最終更新日:2024/2/13

(株)日経イベント・プロ

  • 正社員

業種

  • イベント・興行
  • 空間デザイン・ディスプレイ
  • 専門コンサルティング
  • 広告

基本情報

本社
東京都
資本金
5,000万円
売上高
33億円(2022年12月)
従業員
77名(2023年12月31日現在)
募集人数
1~5名

3月1日に公開予定の内容であり、内容は変更の可能性があります

「日経」だから創れるイベントの未来がある

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
リアルとオンラインで開かれる大型展示会からセミナーまで多彩な催しを運営で支える。持続可能な社会の実現を目指す環境総合展の先駆けとなった「エコプロ」もその1つだ。
PHOTO
出展効果を高めるブースデザイン、演出、ツール制作から会場での施工・運営まで一手に引き受ける。(「エコプロ2023」の環境省ブース)

日経グループのコンテンツ力や発信力を生かす顧客創造が強みのイベント会社です

PHOTO

セミナー開催当日。会場では、開演の3時間以上前から設営準備が始まり、担当する社員は最後の準備・確認作業にあたる。気の抜けない時間だ。

■数日しかない開催日の重さ 成功した達成感が一番のやりがいに
 世の中には様々なイベントがありますが、その中でも「展示会」というものをご存じでしょうか?展示会とは企業や団体が、自社の商品・サービス・情報などを展示し、それらを必要とする人たちとマッチングさせ、コミュニケーションを創出させるためのイベントです。もちろん来場対象にもよりますが、BtoB/BtoCいずれであっても、出展者と来場者の間になんらかの交流、コミュニケーションを創出する場であることには変わりありません。
 私の仕事は、主にこうした展示会の運営や企画です。たった数日しかない開催日本番を、滞りなく成功させるために日々奮闘しています。よく「イベントは準備が8割」と言われていますが、私が担当する展示会の中には1年かけて準備をするものもあります。1年先のイベントに向け仕事をしていると、時々ゴールを見失いそうになることもありますが、イベントが成功した時にはとても大きな達成感を得ることができます。これがこの仕事の一番のやりがいではないかと思います。
(イベントプロデュース1部 女性/2023年入社)

■クライアントの喜びと「ありがとう」の言葉を励みに何度も挑戦
 私の所属しているカンファレンス1部は、プライベートセミナーやシンポジウムなどのセミナー企画から運営まで幅広く行っている部署です。クライアントのみならず、ご講演者や来場される方々にとって満足のいく催事を目指し、会場選定から当日のスケジュール調整等を提案しながらクライアントと共に内容を決めていくので、1カ月から2カ月かけて1つの案件に取り組んでいます。
 その中で、私が担当しているのは、会場との事前やり取りや外部の専門会社へのスタッフ手配など主担当者がなかなか手の届かないところのフォローです。
 仕事を進める上で主に考えていることは、どうしたらクライアントが喜んでくれるか、相手の求める結果が出せるかなどを「イメージ」することです。ちょっとしたことでも相手に「ありがとう」と言ってもらえる、それが今の私のやりがいです。1カ月に何度も催事があるため、何度もチャレンジして成長していくことができます。温かい先輩方に支えられながら仕事をしています。
(カンファレンス1部 男性/2023年入社)

会社データ

事業内容
1.多数の実績に裏打ちされた最適なイベント運営
日経グループなどが主催する年間約1,600件のイベント運営実績に裏打ちされたノウハウで、それぞれのイベントに最も適した運営を行います。

2.日経グループのリソースを活用したコンテンツ提案
日経グループの編集力やデータを活用して、セミナーの企画や講師、展示企画など、最適なコンテンツを提案します。

3.日経グループのメディアやデータベースを活用した広報活動
情報発信力の高い日経グループのメディアや日経IDなどの独自のデータベースを活用して、最適な来場者を集客する広報活動を行います。

4.来場者・出展者にやさしいイベント管理・運営システム
日経グループが開発するイベント管理・運営システムを活用して、来場者には
ストレスフリーなチェックインを実現。出展者には来場予定者への展示内容情報の事前提供や、事後の迅速な結果報告を行います。

【日経イベント・プロの強み】
■1つの展示会の空間デザイン、展示装飾からセミナーの企画・運営、事務局業務、広報・PR業務まで、リアルとオンラインに対応して、1社であらゆる業務をお引き受けできるワンストップのサービスが特徴です。

■日本経済新聞社などのグループ力を結集。媒体を活用した情報発信力(集客力)、豊富な人脈を基盤にした講師調達力、経済や産業、国際情勢など鋭い分析に裏打ちされたコンテンツ創出力(企画提案力)、それらを組み合わせた課題解決力に自信があります。

■社員ひとりひとりが人の喜びを自分の喜びとする心をもち、常に、誠実に取り組み、次の仕事も任される。それが私たちの誇りです。
本社郵便番号 101-0041
本社所在地 東京都千代田区神田須田町1丁目25番 JR神田万世橋ビル16階
本社電話番号 03-6812-8753
設立 2018年10月1日
資本金 5,000万円
従業員 77名(2023年12月31日現在)
売上高 33億円(2022年12月)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 3.7年
    2023年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2023年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2023年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 28.6%
      (7名中2名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
■内定者研修(入社するまでの間に社会人としての基本的な研修を行います)
■集合型新入社員研修(他社の新入社員と交流し視野を広げると共に、仕事に対する考え方やビジネスマナーを学びます)
■入社後OJT(先輩社員に同行しながら、現場での仕事を実体験してもらいます)
■集合型入社1年次研修(1年間を振り返り、2年目社員として求められる姿勢・仕事の取り組み方を学びます)
メンター制度 制度あり
各新入社員に対して一人ずつサポートする体制があります。
困ったことがあったときや相談したい時には気兼ねなく相談することができます。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
國學院大學
<大学>
青山学院大学、跡見学園女子大学、大阪芸術大学、共立女子大学、慶應義塾大学、國學院大學、淑徳大学、佐賀大学、城西大学、成蹊大学、多摩美術大学、中央大学、東海大学、同志社大学、日本大学、日本女子大学、法政大学、武蔵大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、横浜市立大学、早稲田大学

採用実績(人数) 2018年 2名
2019年  -
2020年  -
2021年  -
2022年  -
2023年 2名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 0 0 0
    2023年 1 1 2
    2022年 0 0 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2024年 0
    2023年 2
    2022年 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2024年 0
    2023年 0
    2022年 0

取材情報

最先端技術の展示会や国際シンポジウムなどをプロデュース!
日経グループのイベントプロデュース会社
PHOTO
(株)日経イベント・プロと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)日経イベント・プロを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
(株)日経イベント・プロと特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)日経イベント・プロの会社概要