最終更新日:2024/4/15

アイリスオーヤマ(株)

  • 正社員

業種

  • 家電・AV機器
  • 日用品・生活関連機器
  • インテリア・住宅関連
  • 商社(文具・事務用品・日用品)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
宮城県
資本金
1億円
売上高
【グループ】7,900億円(2022年度)
社員数
【グループ】21,103名 【単体】6,076名(2022年1月現在)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

アイ ラブ アイデア

2025年卒向け採用選考受付中! (2024/04/15更新)

PHOTO

次回エントリーシート締切:5月12日(日)
みなさんのご応募お待ちしております!募集コースから選考内容をご確認ください!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
家電、食品、LED照明、オフィス家具、インテリア、ハウスウェア、ロボティクス……時代の変化にスピーディーに対応した多事業展開で、豊かな暮らしを支えている。
PHOTO
よく話す、失敗を恐れずやってみるといった前向きな社風が浸透。オフィスのいたるところで気軽に相談や打ち合わせが行われ、スピード感をもってアイデアをカタチにする。

社員のチャレンジ精神を大切に、社会課題を解決するソリューションを実現!

PHOTO

「いかに新規事業に参入するかが当社の成長の鍵となります。若手社員には当社の盤石な基盤のもとで実力を養い、新規事業に積極的に挑戦してほしいです」

■変化はチャンスで多事業展開
当社は家電製品を中心に多くの生活用品の企画から製造、販売までを手掛けています。近年も食品事業を強化したり、グループ企業でオフィス家具を扱ったり、ECサイトを運営したりと事業を拡大。「変化はチャンス」を合言葉に、時代の変化に柔軟に対応してきた結果です。マスク不足に陥ったコロナ禍では、国内工場の生産体制を急ピッチで構築して安定供給を実現。「変化はチャンス」を体現した一例です。

■ロボティクス事業をさらに拡大
労働者不足や就業問題を解決するため、「アイリスロボティクス」では業務用の清掃ロボットや配膳ロボットを開発。2022年には、清掃ロボット「Whiz」シリーズが世界出荷販売台数累計約2万台を達成し、業務用屋内サービスロボットの売上世界No.1※を獲得しました。現在は約5,000社の企業に導入され、国内法人向けサービスロボットの主要事業者へと成長。さらに大学発の「スマイルロボティクス」の子会社化で、システム開発の内製を強化。今後はユーザー目線に立った開発をよりスピーディーに実現し、グローバルな展開をめざします。
※Grand View Research社調べ

■圧倒的なスピード感
企画を実行に移すまでのスピード感は当社の大きな強みです。日用製品であれば6か月、家電製品でも1年で商品化を実現。毎週行う「プレゼン会議」では、企画者が社長や役員に直接プレゼンして5~10分で結論が出ます。さらに、開発や品質管理、生産などの複数部門が同時進行で仕事に取り組む「伴走方式」による開発も特徴です。

■多様な経験を積んで急成長できる環境
当社のスピード感は社員の成長においても同様です。若手にチャンスを与える環境があり、入社数年目で海外赴任や事業部長といったケースも。将来を担う新入社員に対してはビジネスマナーや会社の基礎を学ぶ研修のほか、2023年度から部門別研修をスタート。配属先で求められる知識やスキルをロープレや動画で習得しながら業務の本質を理解することで、これまで以上に成長スピードが加速しています。

■お困りごとを解決したい
開発においてユーザーの不満や不便を解決する「ユーザーイン発想」を貫いてきました。その発想をもとに、ユーザーの「困った」そして日本の「困った」を解決していきたい。その想いを大切に、今後は超高齢化社会を前にヘルスケア事業にも注力します。

(人事部マネージャー/佐藤 祥平)

会社データ

プロフィール

◆家電・LED照明・生活用品など『総合メーカー』
年間1,000点以上の新商品を開発。
現在取り扱う商品数は約2万5,000点。
日本に留まらず、これからは世界でも事業拡大を図っていきます。

◆アイリスオーヤマのキーワード
「ユーザーイン発想」
モノづくりの効率や技術を優先するのではなく、生活者の目線で不満や不便を解決。

「需要創造」
ユーザーイン発想で今までになかった価値を生み出す。

「市場創造」
販売チャネルの拡大やプロモーションによってお客様の手に渡る機会を増やす。

「強みを活かす」
自社の強みを活かせる市場を見極め、生活者のお役に立てる新規事業へ挑む。

◆顧客第一の考え方。
「…だったらいいのに」「…これでいいの?」と感じるモノ・コトを、
「なるほど」と思えるカタチ・仕組みに変える。

ぜひ、採用ホームページもチェックしてみてください!

事業内容
●家電事業(調理・季節・生活・白物・黒物家電)
2009年に本格参入。調理・生活・白物・黒物など、多岐にわたって商品展開しており現在はアイリスオーヤマ全体の約60%の売上を占めている。お客様の不満不便を解決する「ユーザーイン発想」の考え方を基に、キャリア社員から若手社員まで幅広い分野のアイデアを取り入れ開発しています。

●BtoB事業
アイリスのBtoB事業は、LED照明や内装商材などの幅広い商品を活かして、企業、施設、工場などが抱える課題を解決いたします。近年では、最先端のAI・IoT技術を駆使し、感染症対策商品でもシェアを拡大しております。

●ネット通販事業(アイリスプラザ)
アイリスグループの成長事業の1つ。家電製品、食品、収納用品、ペット商品、ガーデン商品などアイリスオーヤマ公式通販サイト『アイリスプラザ』での取り扱い商品数は25,000点以上、また大手ECモールでも店舗展開し、多くのお客様にアイリス製品を届けています。

●アイリスチトセ(業務用家具事業)
オフィス用家具、教育施設用家具等の製造・販売を行っています。デザインと機能性に優れた幅広い商品展開により、空間づくりをサポートします。最近ではコロナに伴い働く環境が変化する中、オフィスの在り方を変革するべく有名デザイナーとのコラボ商品を発売するなどNEW NORMALを創ります。

●食品事業(アイリスフーズ)
お米、パックご飯、飲料水、お餅など様々な食品の製造・販売を行っています。あのテレビCMでもおなじみの「生鮮米」をはじめとした付加価値型の食品がアイリスの強みです。近年のアイリスグループの成長を担う事業の1つでもあります。

・マスク事業
・LED照明事業(一般消費者・法人)
・ペット事業
・オフィス用品事業
・ガーデニング事業
・インテリア事業
・ハウスウェア事業
・ヘルスケア事業
・建装内装事業
・什器スチール事業
など

幅広い活躍のフィールドがアイリスにはあります!
本社郵便番号 980-8510
本社所在地 宮城県仙台市青葉区五橋2-12-1
本社電話番号 022-221-3400
創業 1958年
設立 1971年
資本金 1億円
社員数 【グループ】21,103名
【単体】6,076名(2022年1月現在)
売上高 【グループ】7,900億円(2022年度)

売上高推移 2018年度:4,750億円
2019年度:5,000億円
2020年度:6,900億円
2021年度:8,100億円
2022年度:7,900億円
平均年齢 33.7歳
事業所 【本 社】仙台市
【工 場】北海道、宮城、茨城、埼玉、静岡、滋賀、兵庫、佐賀
【事業所】東京など全国70拠点
関連会社 【国内】
◆株式会社オーヤマ
◆株式会社アイリスホールディングス
◆株式会社アイリスプラザ
◆アイリスチトセ株式会社
◆アイリス・ファインプロダクツ株式会社
◆アイリスシンヨー株式会社
◆アイリスソーコー株式会社
◆アイリス電工株式会社
◆株式会社ホウトク
◆株式会社アイリスホールディングス
◆アイリスフーズ株式会社株式会社
◆アイリスロボティクス株式会社
◆株式会社アイリスプロダクト
◆株式会社シンクロボ

【海外】
◆大連アイリスオーヤマ工貿有限公司
◆大連アイリス生活用品有限公司
◆大連アイリスオーヤマ発展有限公司
◆大連アイリス木製品有限公司
◆大連アイリス木製品有限公司金州分公司
◆大連アイリス国際貿易有限公司
◆大連アイリスペットフード有限公司
◆アイリス生活用品蘇州有限公司
◆アイリス生活用品広州有限公司
◆IRIS KOREA CO, LTD.
◆IRIS USA, INC.
◆IRIS OHYAMA EUROPE B.V.
◆IRIS OHYAMA EUROPE SAS
主要取引先 ◆主要小売店(ホームセンター/家電量販店/大型スーパー/コンビニエンスストアなど)
◆各種法人企業(オフィス/工場/スポーツ施設/ホテル/鉄道/流通 等)
◆官公庁
代表者 代表取締役社長 大山 晃弘
トップからのメッセージ 弊社は長年「変化はチャンス」の考えの下、
常に生活者の皆様に「アイデア」のある商品をお届けし、
生活をより豊かに快適で便利にするお手伝いをしてまいりました。

法人向け事業では、一般消費者だけでなくビジネス環境においても
快適と便利を追求し、また様々な社会課題を解決する事業を展開しております。

具体的には新型コロナウイルスの感染拡大による社会混乱に対応するための
マスク生産や、リモート環境を整えるためのオフィス設備や家具、
デジタルデバイスの提供、人手不足に対応するためのロボット事業など
スピーディーに新商品を開発し、皆様の安心安全のお手伝いを行っております。

また、東日本大震災から10年を越え、更なる復興支援を行うため、
福島県での農業支援や南相馬市での新工場建設など被災地域の支援活動にも力を注いでおります。

今年におきましても「アイ ラブ アイデア」というスローガンの下、
アイデアの力を信じ、アイデアによって社会はより良くなれるという信念を持ち、
常に新たなアイデアを皆様にお届けできるよう努めてまいります。


【アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長 大山晃弘】
強い組織を目指して 「ワークライフバランス」の実現や「働き方改革」の一環として、仕事の進め方を工夫しています。

◆フリーアドレス
様々な部署とコミュニケーションを取り情報交換をする為に、執務エリアの座席を指定しない「フリーアドレス」を導入しています。
※東京浜松オフィス・心斎橋オフィスのみ

◆立ちPCテーブル
PCで作業する際は自席の横に置かれたテーブルで立ったまま行うようルール化しています。血流の改善効果によって集中力が高まり、効率の向上やクリエイティブなアイデアの発想を促しています。

◆立ちミーティング
オフィス内に高さ約1mの丸テーブルを設置しており、ミーティングや報連相は丸テーブルを囲み、立った状態で行います。情報をスピーディーに共有し報連相を密に行うことで、業務の活性化・スピードアップが図れます。

◆19時PCシャットダウン
19時に全社員のPCがシャットダウンされます。社員が必要以上に残業しないようにするのが目的です。「残業すればいいや」という意識を払拭し、決められた時間で効率的に仕事をするよう促しています。
環境活動 ◆省電力LED照明の開発・提案
2009年よりLED照明の企画開発を手掛けています。LED照明は、白熱電球や蛍光灯に対して30~80%の電力消費を抑制することができます。LED照明の普及に尽力し、企業や家庭へスマートライフをご提案しています。

◆ゼロエミッション達成
2006年10月までに国内6工場(角田工場、埼玉工場、富士小山工場、米原工場、三田工場、鳥栖工場)でゼロエミッションを達成しました。製品生産時に発生するプラスチックの成形不良品を工場内で再加工して製品に利用し、その他の廃棄物についても業者を通じてリサイクルを徹底しています。

◆ISO14001取得
角田工場では、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証登録を2001年に取得しました。環境負荷の低減活動はもちろんのこと、再生材を使った製品を開発するためにリサイクル技術の促進に取り組んでいます。研究開発部門・工場および福利厚生施設などが一体となった、約10万坪の施設での取得は国内でも数少ないケースです。

◆グリーン購入法適合商品の開発
グリーン購入法とは、企業や消費者に対して、環境負荷ができるだけ小さいものを選んで購入することを促す法律です。当社では、再利用プラスチックを使ったグリーン購入法適合商品を開発しています。
スポンサー・地域活動 アイリスオーヤマは、スポーツや音楽活動へのスポンサー協力を通じて、地元・仙台や当社にゆかりのある地域を元気にしたいと考えています。

◆サッカーJ1 「ベガルタ仙台」
2000年より公式ユニフォームに会社ロゴを掲出するなど、メインスポンサーとしてベガルタ仙台を支援しています。

◆プロ野球 「東北楽天ゴールデンイーグルス」
2008年より公式ユニフォームのスポンサーとして、東北楽天ゴールデンイーグルスを応援しています。

◆音楽 「仙台フィルハーモニー管弦楽団」
文化支援活動の一環として定期演奏会などをサポートしているほか、アイリスオーヤマの社内で演奏会を開き、社員や家族を招待しています。

◆アイリス祭
全国の工場に周辺地域の方々をお招きし、当社の商品を紹介・販売するお祭りを毎年開催しています。
福利厚生 ◆スポーツ施設
宮城県の角田工場敷地内にあり、社員はスポーツジム・体育館・温水プール・テニスコート等を利用できます。仕事終わりにも利用でき、社員のリフレッシュの場として活用されています。

◆ラウンジ
仙台青葉ビル・東京本部(浜松町オフィス)・心斎橋オフィスにはラウンジスペースがあり、従業員同士のコミュニケーションの場として人気です。仙台青葉ビルでは昼はサラダ・ドリンク・スープバーを無料で提供しています。

◆借上げ社宅制度
就業・転属にあたり会社が認めた住宅(借上社宅)に入居する場合は、入居する物件を会社契約し、引越し費用・敷金・礼金を会社が負担します。※入居先は自由に選べますが、勤務地からの距離・間取り等の条件があります。

◆住宅手当、家賃補助
前項に基づき入居した社員は、住宅手当または家賃の月額補助を受けられます。以下は一例です。

◆社員寮
宮城県勤務の方を対象とした社員寮があります。
フリースペースやラウンジなど社員同士で交流する場も充実しています。

◆産前産後休暇・育児休業
出産時、産前6週間(多胎14週間)産後6週間の特別休暇を取得できます。また、子供が満1歳になるまで育児休業の取得が可能です。当社は厚生労働大臣から子育てサポート企業として「くるみん認定」を受けており、子育てと仕事を両立できる制度・環境づくりに努めています。

◆短時間勤務
満3歳未満の子供を養育する社員は、1日6~7時間の短時間勤務が可能です。また、小学3年生以下の子供を養育する社員は、出退勤時間の繰り上げ・繰り下げ措置を受けられます。
研修・キャリアアップ制度 ◆新入社員研修
約1週間の集団生活を行い、あいさつ・礼儀・ビジネスマナー等の基本動作と社会人としての心構えを身につけます。また、グループで与えられた課題に取り組むことでチームプレーの大切さを体験します。

◆フォローアップ研修
入社後3年間が社会人の土台を築く大切な時期と考え、3年間で4回の研修を行います。社員の課題発見と能力開発に取り組むほか、アンケート・面談の内容を所属部署へフィードバックすることで、現場を巻き込んだフォローを行っています。

◆メンター制度
新入社員1名につき教育指導担当の先輩社員(メンター)を指名し、1年間計画的・重点的にOJT ・メンタルフォロ-を行う仕組みです。能力向上を促進するとともに、社会人生活全般にわたり新入社員をサポートします。

◆営業スキルアップ研修
実際の営業シチュエーションを基にしたロールプレイングや、コミュニケーション能力を高めるワーク、損益管理を学ぶ座学などの研修です。5~8人の少人数グループでお互いに評価し合い、営業に必要な基本スキルを身につけます。

◆ミテみらい研修
2・3等級の社員を対象に行う研修です。各自がキャリアプランを描く事で課題を明確にし、自ら考え行動する社員になることを目指します。少人数でのグループワークとディスカッションを通して能動的にテーマを掘り下げます。

◆通信教育制度
部署長や人事が選定した通信教育講座を毎年受講することができ、実務に役立つ資格の習得やスキルアップが図れます。会社が受講料の100%~30%を負担し、社員の自己啓発を支援しています。

◆1on1ミーティング
上司と部下が月に1度、1対1で30分以上のミーティングを行うことで、両者の信頼関係強化に繋げています。上司が一方的に話すのではなく、部下がメインで話をすることで育成・関係性の向上、問題発見に繋げています。
SDGsについて ◆環境に対して【目標7、目標13】
当社は、企画から製造・販売を手掛ける責任として自社施設と設備及びサプライチェーンにおいて、
環境課題を抽出して会社全体で対策を推奨・実践し、
この取り組みを通じて共に成長しながら豊かな地球環境の実現に貢献します。
・LED照明「省エネ大賞」連続受賞
・油圧式射出成型機から電動式への改修率/LED照明への改修率

◆製品に対して【目標9、目標12】
当社は、品質マネジメントシステムを確立し、品質方針に基づいて
「お客様の満足度向上」を常に考え、安心・安全な高品質サービスを提供していきます。
・ 品質マネジメント

◆地域に対して【目標4】
当社は、地域に親しまれる企業を目指して、事業活動を通じて地域社会の発展に努めてまいります。
地域ごとの課題を抽出し、課題を解決する事への取り組みを通じて持続可能な地域社会の実現に貢献します。
・災害地域への復興支援活動
・アイリスプロダクトによる福島浜通り地域の復興支援
・地元チーム・団体支援・パートナーシップ実績
・地域発展への貢献 -アイリス祭-
・若者世代の育成 -「仙台市自分づくり教育」-
・若者世代の育成 -「リーダーシップ塾」-

◆人に対して【目標3、目標5、目標8】
当社は、会社の成長には人材の活躍が不可欠と考え、丁寧な人材育成、適切な評価を行うことにより、社員一人ひとりが生き生きと安心して働け、活躍の機会を提供することでそれぞれの強みを発揮できる組織づくりをめざします。
・多様な人材採用
・ベテラン技術者の活躍
・グローバル
・「評価は他人がする」という考え方

公式SNS情報 会社のリアルタイム情報を配信中!ぜひフォローしてください☆

・X(旧Twitter) @irisohyama_info
・Instagram @irisohyama
・TikTok @irisohyama_official
沿革
  • 1958年
    • 4 月 先代・大山森佑が大山ブロー工業を創業
  • 1964年
    • 7 月 大山健太郎が代表者に就任
  • 1971年
    • 4 月 大山ブロー工業(株) を設立
  • 1986年
    • 4月 (株)オーヤマ 設立
  • 1988年
    • 5月  IRIS KOREA CO.,LTD 設立
  • 1989年
    • 12月 本社を仙台市に移転
  • 1991年
    • 3月 (株)アイリスプラザ 設立
      9月 社名をアイリスオーヤマ(株) に変更
  • 1992年
    • 12月 角田I.T.P完成
  • 1996年
    • 3月 大連アイリスオーヤマ工貿有限公司 設立
  • 1998年
    • 8月 IRIS OHTAMA EUROPA B.V. 設立
  • 2001年
    • 9月 アイリスチトセ(株) 設立
  • 2005年
    • 12月 アイリス・ファインプロダクツ(株) 設立
  • 2007年
    • 12月 アイリスシンヨー(株) 設立
  • 2008年
    • 2月 アイリスソーコー(株) 設立
      12月 (株)ダイシン グループ会社化
  • 2010年
    • 5月 ホウトク グループ会社化
  • 2012年
    • 8月 アイリス青葉ビルオープン
  • 2013年
    • 4月 舞台アグリイノベーション(株) 設立
      5月 大阪R&Dセンター 開設
      11月 アイリスフーズ(株) 設立
  • 2014年
    • 4 月 (株)ユニリビング グループ会社化
  • 2016年
    • 5月 IRIS USA, INC. アリゾナ向上 竣工
  • 2017年
    • 4月 IRIS OHYAMA FRANCE SAS 設立
  • 2018年
    • 7月 大山晃弘が社長に就任
      11月 アイリスグループ東京本部 新設
         IRIS OHYAMA VIETNAM CO.,LTD.設立
  • 2019年
    • 1月 蘇州工場 拡張
      3月 仁川工場 竣工
      6月 フランス工場 竣工
        (株)アイリスプロダクト 設立
      10月 IRIS OHYAMA TAIWAN CO.,LTD.設立
  • 2020年
    • 11月 IRIS USA, Inc ペンシルベニア工場竣工
  • 2021年
    • 1月 アイリスロボティクス設立
      2月 アイリスフーズ魚沼工場稼働開始
      6月 仙台卸町ビル取得
      7月 東京R&Dセンター新設

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 22時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
1.内定者通信教育
社会人になるにあたっての心構えや基本的なものの考え方、基礎的なスキルなどを学びます。テキストでの学習を通じてモチベーションの向上を図ります。
2.新入社員研修
約1週間の集団生活を行い、あいさつ・礼儀・ビジネスマナー等の基本動作を身につけます。また、グループに分かれて行動し、 与えられた課題に取り組むことでチームプレーの大切さを体験します。
3.フォローアップ研修
入社後3年間が土台を築く大切な時期と考え、3年間で4回のフォローアップ研修を実施しています。ケーススタディ、グループワークなど様々な手段を用いて課題発見と能力開発に取り組みます。
4.新任サブリーダー研修
当社で最初に付与される役職が「サブリーダー」です。役職のつく立場で仕事を進めるための意識教育を行います。部署全体を見渡す視点、部下育成について学びます。
5.キャリアアップ研修
幹部社員への昇格のために意識と行動を変革する研修です。幹部社員に求められる視点・スキルを学び、自分の強みや課題発見をきっかけとしてステップアップを図ります。
6.目標チャレンジシート
1年目~サブリーダーまでの社員が行動計画をたてる目標管理シートです。3年後のキャリアイメージから1年ごとの目標を設定します。上司との面談を通じて目標達成と自己実現を目指します。
7.新任幹部社員研修
キャリアステップの大きな節目となる「リーダー」に昇格した社員を対象に実施します。チームやプロジェクトを牽引する立場として、部下の教育・評価、目標管理などを学び、実行力を身につけます。
8.リーダー研修
リーダー以上の社員は年1回、全員が研修を受けます。経営課題に関するレポート提出とプレゼンテーションが共通課題です。プレゼンテーションは年に1度の実績発表と昇格試験をかねています。
9.マネージャー研修
リーダー同様に、マネージャー職の社員も経営課題に関するレポートを提出します。選抜者は、事業戦略や新事業開発を経営層に提案・議論する研修を受講します。
自己啓発支援制度 制度あり
≪通信教育≫
通信教育部署長や人事が選定した通信教育講座を毎年受講することができます。通信教育を通じてLED事業の社員が照明コンサルタントの資格を取得するなど、実務にも役立っています。正社員の受講率は50%を越えています。
メンター制度 制度あり
新入社員一人ひとりにメンターが選出され、一年間指導を受けます。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
キャリアカウンセリング室の専任者による定期面談を実施しています。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
秋田大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪市立大学、九州大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、高知大学、神戸大学、芝浦工業大学、千葉大学、筑波大学、東京工業大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、長崎大学、名古屋大学、広島大学、北海道大学、山形大学、立命館大学
<大学>
愛知大学、会津大学、青森大学、青森公立大学、青山学院大学、秋田大学、跡見学園女子大学、茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、追手門学院大学、桜美林大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪商業大学、大阪府立大学、岡山大学、岡山県立大学、沖縄大学、お茶の水女子大学、鹿児島大学、神奈川大学、金沢大学、金沢美術工芸大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、関東学院大学、関東職業能力開発大学校(応用課程)、学習院大学、畿央大学、北九州市立大学、九州大学、九州国際大学、九州産業大学、京都大学、京都外国語大学、京都教育大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都女子大学、京都精華大学、京都橘大学、杏林大学、近畿大学、岐阜協立大学、岐阜経済大学、熊本大学、久留米大学、慶應義塾大学、高知大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸大学、神戸学院大学、神戸国際大学、神戸市外国語大学、國學院大學、国際教養大学、駒澤大学、埼玉大学、佐賀大学、札幌市立大学、産業能率大学、下関市立大学、首都大学東京、職業能力開発総合大学校、実践女子大学、順天堂大学、成城大学、西南学院大学、摂南大学、専修大学、仙台大学、創価大学、大正大学、高崎経済大学、拓殖大学、玉川大学、多摩美術大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、筑波大学、都留文科大学、帝京大学、東海大学、東京家政大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東北芸術工科大学、東北工業大学、東北職業能力開発大学校(応用課程)、東北福祉大学、東洋大学、徳島大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、長岡技術科学大学、長崎大学、南山大学、新潟大学、日本大学、函館大学、八戸学院大学、阪南大学、一橋大学、兵庫県立大学、弘前大学、広島大学、広島修道大学、フェリス女学院大学、福岡大学、福島大学、富士大学、佛教大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、北海道教育大学、松山大学、宮城大学、宮城学院女子大学、宮城教育大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、桃山学院大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、流通科学大学、麗澤大学、和歌山大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
明石工業高等専門学校、秋田工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、一関工業高等専門学校、茨城工業高等専門学校、岩手県立大学盛岡短期大学部、上野法律ビジネス専門学校、S.K.K.情報ビジネス専門学校、大分工業高等専門学校、大阪公立大学工業高等専門学校、大阪デザイナー専門学校、大阪モード学園、太田情報商科専門学校、大原簿記情報ビジネス医療福祉専門学校盛岡校、専門学校岡山情報ビジネス学院、香川高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、木更津工業高等専門学校、北九州工業高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、熊本高等専門学校、久留米工業高等専門学校、群馬工業高等専門学校、高知工業高等専門学校、神戸市立工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校、四国大学短期大学部、鈴鹿工業高等専門学校、聖霊女子短期大学、聖和短期大学、仙台大原簿記情報公務員専門学校、仙台高等専門学校、仙台青葉学院短期大学、仙台デザイン専門学校、津山工業高等専門学校、鶴岡工業高等専門学校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、東京ITプログラミング&会計専門学校仙台校、東京都立産業技術高等専門学校、東京モード学園、東北電子専門学校、徳山工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、苫小牧工業高等専門学校、富山高等専門学校、長野工業高等専門学校、新潟デザイン専門学校、日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、日本工学院北海道専門学校、専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校、沼津工業高等専門学校、八戸工業高等専門学校、福島工業高等専門学校、船橋情報ビジネス専門学校、舞鶴工業高等専門学校、松江工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校、山形県立産業技術短期大学校

採用実績(人数) 【過去3年間の採用実績】

2020年:204名
2021年:270名
2022年:363名
採用実績(学部・学科) 【学部学科不問コース】
経営・経済・法・コミュニケーション・スポーツ・英語・外国語・音楽・家政・総合政策・学芸・教養・教育・現代社会・社会・商・人文・政治経済・文 など

【技術系限定コース(エンジニア・SE・デザインコース)】
工学部・理学部系統(機械、電気電子、化学、農学、物理、プロダクトデザイン、Webデザイン、建築、空間デザイン)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 244 119 363
    2021年 193 77 270
    2020年 127 77 204

先輩情報

週末キャンパー
T.K
2014年入社
大阪府立大学
経済学部経済学科(現 現代システム科学域マネジメント学類)
建装事業部
建装事業拡大に向けたマーケティングや販売促進、営業企画
PHOTO

取材情報

社員一人ひとりが個性を活かして活躍できるよう、さまざまな面からサポート。
人事部の若手メンバーが、これまでの研修と教育を振り返ります。
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp58905/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

アイリスオーヤマ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. アイリスオーヤマ(株)の会社概要