最終更新日:2024/6/18

(株)ホロン【A&Dホロンホールディングスグループ】

  • 正社員

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器
  • 重電・産業用電気機器
  • 機械
  • 機械設計

基本情報

本社
東京都
資本金
1,764百万円(2023年3月末現在)
売上高
4,908百万円(2023年3月期)
従業員
53名(2023年3月末現在)
募集人数
1~5名

【業界シェアトップクラス】ナノメートルを測定する技術で半導体の発展に貢献する検査装置メーカー。

採用担当者からの伝言板【会社紹介動画公開中】 (2024/03/12更新)

PHOTO

--------------------------------------------------------------
https://www.youtube.com/watch?v=IuW5n8LBE0s
--------------------------------------------------------------

こんにちは!
株式会社ホロン採用担当です。

今回は当社ページをご覧になって頂きありがとうございます。
当社では随時説明会を行っておりますので、お気軽にご参加頂ければと思います。

従業員一同、皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2年前に竣工した新社屋。社員で意見を出し合い、職場レイアウトや食堂などが使いやすいように整備されている。少数精鋭で社員の意見に柔軟に対応できるのが大きな魅力。
PHOTO
世界中の半導体製造メーカーの信頼を得ている当社。先端半導体の需要が高まる中、高い精度と安定性を誇る製品により、大きな成長が見込まれる半導体業界に貢献します。

半導体製造に欠かせない検査・測定装置の開発が魅力

PHOTO

目覚ましいスピードで進化する半導体技術。当社では若手社員が精力的に研究開発を行っており、CD-SEM装置の高機能化を実現している。

■当社は、半導体製造に不可欠な回路原盤(フォトマスク)が、設計通りに正しく作られているかを検査・測定する装置(CD-SEM)を主力製品としています。私が担当しているのは、CD-SEMの構成要素の一つである電子顕微鏡の研究開発です。

具体的には、既存品よりも精度の高い測定を安定して行える次世代機を開発するために、試作機を用いた実験や解析を行っています。目標とする性能を達成するためには、例えば周囲から伝わってくる振動や電気ノイズが顕微鏡像に与える影響を小さくするなど、様々なハードルがあります。問題を発見し解決するには試行錯誤を重ねる必要がありますが、自分のアイデアを試して上手く解決できたときは、やはりやりがいを感じます。

当社では、部署に関係なく情報を共有し、協力し合って新しいものを開発しようという雰囲気があるため、「自らの技術で世の中を便利にしたい」「新しいものを生み出したい」という意欲のある人にはぴったりの環境だと思います。
(新技術事業部/2023年入社)

■私はCD-SEMの設計開発を行っており、フォトマスクを検査・測定する前段階でのフォトマスクの姿勢(角度・位置)を整え装置本体に運ぶ搬送系の機械設計を担当しています。

ナノレベルで検査・測定をする検査装置。近年半導体の微細化が進むことで新たに対応すべき課題も出てきます。フォトマスクを搬送するといってもミクロンレベルの精度が求められます。その他にも、目に見えないような小さなゴミがフォトマスクに付着しないよう材料や構造を工夫したり、電子ビームの測定精度に悪影響を及ぼさないよう振動にも気をつけたりと考えることはたくさんあります。

現在はこれを実現するために、機構を考案し3D CADで設計、試作の評価など日々試行錯誤しながら装置化に向けて開発を進めています。求められるものは難しいですが、先輩や上司からもアドバイスをいただけますし、この仕事が自分の成長に繋がっていると感じています。そして今後製品として形になったときには、大きな達成感を得られるものと確信しています。
(新技術事業部/2022年入社)

※SEMは走査型電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope)です。電子ビームを試料表面に当てて、試料から飛び出してくる二次電子を検出して試料を観察します。CD(Critical Dimension:寸法測定)-SEMは、SEM技術を応用してパターンの寸法測定を行う装置です。

会社データ

プロフィール

当社では、小型化及び高機能・高性能化が進むパソコンやスマートフォン、
デジタル家電などの機器に不可欠な半導体の回路原版(フォトマスク)が、
設計通りに正しく作られているかを検査・測定するCD-SEMを主力製品としています。
また、近年はEUVリソグラフィを用いた最先端半導体の製造においても
当社の分析SEMが不可欠な装置となってきています。

当社は、急速な進化をつづける半導体およびナノテクノロジー産業の一翼を担うべく、
研究開発方針、製造・販売、保守・メンテナンスの連携を強化し、最適なサービスを提供してまいります。

事業内容
半導体回路の寸法測定装置および検査装置の開発、製造、販売、保守サービス


#東証プライム上場 #働きやすさ #転勤なし #フレックスタイム
#社会貢献 #ものづくり #海外 #トップクラス #フォトマスク
#理系 #電気 #機械 #ソフト #開発 #設計 #WEBセミナー
本社郵便番号 190-0032
本社所在地 東京都立川市上砂町5丁目40番地の1
本社電話番号 042-537-7990
設立 1985年5月
資本金 1,764百万円(2023年3月末現在)
従業員 53名(2023年3月末現在)
売上高 4,908百万円(2023年3月期)
事業所 韓国(HOLON CO.,LTD. Korea Branch)
台湾(HOLON CO.,LTD. Taiwan Branch)
沿革
  • 1985年05月
    • 株式会社ホロンを設立
  • 1986年10月
    • 電子ビーム微小寸法測定装置(ESPA-11)を開発・発表
  • 2005年02月
    • JASDAQ上場
  • 2010年11月
    • EMUシリーズをモデルチェンジし、Z7を発表
  • 2013年11月
    • EDS分析のLEXa-7を発表
  • 2017年01月
    • デバイス用マスクCD-SEM をモデルチェンジし、ZXを発表・販売開始
  • 2017年01月
    • フォトマスク用DR-SEMの高機能版 LEXa-10 HRを発表
  • 2018年06月
    • 株式会社エー・アンド・デイの連結子会社となる
  • 2021年07月
    • 本社工場を埼玉県所沢市から東京都立川市に移転
  • 2022年04月
    • 株式会社エー・アンド・デイと経営統合
      株式会社A&Dホロンホールディングス(プライム市場上場)
      の直接出資会社となる
  • 2023年10月
    • 台湾支店を開設

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.3時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.5日
    2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修
OJT研修等
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育制度(在籍期間内に修了した場合補助あり)

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
九州大学、大阪府立大学

採用実績(人数)      2022年 2023年 2024年
-------------------------------------------------
大卒   0名   1名    1名
短大卒  0名   0名    0名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 1 0 1
    2023年 1 0 1
    2022年 0 0 0
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2024年 1
    2023年 1
    2022年 0
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2024年 0
    2023年 0
    2022年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp275143/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)ホロン【A&Dホロンホールディングスグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ホロン【A&Dホロンホールディングスグループ】と特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ホロン【A&Dホロンホールディングスグループ】の会社概要