最終更新日:2024/5/22

丸善製薬(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • その他メーカー
  • 食品
  • 薬品
  • 化粧品

基本情報

本社
広島県
PHOTO
  • 11年目以上
  • 農学系
  • 技術・研究系

自然のめぐみをつなぐ、ものづくりの醍醐味

  • T.M
  • 2008年入社
  • 広島大学大学院
  • 生物圏科学研究科
  • 研究開発本部 食品・バイオ研究開発部 食品開発課
  • 機能性食品の開発

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 形の残る仕事
  • 資格・専門能力が身につく仕事
  • 美と健康を追求する仕事
現在の仕事
  • 部署名研究開発本部 食品・バイオ研究開発部 食品開発課

  • 仕事内容機能性食品の開発

現在の仕事内容について教えてください。

入社から現在に至るまで、機能性食品原料の開発に携わっています。具体的には、お客さまからのご要望や自社の基礎研究・調査、大学等との共同研究から提案された素材を用いた、食品用途のエキスの製法検討、規格の設定、安定性や有効性の確認等を行います。また、既存商品の新たな用途開発も行っています。開発業務には、研究者としての科学的な知識だけではなく、製法検討のための工場設備の知識や、食品衛生法などの法律関係の知識、営業員に同行し技術的な説明を行うためのプレゼン能力や、多種多様な自社商品に関する知識も必要になります。こうした一連の業務には、工場や品質保証スタッフ、営業員との連携が欠かせません。そのため開発業務は研究室に籠った仕事と言うよりも、多くの人と接する仕事と言えると思います。このように私たちの仕事には、深く幅広い知識が求められますが、皆が最初からこうした知識を持っているわけではありません。当社は研修や自己啓発に力を入れていますが、仕事の中でも多くの人と接するため、その道のスペシャリストからご指導頂いたり、最新技術や業界の動きを学ぶ機会も多く、自分の成長に繋げられる仕事だと思います。


仕事のやりがいについて教えてください。

「形の残る仕事」という点が、開発業務の最大のやりがいであると私は思います。当社は植物などの抽出物を原料としてメーカーに提供する、BtoBを主とした原料メーカーです。そのため一般の方には丸善製薬という名前はあまり知られていません。ですが、原料サプライヤーと言うことは、裏を返せば大手の最終製品メーカーよりも、商品を消費者のもとにお届けできる機会が多いとも言えます。当社が供給する原料を使った商品は、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどに必ずと言っていいほど販売されています。開発業務には、新商品の開発以外にも既存商品の用途開発があり、数多くの商品に何らかの形で関わる機会が多い職種です。自分が開発に携わった抽出物が、最終商品に配合され店頭で並んでいたり、広告やテレビCMで宣伝されているのを見つけると、やはり大きな達成感が得られますし、仕事を続けていく上でのモチベーションにもなっています。


丸善製薬に入社を決めた理由について教えてください。

農学系出身の私は、植物や食品に関わる仕事がしたいと考え、就職活動の当初、東京や大阪などの有名食品メーカーや種苗メーカーなどへの就職を希望していました。その理由は、規模の大きい企業の方が、研究開発職として、よりやりがいのある仕事ができるだろうと考えたからです。その後、地元である広島県で、植物抽出物を製造販売する丸善製薬の存在を知りました。企業研究や採用面接が進む中で、当社が知名度は低いものの、実は様々な分野で商品が活用される、非常に裾野の広い企業であること、郊外の落ち着いた環境に60人規模の総合研究所を有し、大学や大手企業との共同研究を活発に行う研究開発型企業であることを知り、「大手や有名企業にも勝る、非常にやりがいのある職場」と考え志望しました。


トップへ

  1. トップ
  2. 丸善製薬(株)の先輩情報