最終更新日:2024/5/22

丸善製薬(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • その他メーカー
  • 食品
  • 薬品
  • 化粧品

基本情報

本社
広島県
PHOTO
  • 10年目以内
  • 薬学系

基礎研だからこそできることを

  • F.K
  • 2013年入社
  • 徳島大学大学院
  • 薬学部
  • 研究開発本部 植物化学研究部 植物化学研究課
  • 植物からの機能性成分の探索と定性・定量

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 美と健康を追求する仕事
現在の仕事
  • 部署名研究開発本部 植物化学研究部 植物化学研究課

  • 仕事内容植物からの機能性成分の探索と定性・定量

現在の仕事内容について教えてください。

植物にはもともとたくさんのヒトに有用な成分が備わっています。その有効成分を抽出し活性本体を探し出して、どんな構造でどんな性質を持つのか解明するのが私の主な仕事です。活性成分を探索するときは宝探しのようで、いざ成分を単離してからは各種データを集めてエビデンスで裏打ちするといったアカデミックに近い仕事でもあります。また、機器類を用いた定性・定量作業も大切な仕事の一つです。定量の際には、丁寧でち密な作業が必要になります。


仕事のやりがいについて教えてください。

私の仕事は活性成分の探索や標準品作りなので、会社の中でも非常に地道な仕事です。しかし、他の会社が敬遠しがちな地道な仕事を嫌な顔せず引き受けたからこそ今の丸善製薬があるのだと思います。動植物からの活性成分の探索自体はかなり昔から行われてきたことであり、現在の医薬品の約80%が天然物由来の化合物誘導体であるといわれています。医薬品でなくとも普段何気なく食べている食べ物や化粧品にはなぜかわからないけど効くものがありますよね?これらの有効成分を判明できれば、その素材を有効利用したり、効果を強めたりすることが可能になります。一見地道な仕事ですが、一番基礎的で商品の根幹を占める領域であるのでそこにやりがいを感じます。弊社は原料メーカーですので、弊社の名前が実際の製品に載ることはほとんどありません。しかし、商品化されたものの中に自分が携わった原料が入っていると非常に誇らしく思います。


丸善製薬に入社を決めた理由について教えてください。

もともと植物が好きで大学では生薬学研究室に所属していました。研究職一本に絞ったとき、ずっと研究してきた生薬に関連がある職場でないと長く勤められないと感じた私は、漢方製剤や植物エキスを扱う企業の採用募集に応募しました。もちろん植物エキスを扱う企業は他にもありましたが、最終的には全国にお客様を持ち、研究設備の整った丸善製薬にしようと入社を決めました。実際、NMRやLC/MS等は中小企業クラスでは随一のものを所有し、新商品開発に役立っています。研究所にずっとこもっているのではなく、技術的な説明のため研究員としてお客様のところに打ち合わせに行くこともありますし、学会発表や技能講習等にも積極的に行って勉強しています。入社を決めるのは皆さん自身ですので、実際に丸善製薬を受けていただいて、会社説明会や研究所見学(※二次選考と併せて実施)を通じて社員の雰囲気を感じてもらえればと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. 丸善製薬(株)の先輩情報