェアの三和エナジーが手を組んだことで、全国トップの燃料備蓄タンク、タンクローリーの数を有し、盤石の基盤を築いています。
今後も積極的なM&Aにより更にシェアを拡大し、業界のベンチ―マークとして業界を牽引していきます。

当社が主に扱うのは産業用燃料で、顧客からの注文に応じ、建設用重機やボイラーなど直接ガソリンスタンドに燃料を入れに行くことができない給油対象物に燃料を供給する「燃料配送事業」を事業の柱としています。

2021年に開催された国際的スポーツでも燃料供給を行ってきましたが、2025年に開催される大阪・関西万博でも当社は重要な役割を担います。私たちがいなければ開催が遅れる、なんてこともあり得るかもしれません。

産業用燃料は自動車に使われるガソリンとは異なり、今後も需要が減少する可能性は低いと言われています。近年ではこの確固たる基盤と強みを背景に、石油にとらわれない多くの新規事業へ挑戦しています。
決して守りには入らず今後も攻めの経営を続けていきます!

■日本の有事は私たちが守る!
東日本大震災以降、災害時の復旧に時間のかかる電力の代わりとして、自家発電の燃料となる『石油』の価値が見直されています。

そこで災害時にも取引先企業の活動を止めないために私たちが行うのが「EESS事業」です。これにより被災地ですぐに必要となる通信設備や銀行、病院等人々の生活を支えるライフラインを守っています。

地震等の災害により停電が起こり、通信設備が使えなくなってしまえば誰とも連絡がとれません。各地の指揮をとる自治体も機能がストップしてしまえば更なる混乱が生じます。もちろんそれぞれ非常用電源を設置して備えていますが、それを稼働するために必要な燃料が軽油や重油なのです。

私たちは燃料・車両・人員の全てを自社グループ内で保有しているため、災害時の急な出動要請にも燃料・配送・指揮を一元化して、最優先で契約先設備へ燃料を供給し被災地を守ることができます!

さらに、被災地の社会インフラ企業やデータセンターなどの事業が停止すると、被災地以外の地域の企業活動への影響が及びますが、私たちはそのような事態を未然に防ぐことで社会に貢献しています。

自然災害の多い日本で、災害を最小限に抑えるために私たちの事業は注目を集めています。

会社データ

事業内容
私たちは、震災や暴風・豪雨…“もしも”の災害が起こった際、企業が安定して事業を続けられるようエネルギー供給を行うほか、Adblueの製造・販売などのSDGsに取り組んでいます。
また、化石燃料から合成燃料への転換により需要が高まる“バイオ燃料”の製造販売事業にも着手しており、今後もお客様の信頼にお応えする“次世代エネルギーカンパニー”として、企業、そして人々の生活を支え、持続可能な社会の実現を目指します。

~事業内容詳細~
■EESS事業
台風、地震、豪雨、雪害など「災害大国」日本。EESS事業は、このような災害時でも事業を継続させるため、全国に拡がる独自供給ネットワークで非常用発電設備の燃料供給不安を解消し、災害時サポートを行っています。

■緊急時給水事業
重要なライフラインである水は、災害の都度大きな断水被害を受けています。緊急時給水事業はこのような状況下でも、全国に拡がる独自供給ネットワークで、施設内の空調を冷却するための雑用水や、災害指定病院の透析患者などの病理水の供給不安を解消し、災害時サポートを行っています。

■燃料配送事業
創業以来、長きにわたり実績を積み上げてきたパトロール給油。燃料配送事業者として全国最大規模を誇る、ヒラオカ石油・三和エナジーの中心事業です。

■バイオ燃料製造・販売事業
サラダ油などの廃食油から精製されるバイオ燃料は、環境にやさしい新しいクリーンエネルギーです。エネルギーのこれからに欠かせない「バイオ燃料」を、当社は業界に先駆け製造・販売を行っていきます。

■AdBlue製造販売
■危険物施設定期点検事業
■ライニング事業
■油槽所事業
■ソーラー発電事業
■ロカクリーン事業
■ガソリンスタンド
■LPガスの販売・保守事業
■バイオ事業
大阪本社郵便番号 596-0015
大阪本社所在地 大阪府和泉市府中町1-1-6 アルベロビルディング2階
大阪本社電話番号 072-438-8800
横浜本社郵便番号 222-0033
横浜本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-15 新横浜センタービル5階
横浜本社電話番号 045-330-0838
創業 ヒラオカ石油:1960年 三和エナジー:1967年
設立 ヒラオカ石油:1987年 三和エナジー:1967年
資本金 1億4000万円
従業員 660名(2023年6月1日現在)
売上高 520億円(2022年実績)
平均年齢 38歳
事業所 【本社】
大阪本社(大阪府岸和田市)

横浜本社(神奈川県横浜市)

【本社事務所】
和泉府中オフィス(大阪府和泉市)

横浜本社事務所(神奈川県横浜市)

【営業所】 大田デリバリーセンター(東京都大田区)

墨田デリバリーセンター(東京都墨田区)

江戸川デリバリーセンター(東京都江戸川区)

東久留米デリバリーセンター(東京都東久留米市)

武蔵村山デリバリーセンター(東京都武蔵村山市)

横浜デリバリーセンター(神奈川県横浜市)

福浦デリバリーセンター(神奈川県横浜市)

相模原デリバリーセンター(神奈川県相模原市)

平塚デリバリーセンター(神奈川県平塚市)

八街デリバリーセンター(千葉県八街市)

成田デリバリーセンター(千葉県成田市)

柏デリバリーセンター(千葉県柏市)

上尾デリバリーセンター(埼玉県上尾市)
事業所2 川口デリバリーセンター(埼玉県川口市)

八潮デリバリーセンター(埼玉県八潮市)

戸田デリバリーセンター(埼玉県戸田市)

杉戸デリバリーセンター(埼玉県北葛飾郡)

宇都宮デリバリーセンター(栃木県宇都宮市)

水海道デリバリーセンター(茨城県常総市)

笠間デリバリーセンター(茨城県笠間市)

名古屋デリバリーセンター(愛知県名古屋市)

岸和田デリバリーセンター(大阪府岸和田市)

真上デリバリーセンター(大阪府岸和田市)

平尾デリバリーセンター(大阪府大阪市)

桜島デリバリーセンター(大阪府大阪市)

東大阪デリバリーセンター(大阪府東大阪市)

守口デリバリーセンター(大阪府守口市)

摂津デリバリーセンター(大阪府摂津市)

京都デリバリーセンター(京都府京都市)

神戸デリバリーセンター(兵庫県神戸市)

姫路デリバリーセンター(兵庫県姫路市)

湖南デリバリーセンター(滋賀県湖南市)

仙台デリバリーセンター(宮城県宮城郡)

郡山デリバリセンター(福島県郡山市)

いわきデリバリーセンター(福島県いわき市)

【油槽所】
岸和田油槽所(大阪府岸和田市) 平尾油槽所 (大阪府大阪市)
桜島油槽所(大阪府大阪市)
柏油槽所(千葉県柏市)

【給油所】
豊中少路給油所(大阪府豊中市)
栗東給油所(滋賀県湖南市)
甲西給油所(滋賀県湖南市)
勤務地 【ヒラオカ石油】
大阪(岸和田市、和泉市)

【三和エナジー】
神奈川(横浜市)
募集会社1 ヒラオカ石油株式会社
【本社】大阪府和泉市府中町1-1-6 アルベロビルディング2階
【設立】1987年
【事業内容】燃料配送事業、EESS事業、ロカクリーン事業、AdBlue製造販売事業、危険物施設定期点検事業、ガソリンスタンド事業
【従業員】193名 (2023年4月時点)
【資本金】5,000万円
【売上高】198億円(2022年実績)
【事業所】大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知
募集会社2 三和エナジー株式会社
【本社】神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-15 新横浜センタービル5階
【設立】1967年
【事業内容】燃料配送事業、EESS事業、ロカクリーン事業、コンボルトタンク販売・施工、建設業、バイオ燃料製造販売事業
【従業員】365名(2023年4月時点)
【資本金】9,000万円
【売上高】171億円(2022年実績)
【事業所】東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、山梨、岩手、宮城、福島

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 14名 18名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 5名 9名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.3%
      (113名中6名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
<内定者研修>
社会人生活に必要なビジネスマナー、PCスキルなどを対面やオンラインセミナーで学んでいただけます。

<新入社員研修>
石油業界で働く上で必要な基礎知識や、社会人生活をより良いものにするための心構えを学んでいただけます。配属までの不安や悩みを解消するためのフォローアップもしっかり行います。

<配送研修>
営業研修を実施する前に、お客様と一番密接に関わるドライバーの仕事を経験していただけます。

<営業研修>
営業の先輩社員とともに一緒に仕事を覚えていただきます。一人前の営業になれるように丁寧にフォローいたします。

<海外研修>
将来期待される役職者、一般社員を対象にアメリカやハワイで海外研修を行います。

※各社共通
自己啓発支援制度 制度あり
・中型運転免許、危険物試験、運行管理者試験など業務に必要な資格試験の費用を実費支給
・資格に応じた手当を毎月支給

※各社共通
メンター制度 制度あり
2021年度より新卒採用スタートに際し、導入

※各社共通
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 1 6 7
    2022年 11 19 30
    2021年 3 4 7
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 7
    2022年 30
    2021年 7

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
東京外国語大学、青山学院大学、亜細亜大学、國學院大學、駒澤大学、白百合女子大学、専修大学、大東文化大学、東京女子大学、東洋大学、フェリス女学院大学、法政大学、武蔵大学、明治学院大学、愛知学院大学、大阪市立大学、京都大学、島根大学、大阪経済大学、関西外国語大学、関西大学、関西学院大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都女子大学、近畿大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸女学院大学、神戸女子大学、同志社大学、立命館大学

前年度の採用実績(人数) 2021年:7名入社
2022年:30名入社
2023年:7名入社

取材情報

異なるアプローチで、エネルギーの新たな可能性を拓く
変革に向け躍進する若手のポリシーとは
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2024に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2025年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ヒラオカ石油(株)・三和エナジー(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
ヒラオカ石油(株)・三和エナジー(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. ヒラオカ石油(株)・三和エナジー(株)の会社概要