最終更新日:2024/4/18

社会福祉法人新潟市中央福祉会

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
新潟県
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
売上高
7億7748万円(2023年3月)
従業員
127名(2024年1月現在)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

「ともに成長する」をキーコンセプトに 職員待遇・人材育成・新事業展開中! 知的障がいのある方の「働きたい」・「暮らしたい」を全力で支援します/年間休日125日~

2024年度より生活介護事業所を拡大!!! (2024/04/01更新)

PHOTO

私たち法人に興味を持っていただき、ありがとうございます。

2024年度から大山台ゆうが藤見町に移転し、「ゆう・ふじみ」として再スタートします!
広々とした施設で、様々な特性に合わせた支援を提供するために絶賛準備中です。

☆採用募集受付開始☆
2025年度採用募集受付を開始いたしました。
応募方法等の詳細についてはホームページをご覧ください。

☆施設見学会随時開催☆
施設見学会を開催します。
少しでも興味を持っていただけたらお気軽にご連絡ください!

HP:https://www.n-chuuoh-fukushi.or.jp

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
職員全体での障害者虐待防止についての研修を行いました。多様な事例に対してとるべき行動や悩みをグループに分かれて話し合い、理解を深めています。
PHOTO
様々な外部研修を受講し、それを職場内で実践することで職員のスキルアップにつなげ、また研修で得た内容を職員間で共有することで組織全体の底上げができます。

「ともに成長する新潟市中央福祉会」職員・事業所ともに、着実に成果が出ています

PHOTO

「ともに成長」を掲げた翌年、国家試験に全員合格!資格取得表彰式での1枚。チャレンジした職員の勇気と努力、事業所ではシフト調整などみんなの協力に、敬意を表します!

私たちは、法人が将来目指す方向性を明確にするために、2019年度に職員全員を対象とした『職員の現状認識と夢スケッチのための調査』及び各事業所でのワークショップ『職員からの提案』を実施し、『新潟市中央福祉会4ヵ年経営計画』を策定しました。その4ヵ年経営計画のうちの一つである「ともに成長する新潟市中央福祉会」というキーコンセプトに基づき、人材育成計画を充実させるために以下のような取り組みを行っております。

■資格取得報奨制度
私たちの法人は障がいをもつ利用者の“働く・暮らす”を支えることが目的であり、この仕事をする上で福祉の知識を持つ職員はなくてはならない存在です。社会人になっても学ぶ姿勢を忘れず、資格取得を目指す職員を応援するべく、「資格取得報奨制度」を設けました。在職中に社会福祉士、介護福祉士の国家資格に合格した場合、5万円の奨励金を贈呈しており、さらに毎月5千円の資格手当が支払われます。

■自己分析および面談の実施
職員の質の向上を目指し、専門性と豊かな人間性を追求することを目的に、法人独自の目標管理制度を導入し、職種や年代、役職ごとに職務内容や求める人材を具体化した「ともに成長シート」を作成しました。このシートを基に、年2回の自己評価および上司との面談を行い、自身が今どの立場で何を求められているのかを定期的に確認することができます。

■研修制度・計画の策定
人材育成を行うにあたり、もちろん外部の研修や他法人との意見交換も重要になってきます。毎年、職員毎に研修計画を立て、その計画を基に各機関が主催する県内・外の研修に参加してもらいます。また、外部講師を招いて法人職員合同研修会を開催しており、職員全体で学ぶ機会も設けております。

こういった取り組みに力を入れ、職員がより成長し、組織全体の底上げができる環境を整えてきました。この制度を開始してから、新たに社会福祉士3名、介護福祉士9名と多くの職員が国家資格に合格し、また、職員一人ひとりが今やるべきこと、今後のキャリアを明確にし、モチベーションアップにも繋がっております。
ですが私たちはまだまだ成長し続けます。今後、私たちと“ともに成長”する方とお会いできることを楽しみにお待ちしております。

会社データ

プロフィール

【法人基本理念】
住みなれた町で 働くこと 暮らすことを支援します
誰もが暮らしやすい社会を目指します

私ども法人は昭和52年に利用者3名の作業所を開設したところから始まり、平成7年に法人化し、現在は中央区および東区に通所施設を6施設、入所施設を8施設まで事業を広げてまいりました。
利用者定員も274名まで増え、多くの利用者の日中支援および夜間サービスの提供を行っております。

本会は主に知的障がいを持つ利用者を支援しております。障害区分は様々で、利用者本人やご家族の意向に寄り添いながら提供するサービスを決定しています。
利用者の皆様が住み慣れた地域で生活すること、働く場所を提供しサポートすることが我々の仕事です。
これらは全て法人基本理念に則り、職員一人一人が支援を必要としている皆様・地域福祉向上に貢献する想いを胸に、職員一丸となって日々取り組んでいます。

ご紹介の最後に本会ロゴマークをご紹介いたします。
・ロゴマーク内の赤い丸は、お日様が昇っている日中をイメージしています。
・ロゴマーク内の青い丸は、お日様が沈み月明かりの夜空と青い日本海、夜間をイメージしています。
最後にロゴマーク内の白い文字は“W”を表しています。これは“働くこと(WORK)”を指しております。

事業内容
障害者総合支援法
指定障害福祉サービス事業
・生活介護事業
・短期入所事業
・就労移行支援事業
・就労継続支援B型事業
・就労定着支援事業
・共同生活援助事業
指定特定相談支援事業
地域生活支援事業
本社郵便番号 951-8063
本社所在地 新潟県新潟市中央区古町通13番町5149-1
本社電話番号 025-229-2140
創業 1995(平成7)年
設立 1995年10月25日
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
従業員 127名(2024年1月現在)
売上高 7億7748万円(2023年3月)
事業所 ワークセンター日和山(多機能型) 就労継続支援B型/生活介護
ワークセンターふじみ 就労継続支援B型
就労センター白山浦(多機能型) 就労継続支援B型/就労移行/就労定着
ワークセンターひがし 就労継続支援B型
ワークセンターミナと 就労継続支援B型
大山台ゆう※ 生活介護
(※ 2024年4月1日 新施設に移行 名称「ゆう・ふじみ」事業は生活介護)
コーラス日和山(5事業所) 共同生活援助
コーラスミナと(2事業所) 共同生活援助
ショートステイミナと 短期入所
相談支援センターウィズ 特定相談支援
本部事務センター
業績 (2023年3月)売上高7億7748万円
(2022年3月)売上高7億4579万円
(2021年3月)売上高7億1745万円
平均年齢 全職員 49.4歳
うち正職員 39.8歳(女性39歳・男性41.6歳)
平均勤続年数 全職員 11.1年
うち正職員 14.3年(女性14.9年・男性12.9年)
沿革
  • 昭和52年10月
    • 日和山福祉作業所開設
  • 平成7年10月
    • 社会福祉法人新潟市中央福祉会設立、認可
  • 平成8年4月
    • ワークセンター日和山開設
  • 平成13年4月
    • ワークセンターふじみ開設
  • 平成14年11月
    • グループホーム(カルテット天神)運営開始
  • 平成19年1月
    • グループホーム(コーラス日和山1号館)運営開始
  • 平成20年2月
    • グループホーム(コーラスふじみ)運営開始
  • 平成20年3月
    • ワークセンター大山台(現:大山台ゆう)開設
  • 平成21年4月
    • 就労センター白山浦開設
  • 平成22年4月
    • グループホーム(コーラス大山台)運営開始
  • 平成25年1月
    • 相談支援センターウィズ開設
  • 平成25年4月
    • ワークセンターひがし開設
  • 平成28年4月
    • ワークセンター大山台から「大山台ゆう」として新設
  • 平成29年4月
    • 地域生活サポートセンターミナと新設
      コーラスミナと、ショートステイミナと、ワークセンターミナと開設
      相談支援センターウィズが地域ミナとに移行
  • 令和3年7月
    • グループホーム(コーラス日和山2号館)運営開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.3年
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.6時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.6日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 1名 6名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 0名 5名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 63.6%
      (11名中7名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
○法人内研修
入社前に1週間~10日かけて全事業の実習を行い、会社の雰囲気を体験してもらいます。また、年3回の職員合同研修会を開催し、各施設の情報共有を行ったり、講師を招いて講習を受けたりしています。各施設の職員が多く集まるため、いろいろな情報交換ができる場でもあります。

○法人外研修
・研修計画を策定し、新潟県社会福祉協議会、日本セルプ、全国社会福祉法人経営者協議会等が主催する各研修に参加
自己啓発支援制度 制度あり
○年2回の自己評価と面談の実施
法人独自の目標管理制度を掲げ、階層ごとに作成した「ともに成長シート」を活用し、年2回の自己評価と上司との面談を行います。

○資格取得奨励金制度
在籍中に社会福祉士または介護福祉士国家資格に合格した場合、50,000円を贈呈
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
神奈川大学、淑徳大学、東北福祉大学、東洋大学、新潟大学、新潟医療福祉大学、新潟青陵大学、佛教大学
<短大・高専・専門学校>
新潟青陵大学短期大学部、山梨学院短期大学、国際医療福祉専門学校、国際こども・福祉カレッジ、新潟こども医療専門学校、新潟医療福祉カレッジ

採用実績(人数)         2021年 2022年 2023年
-------------------------------------------------
大卒       3名   1名   0名
短大・専門卒   0名   0名   0名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 0 0 0
    2022年 1 0 1
    2021年 0 3 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 0
    2022年 1
    2021年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp278105/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

社会福祉法人新潟市中央福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人新潟市中央福祉会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人新潟市中央福祉会の会社概要