最終更新日:2024/4/19

(株)オージス総研【Daigasグループ(旧 大阪ガスグループ)】

  • 正社員

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • インターネット関連

基本情報

本社
東京都、大阪府
PHOTO

開発環境整備のためシステムの自動化を推進

  • S.O
  • 2020年入社
  • 大阪大学大学院
  • 理学研究科出身
  • 事開本部 ID/IAM部ソリューション部 DE‐チーム

会社・仕事について

現在の仕事
  • 部署名事開本部 ID/IAM部ソリューション部 DE‐チーム

これが私の仕事

●開発環境整備のためシステムの自動化を推進
私の所属する部署は、オージス総研が手掛ける認証系ソフトウエアThemiStruct(テミストラクト)の販売をはじめ、認証やアクセス管理など、セキュリティ面に特化したサービスを提供しています。配属1年目は、一度認証すると複数のアプリケーションにログインできる「シングルサインオン」システムのアップグレードで、パスワードレス認証のプログラムの調査や改修作業を担当。2年間は、電子証明書発行システムの検証作業などに携わってきました。現在は製品自体の開発を離れ、チーム内の開発環境を整えるための、システムの自動化などに取り組んでいます。認証やセキュリティの分野は日々進化していることも多く、自分の知識も身につくので、今の仕事にはすごくやりがいを感じています。


だからこの仕事が好き!

●正解の見えない状態から適切な答えを見つけ出すやりがい
私はこれまで、開発を進める前の事前検証に携わることが多かったのですが、このフェーズはチーム内でも正解が見えていない状態のなか、自分で調べたりテストしたりと試行錯誤しながら作業を進めなければなりませんでした。かなり難しい作業だったので、できたときの達成感は大きかったですね。配属時は不安もありましたが、3年目を迎えた今はこの部署で仕事ができて本当に良かったと思っています。セキュリティは日常生活でも必須の知識だし、ミドルウエアやアプリケーションは覚えることがとにかく多く、今はそれが自分の力になっていることを実感しています。だからまずはこの部署で力を伸ばし、どの部署に行っても通用する人材になりたいと思っています。


私がこの会社を選んだ理由

●多くの先輩方と接する座談会で実感した風通しの良さ
大学院では、宇宙地球科学専攻に所属し、地震や津波の研究をしていました。その研究で数値解析などを行う際、プログラミングに触れたのがITに興味を持ったきっかけです。IT企業のなかでオージス総研を選んだのは、私の就職活動の軸と、オージス総研の社風が合致していたから。私は社内が、何でも質問しやすい環境かどうかを重視していたのですが、オージス総研は就活生向けの座談会の機会も多く、内容もさまざまな部署で仕事をする先輩と、ざっくばらんに会話できるものばかり。座学で説明を受けるより、職場のイメージがしやすく、風通しの良さを実感したのが入社の決め手になりました。面接でも、性格診断テストの結果だけで決めつけるのではなく、私の内面を見てくれるような質問が多く、他社と大きく違う良い印象を持ちました。


これまでのキャリア

配属からずっと現在の部署で、認証やセキュリティにかかわる製品開発着手前の事前検証や調査、ソースの改修作業などを担当してきました


先輩からの就職活動アドバイス

就職活動では、ブランドや知名度といった会社のイメージや、年収や休暇などの待遇面に目が行きがちですが、実際に社会に出てみると、仕事もプライベートも自分のやりたいことができるのが一番だと思っています。学生のうちは、いろんなことを経験して、自分の興味や将来のやりたいことを見つけてほしいですね。それができれば、本当に自分に合う会社が、自然と見つかると思います。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)オージス総研【Daigasグループ(旧 大阪ガスグループ)】の先輩情報