最終更新日:2024/3/1

日新イオン機器(株)

  • 正社員

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 機械
  • 機械設計
  • 重電・産業用電気機器

基本情報

本社
京都府
PHOTO
  • 5年目以内
  • 電気・電子系
  • 技術・研究系

一から設計したものが形になるときやりがいを感じます

  • H・D
  • 2019
  • 龍谷大学
  • 理工学部 電子情報学科
  • イオンビーム事業本部 装置事業部 装置技術グループ

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
  • 世界を舞台に活躍する仕事
現在の仕事
  • 部署名イオンビーム事業本部 装置事業部 装置技術グループ

現在の職務内容を教えてください

入社3年目の時、部署異動と共に部署内の新規プロジェクトのメンバーになりました。
具体的には、お客様の工場で稼働している装置に新機能を追加するための機構設計を行っています。
長期プロジェクトであるため、今も進行中です。日々学ぶべきことが多く、毎日充実した日々を過ごしています。
私が業務において大事にしていることは、「検討内容の理解と整理」です。業務上、分からないことはたくさん出てきます。
先輩に聞いたらすぐに解決できることもありますが、まず自分で調べることを意識しています。
時には、時間や労力だけががかかってしまうこともありますが、自分で解決できたということは、今後の自信にもつながります。


この仕事をしていて一番嬉しかったことを教えてください

新規プロジェクトが始まって以来、業務の内容が大きく変わりました。今までは、先輩が描いた図面の修正、装置の組立・改造指示書の作成などを担当していましたが、今回、装置の重要な役割を担うユニットの設計検討を任されました。これまでとは違うはじめての業務にワクワクしました。実際に設計検討を始めると、自分が想像していた以上に時間を要してしまい、ミスもしてしまうこともありましたが、たくさんのことを学ぶことができ、自分の成長につながりました。設計段階からコストダウンを意識し、加工業者の方と事前打ち合わせや立会検査を行い、実際に出来上がったものが装置に取り付いたとき、うれしい気持ちで達成感がありました。


ご自身がこの会社を選んだ理由・この会社の好きなところを教えてください

大学内に掲示されていたパンフレットに書かれていた「世界シェア100%のFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置を作っているメーカー」というワードに魅力を感じインターンシップに参加しました。このインターンシップへの参加が私が入社を決める決め手になったと思います。まず、福利厚生の充実度について知り、年間休日が多く、プライベートを充実させることができます。仕事のオン・オフがしっかりとでき、常に高いモチベーションで仕事に取り組むことができます。また、半導体製造工程において欠かせないイオン注入装置を作り、世界に通用する独自の技術力を持っているため、自分自身も大きく成長したいと思うきっかけになりました。


就職活動のアドバイスをお願いします

私は就職活動時代、とにかくたくさんの企業について知ることを大事にしていました。そのために、様々な企業のインターンシップや説明会に参加しました。そこで、社員の方の働く様子を実際に見たり、話を聞いたりすることが企業選びにおいて非常に助けになりました。自分自身がその会社で働いているイメージも持ちやすくなるので、可能な限り積極的に企業に関わることおすすめします。


トップへ

  1. トップ
  2. 日新イオン機器(株)の先輩情報