最終更新日:2024/4/18

(株)アイ・グリッド・ソリューションズ

  • 正社員

業種

  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • ガス・エネルギー
  • 商社(電子・電気機器・OA機器)
  • 専門コンサルティング
  • 電力

基本情報

本社
東京都
資本金
65億3,000万円(2024年1月時点)
売上高
約229億円(2023年6月期)
従業員
約120名(2024年1月時点)
募集人数
1~5名

【年間休日123日以上×東京勤務のみ】日本初GXユニコーン選出!自然を傷つけない"屋根上の太陽光発電所"は国内トップシェア!環境課題解決に取り組む成長企業です!

【4~5月開催】WEB会社説明会の日程を追加しました!WEB|営業|年間休日123日以上×東京勤務のみ (2024/04/18更新)

PHOTO

【4~5月開催】WEB会社説明会の日程を追加しました!

◆会社説明会(※約60分)
・アイ・グリッドについて
・入社後担って頂くミッション
・待遇や働き方など
・Q&A
・アンケートのご回答

※状況により変更になる可能性もございますこと、予めご了承ください。


「GXユニコーン」とは・・・?

NIKKEI GXは脱炭素分野で急成長する世界の有力スタートアップを
「GX Unicorn」としてリスト化しています。
温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするには、
幅広い分野でイノベーションを実現させる必要があり、
しがらみのない自由な発想で新技術に取り組むスタートアップは重要な担い手です。
企業価値10億ドル以上の「ユニコーン」やその有力候補の企業のこと!


「環境大臣賞受賞」ってすごいの・・・?
環境省の、地球温暖化対策を推進するための一環として、
毎年、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は企業に対し、
その功績をたたえるため、地球温暖化防止活動環境大臣表彰のこと!


こんな方からのご応募をお待ちしています!

>仕事・キャリア軸
#スピード感をもって働き、成長したい
#地域活性につながる仕事がしたい
#早い年次からスケールの大きな仕事がしたい

>事業軸
#社会性の高い事業に取り組みたい
#脱炭素社会に向けて仕事を通して貢献したい
#持続可能な社会の実現に取り組みたい
#環境問題、SDGsやカーボンニュートラルに興味がある

参加枠には限りがありますので、少しでも気になった方や
脱炭素に関わる仕事って何だろう?
という方もご予約をお待ちしています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
年次やキャリアにかかわらず仕事を任せてもらえる会社なので、若手がどんどん成長を遂げられる環境で働けます!
PHOTO
新卒メンバーが主体となって会議を運営する場面も多数あります。

会社データ

プロフィール

■社長メッセージ
東日本大震災をきっかけに日本のエネルギーを取り巻く環境は大きく変わりました。近年は気候変動問題の深刻化を受け、再生可能エネルギーへの成長期待がより一層高まっていると共に、頻発・甚大化する地震や台風等に対し、災害に強い電力ネットワークへの見直しも議論されています。再エネ比率をさらに高める上では、FIT(固定価格買取制度)を活用した旧来の導入方式だけでは送配電網への負担が大きく十分ではありません。より需要家に近い場所に電源を多数設置しネットワーク化することで、ひとつの大きな発電所とみなして運用するVPPの推進が欠かせないと考えています。VPPは、旧来の送配電ネットワークを補完する第2の電力プラットフォームとも言えます。

アイ・グリッドは、自ら需要家施設に保有する太陽光発電所をネットワーク化し、FITと旧来の送配電ネットワークを用いずに直接電力を供給するオフグリッド電力供給を他社に先んじて開始しています。オフグリッド電力供給は、施設内での電力利用に留まらず、この先、蓄電やEV給電といったソリューションを組み合わせることで、余った電力を有効活用し余剰電力を出さない太陽光発電を推進していきます。
今年、スーパーマーケット等の来店客に電力を供給するEV充電ステーション「SOLA」のサービスをスタートさせました。「SOLA」は、EVを走らせる電力が「何でつくられた電力であるか」という所までを突き詰め、CO2排出量の削減に取り組む想いで始めた新サービスです。将来的には、クリーンエネルギーで走るEVで地域社会を繋ぐモビリティサービスへと発展させていきたいと考えています。

アイ・グリッドは幾度となく訪れた試練と外部環境の変化に揉まれる中で、旧来のコスト削減としての「省エネ」から、環境問題やBCP(事業継続計画)にも対応する「適エネ」へと事業の変化を遂げてきました。気候変動・災害リスク増大・電化はグローバルな課題です。VPPをはじめ、国内で培った技術を応用することで、国外の無電化地域への展開も視野に入れ、さらなる成長を目指していきます。
アイ・グリッドはアイデアやテクノロジーの力で明日の活力を生み出す「New Energy Partner」です。SDGsの達成に向かいながらお客様と共に成長し、パートナーシップによって持続可能なエネルギー社会を実現することを本気で目指しています。

代表取締役社長
秋田 智一

事業内容
アイ・グリッド・ソリューションズでは、現在下記の2事業に取り組んでいます。

●GXソリューション事業
企業や地域の脱炭素化(GX:グリーントランスフォーメーション)に向けて、様々なサービスを提供しています。
中心となるのは、CO2をほとんど排出することなく発電できる太陽光発電事業(PPA)。商業施設や物流施設の屋根上に太陽光発電所を設置しているため、自然を傷つけることなく再エネ電力を増やしているのが特徴です。
また、社内で蓄積したビッグデータをもとにAIで省エネ行動をアドバイスするシステムや、空調の自動制御システムを提供し、企業の脱炭素化をサポートしています。
これらのサービスと蓄電池やEVなどを組み合わせることで、再生可能エネルギー100%の施設運営を可能とし、環境に優しく、自然災害に強い次世代施設(GXストア)を構築しています。
次世代型の施設を地域ごとに増やしていくことで、グリーンエネルギーがめぐる地域“GX City”の実現を目指します。

●パワーサプライ事業(電力供給事業)
スーパーマーケットや不動産会社など多種多様な企業との販売パートナーシップによって法人および家庭向けに電力ブランド「スマ電CO2ゼロ」を展開しています。PPA事業を手がけるグループ企業のVPP Japanが運営する太陽光発電所で生み出された再生可能エネルギーや非化石証書を組み合わせることで、再生可能エネルギー比率100%かつCO2排出量ゼロの電気の供給を実質的に実現しています。

PHOTO

国内トップシェアを誇る屋根上の太陽光発電所(オンサイトPPA)は、2023年末で設置数が800カ所を超えました!

本社郵便番号 102-0083
本社所在地 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル
本社電話番号 エントリーされた方のみにご案内しております
設立 2004年2月
資本金 65億3,000万円(2024年1月時点)
従業員 約120名(2024年1月時点)
売上高 約229億円(2023年6月期)
事業所 東京本社
中部支社
関西支社
九州支社
主要株主 伊藤忠商事(株)
関西電力(株)
THE FUND投資事業有限責任組合
グループ会社 株式会社VPP Japan
株式会社アイ・グリッド・ラボ

沿革
  • 2004年2月
    • コスト削減に関するソリューション提供を目的に(株)コスト削減総合研究所を設立
  • 2005年4月
    • 関西支社 開設(大阪市)
  • 2005年5月
    • エネルギーマネジメントシステム『見えタロー(R)』サービス開始
  • 2008年7月
    • 北海道支社 開設(札幌市)
  • 2008年9月
    • (株)環境経営戦略総研に商号変更
  • 2011年9月
    • 東京都より「特定建設業」としての登録を受け(東京都知事許可 第137305号)太陽光発電事業開始
  • 2013年12月
    • 経済産業省資源エネルギー庁より、「特定規模電気事業者(PPS)」として認証を受ける
  • 2014年8月
    • 電力供給サービス開始
  • 2015年11月
    • (株)アイ・グリッド・ソリューションズに商号変更
      「小売電気事業者」(経済産業省資源エネルギー庁)登録
  • 2016年
    • スーパーマーケットで買える電気『スマ電(R)』の販売開始
  • 2017年6月
    • (株) VPP Japan(現・連結子会社)設立
      (株) VPP JapanにてPPA(第3者保有)モデルによるオフグリッド(完全自家消費太陽光)電力供給事業開始
  • 2018年1月
    • 中部(愛知県名古屋市)・九州(福岡県福岡市)支社開設
  • 2018年5月
    • エネルギーマネジメントシステム『エナッジ(R)』の販売開始
  • 2019年6月
    • 空調自動制御システム『エナッジAiR(R)』の販売開始
  • 2020年2月
    • (株) VPP Japan、事業資金100億円を調達
  • 2020年7月
    • (株)アイ・グリッド・ラボ 設立
  • 2021年1月
    • 「仮想発電所デジタル推進プロジェクト」発足
      CO2排出量実質ゼロの電気『スマ電CO2ゼロ』の販売開始
  • 2023年2月
    • 株式会社 VPP Japan、事業資金103億円を調達
      PPAアライアンス事業を開始

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 30時間
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 3名 4名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 3名 4名
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新卒研修・営業研修・必要に応じてセミナーへの参加など
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得支援規定…業務に必要な資格の受験費用を補助
メンター制度 制度あり
メンター面談を1年間実施します。
違う部署の先輩社員にメンターになってもらうので相談しやすい体制を整えています。

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
東京大学、中央大学、日本大学、城西国際大学、東京女子大学、帝京大学、明星大学、大阪工業大学、鳥取大学、文京学院大学、京都産業大学

採用実績(人数) 2018年   4名
2019年   2名
2020年   2名
2021年   3名
2022年   4名
2023年   2名   
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 2 1 3
    2022年 2 2 4
    2023年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2021年 3
    2022年 4
    2023年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2022年 0
    2023年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp248418/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)アイ・グリッド・ソリューションズと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)アイ・グリッド・ソリューションズを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)アイ・グリッド・ソリューションズの会社概要