最終更新日:2024/5/30

(株)プリマジェスト

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • 各種ビジネスサービス・BPO
  • 精密機器

基本情報

本社
神奈川県
PHOTO
  • 5年目以内
  • 情報系
  • 技術・研究系
  • IT系

幅広い視点と専門性をもって、お客様のために考える

  • Y.O
  • 2017年入社
  • 明治大学
  • 情報コミュニケーション学部
  • システム開発本部
  • システムエンジニア

会社・仕事について

ワークスタイル
  • ITに関わる仕事
  • システム構築の仕事
  • インターネット関連の仕事
現在の仕事
  • 部署名システム開発本部

  • 仕事内容システムエンジニア

入社から現在までの仕事内容と今後の目標

私の今の職種はSE職ですが、入社当初の配属先は営業職でした。
営業職の当時はお客様と先輩との打合せに同行することが多く、お客様の業務をより良くするための様々な提案を見聞きしていました。先輩方の提案は、業務がどうあるべきなのかをお客様視点で見据え、プリマジェストの技術をどう役立てるか考え抜かれたものばかりで、自分がこのレベルの提案をするためには何が必要なのか、考えるきっかけになりました。
そして、良い提案のためには、お客様の業務だけではなく、システムの性質をもっとよく知る必要があると考え、SE職への異動を希望するに至りました。
現在、私は既存システムの機能追加プロジェクトに加わっています。そこでは設計書の作成やコーディングだけではなく、お客様との打合せへ参加したり、お客様の業務運用現場へ直接伺ったりと、様々な業務に携わっています。
異動を経て、営業の仕事とは違う視点でプリマジェストのシステムを知ることができるようになりました。
今後の目標として、営業で経験した顧客志向の視点と、SEとして習得するシステムの知見を活かして、お客様の役に立つ高品質なシステムを提供し続けることを目指します。


プリマジェストに決めた理由

様々な業種に対応したシステムのハード・ソフトを共に自社で開発している事業の幅広さと、得意とする領域で豊富なノウハウを持っている専門性、この2点を兼ね備えている点に惹かれ、プリマジェストに決めました。
私が就職先に求めたことは、「広く学び、得た知識を役立たせる」仕事であることでした。

当社のシステムの多くは、お客様の事務作業を改善するシステムです。具体的には、大量の情報(紙やデータ)を効率的に管理し、データ化するシステムを扱っています。
これらの事務改善システムを構築するために、数多くの工夫を積み上げています。
例えば、事務ミスを減らして品質を高めるために、事務作業ができるだけのシステムではなく、作業する方が使いやすい画面を作り、効率的な運用を支えます。
例えば、事務作業の負担を減らすために、帳票(紙)を高速で大量にスキャンできる機械を作るだけではなく、スキャン前の手作業を減らす仕組みから作ります。

このように、事務改善に関する専門的な知識やノウハウを多くの視点から積み上げることで、お客様にとって役立つシステムを提案できことが、プリマジェストの良さであり、私が惹かれた理由です。


学生時代に力をいれていたこと

自分の興味を大切にしようと常に心がけていました。興味を大切にするというのは、行動レベルで考えると誰でもやっていることばかりです。
例えば、気になる新商品を試してみる。映画館や劇場に足を運ぶ。気になる本は買って目を通してみる。面白そうな人とは会って話す。卒業単位が足りていても、面白そうな講義は履修登録してみる。
こうした「ほんの少し面倒だけど、新しいことに触れられる」機会を意識的に選択し、習慣にしました。
ほとんどの選択は若干面倒に感じましたが、後悔のない楽しい経験となりました。

興味を大切にした結果、身に着いた習慣で得たものは大きく2つあり、1つは、知らないものを面白く感じられるようになったことです。
知らないものに出会ったときに、退屈さや恐怖を感じる人は多いのですが、知らないものにポジティブに向き合えることは、私の長所になったと感じています。
こうしてで得られた「知る過程を楽しめる性格」は、システムエンジニアとしてシステムの仕組みを理解する場面で大いに役立っています。
もう1つの得たものは、周囲からの評価です。不本意ですが、歩くWikipediaと評される学生時代を過ごしました。


最後に、就活生へメッセージ・アドバイス

学生に向けてよく、「今しかできないことをしよう」とアドバイスする人がいますが、やりたいと思うことは大抵、今だけではなくいつでも始めることができます。本当に大切なのは、何かをやりたいと望むことです。
望むためには気力が必要なので、一生を充実して過ごすためにも、好きなものを仕事にするか、仕事を好きになってほしいと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)プリマジェストの先輩情報