最終更新日:2024/4/13

東京冷機工業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 設備工事
  • ビル施設管理・メンテナンス
  • 環境・リサイクル
  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
3億円
売上高
220億円(2023年度)
従業員
578名 (2024年4月1日現在)
募集人数
36~40名

設立68年以上、安定度(自己資本比率74%)も抜群の優良企業!新人導入研修6か月間を自社職業訓練校で受けられる!!

ホワイト企業認定(プラチナ)獲得 / 有給取得率100%/会社説明会多数開催 (2024/04/13更新)

PHOTO

★トウレイの会社説明会★

トウレイってどんな会社?
説明会では、社員の雰囲気から研修施設の様子まで
当社の魅力を余すところなくお伝えいたします!


■対面セミナー

\ 会社説明会&研修施設見学会 /

TOREI 成長支援センターにて、会社説明会を開催します。
日程によっては、施設内見学中に社員研修の様子を見学できる可能性あり。

※日程は随時追加、先輩との座談会もあります。
日程やその他疑問点等お気軽にお問い合わせください。
皆さんのご応募お待ちしております。

************************************

■WEB 説明会

\リアルタイムWEB説明会/

全国どこからでも参加が可能です。
リアルタイムで開催しますので、気になったことはその場で質問OK。
ご都合の良い日程でぜひ予約してください。

※日程は随時追加中
日程やその他疑問点等お気軽にお問い合わせください。
皆さんのご応募お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「トウレイの魅力」

★一般財団法人日本 次世代企業普及機構より「ホワイト企業認定(プラチナ)」に認定されました ★

当社は、2 年連続で最上位の【プラチナランク】の取得!!

・あらゆるお客様ニーズに対応できるビジネスモデル
・「人財を重要視」する教育体制
などが特に評価されました!

【詳細はこちら】
https://jwsjapan.or.jp/whitecareer/white_company/3276

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
業界内で確固たる地位を確立する東京冷機工業。環境負荷低減と省エネルギーのトータルプランナーとして、お客様の快適な環境を支えている。
PHOTO
6,000社を超えるお客様からの信頼は、一人ひとりの高い技術力ときめ細やかなサービスの賜物。完璧を追求し続けるプロの姿勢は、新たな未来へ受け継がれていく。

快適な室内環境に欠かせない空調設備。その舞台裏に光る、プロの仕事。

PHOTO

空調設備を設置して終わりではなく、保守・メンテナンスを通じて、お客様とは長いお付き合いが続く。仕事を通じて得られる人とのつながりは、何にも代え難い財産といえる。

大学で空力学を学んでいた私は、勉強と併行して卓球部での活動にも注力していました。30人を超える部員とコミュニケーションをとるのは簡単ではありませんでしたが、厳しい練習を共に乗り越えた仲間との絆は太く、そこで学んだ人とのつながりの大切さは、大きな力となって私を支えてくれています。
私は大学院に進むかどうか悩んでいたため、就活への取り組みがかなり遅くなってしまいました。そんな私に研究室の教授が推薦してくれたのが、東京冷機工業だったんです。今後温暖化が進めば空調関連の仕事はさらにニーズが増し、社会にも大きく貢献できる点に魅力を感じたことが、入社のきっかけになりました。

当社では、入社してからの2年間は先輩社員と同行し、OJTスタイルでサービスエンジニアとしてのノウハウを身につけていきます。2年というと長く感じるかもしれませんが、室内機、室外機、制御系統、電気系統など取り扱う分野は多岐にわたるほか、3年目からはお客様担当として複数社を任されるチャンスもあるので、2年間で基本的なことをしっかり身につけなければなりません。そこで私は先輩との同行にあたり、まず先輩の考えを推察して自分がどうすべきかを考え、指示される前に行動に移すよう心がけています。まず自分で動く。不安が生じたらアドバイスをもらう。そうした経験を重ねることでスキルの高まりを実感しています。

仕事をしていて驚かされるのが、当社の団結力です。先日、大型空調機が20台設置されている工場でブレーカーが落ちるアクシデントが発生し、私は先輩と二人でテスターを手にチェックしていったのですが、なかなか原因の特定には至りません。そこで他の現場で作業をされている方に応援を頼んだところ、他のエリアから10名以上が駆けつけてくれ、夜遅くにようやく1台のファンモーターの漏電に辿りついたのです。後日モーターを交換して無事に修理完了。フォローしてくれた仲間への感謝と同時に、社員同士が助け合う風土が自然に醸成されている当社の企業風土を誇りに感じた出来事でした。

今後の目標は、今秋の試験で第3種冷凍機械責任者資格を取得することです。難易度の高い資格ですが、取得すれば知識量が増え、またプロとしての証明にもなるため、必ず取得し、自分自身の成長につなげていきたいですね。

<秋元 達/川越営業所 鶴ヶ島サービスステーション/入社2年目>※取材時

会社データ

プロフィール

東京冷機工業の設立は、1956年。以来、関東圏を中心に、商業施設、学校、病院、美術館、オフィスビル、住宅などの冷暖房システムをはじめ、工場など産業用途の空調設備、さらには空調に付帯する給排水衛生設備なども含め、「あらゆる施設」の「あらゆる設備」の「あらゆる施工・メンテナンス」を請け負ってきました。私たちは、空調設備に関わることなら設計から施工、メンテナンスまですべてお応えできる、トータルプランナーです。

また東京冷機工業は、環境に配慮した様々なご提案が可能です。建物のエネルギーをゼロにするための設備設計、省エネ設計、コンサルティングを行う「ZEBプランナー」の登録事業者であり、二酸化炭素削減やエネルギー削減の診断を行う認定機関であり、工事の際にお客様から引き取った空調機器の再資源化を目指すリサイクル推進企業でもあります。このように、時代のニーズに沿ったサービスをご提案しています。

これまで積み上げてきたことを活かすのも、これからの事業拡大のためにも、必要なのは会社とともに成長できる人材です。お客様に最適な環境をご提供するためにも、まずは社員の働きやすい環境と生活を整えることが第一。そのため、決してひとりに無理な仕事を任せてしまわないように、上司や先輩から積極的に声かけを行うことで進捗を皆で共有できるようにしています。

また、運動会やバーベキュー大会などの、親睦を深めるためのイベントを定期的に開催したりと、所属部署のみならず、他部署まで間口を広げ、チームワークの育成に力を注いでいます。

会社の休日に出勤することもありますが、その場合の振替休日は取得率100%。また、スタッフは全員正社員での雇用です。仕事も休日も安定し、ワークライフバランスが図れるので、趣味やリフレッシュの時間を充実させることができます。

空調設備は、今やガスや水道などのインフラと同じ、社会になくてはならないものです。導入からその後の定期メンテナンスまでを執り行い、設立当初から培ったノウハウを最大限に活かすことで、当社は6,000社を超えるお客様と強い信頼関係で結ばれています。こうして築いてきた盤石な経営基盤と、社員との絆を誇りに、東京冷機工業は業界のリーディングカンパニーを目指します。

お客様事例)学校法人、食品メーカー、製薬会社、ホテル、化粧品メーカー等

事業内容
●空調設備(生活空調、クリーンルーム等の産業用空調)
●冷熱設備
●省エネシステム
●環境空調等の設計、施工、保守
●環境負荷低減へのソリューション提案

【首都圏法人顧客6,000社。動きつづける、私たちの仕事。】

東京冷機工業のお客様は首都圏全域。
現在、法人顧客6,000社ものお客様に対して「いい空気」をつくる仕事をしています。
私たちの強みは、空調設備の「設計」・「施工」・「メンテナンス」まで一貫して行うことができること。その設備が誕生してから活動を終えるまで、ずっと関わり続ける仕事なのです。

仕事の流れは、まず“営業担当”がお客様と打ち合わせをし、「こういった空調を可能にする設備が欲しい」という要望を聞き出します。次に、その用件を満たす設備構造を、“設計担当”と一緒になって設計図に起こし、その図面に基づいて“施工担当”が設備を作り上げる。
実際に動き出してからは、“サービスエンジニア”が、安定的に稼動するように保守と点検を続けます。

また、“営業担当”も提案して終わりではなく、定期的にお客様のお悩み相談に乗ったり、要望に応えます。
“施工担当”も設備を作り上げて終わりではなく、万が一の緊急事態には迅速に対応します。

このように築き上げてきた信頼と実績が、安定的な顧客基盤となって、現在の東京冷機工業の経営を支えています。
今この瞬間も、首都圏法人顧客6,000社で「いい空気」を生み出し続けているのです。

PHOTO

本社は駒込駅から徒歩2分の好立地にある。大通りに面した場所で目印となるのは「東京冷機」の大きな文字。

本社郵便番号 113-0021
本社所在地 東京都文京区本駒込6-24-5
本社電話番号 03-3943-5551
日暮里オフィス郵便番号 116-0013
日暮里オフィス住所 東京都荒川区西日暮里2丁目26-2
日暮里UCビル7、8階
設立 1956年3月3日
資本金 3億円
従業員 578名 (2024年4月1日現在)
売上高 220億円(2023年度)
事業所 本 社/東京都文京区本駒込
営業所/東京・品川・多摩・西部・横浜・湘南・厚木・大宮・埼北・川越・千葉・千葉西・栃木・群馬・茨城
代表者 代表取締役社長 吉田 丈太朗
売上高推移 10年度  110億8,800万円
11年度  125億4,300万円
12年度  133億7,600万円
13年度  136億8,700万円
14年度  135億4,200万円
15年度  152億7,400万円
16年度  162億6,500万円
17年度  174億6,600万円
18年度  188億9,900万円
19年度  200億2,100万円
20年度  183億7,000万円
21年度  190億3,900万円
沿革
  • 1956年 3月
    • 東京都千代田区神田旭町に資本金50万円にて設立
  • 1959年 1月
    • 東京都北区田端新町に田端工場を設置、主として空調用付属機器を製作。(1963年3月、埼玉県川口市へ移転。)
  • 1960年10月
    • 横浜市中区日ノ出町に横浜営業所を開設する
  • 1961年1月
    • 本社を文京区本駒込に移転
  • 1963年10月
    • 大宮市仲町(現・さいたま市大宮区)に大宮営業所を開設する
  • 1969年3月
    • 富士設備工事(株)を吸収合併する
  • 1975年10月
    • 横浜営業所、大宮営業所を法人化し、神奈川東京冷機(株)と埼玉東京冷機(株)を設立する
  • 1977年10月
    • サービス・ステーションを8カ所設置し、サービス網を拡充
  • 1990年 4月
    • 千葉市西都賀に千葉東京冷機(株)を設立
  • 2001年 8月
    • ISO9001シリーズ認証取得
  • 2005年 4月
    • GHPエリアメンテ(東京ガス)作業に進出
  • 2006年 3月
    • 新宿・京王プラザホテルにて50周年祝賀会を開催
  • 2009年 4月
    • 業務管理モバイルシステム発足
  • 2010年 4月
    • 川口市芝下に研修センター開設
  • 2017年 4月
    • 神奈川東京冷機(株)、埼玉東京冷機(株)、千葉東京冷機(株)を東京冷機工業(株)に吸収合併
  • 2019年 11月
    • Bリーグ バスケットボールチーム
      アースフレンズ東京Zのトップスポンサーに
  • 2022年 9月
    • 新たな研修施設として「TO-REI 成長支援センター」を竣工
  • 2023年 4月
    • 東京都より「TO-REI成長支援センター」が職業訓練校に認定

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.1年
    2024年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2024年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11日
    2024年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 20名 25名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 7名 12名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.8%
      (56名中1名)
    • 2023年度

    【その他】 リーダー職:4名、係長:1名

社内制度

研修制度 制度あり
職業訓練校に認定された5F建ての自社研修施設を完備。
新人導入研修は6ヶ月間(研修終了後に配属)。
経験や知識を考慮し、職種・業務に必要な研修が多数あり、
若手はもちろん、ベテランになってもスキルアップを常に後押しする環境があります。
また、「社員は財」とするトウレイは、
自主参加型の研修、外部研修も積極的に取り入れ、
社員の生涯価値向上を応援し続けています。
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得奨励金制度・通信教育制度
メンター制度 制度あり
年齢や社歴の近い、他部署の先輩社員が、仕事の不安や悩みの相談を受け、業務などの指導、育成を行います。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
自己申告書制度により、社員のキャリア形成を支援。

*希望の職種や勤務地の異動等、多様化する働き方や
チャレンジする社員の声に毎年耳を傾けています(毎年希望提出可能)。
社内検定制度 制度あり
社内マイスター制度…「サービスエンジニア」と「工事」での社内資格

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
亜細亜大学、足利大学、跡見学園女子大学、石巻専修大学、江戸川大学、桜美林大学、大阪体育大学、嘉悦大学、神奈川大学、神奈川工科大学、川村学園女子大学、関東学院大学、共愛学園前橋国際大学、北里大学、岐阜経済大学、九州産業大学、工学院大学、甲南大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉工業大学、相模女子大学、産業能率大学、実践女子大学、芝浦工業大学、淑徳大学、順天堂大学、湘南工科大学、尚美学園大学、城西大学、城西国際大学、聖学院大学、西武文理大学、清和大学、専修大学、創価大学、第一工業大学、大正大学、大東文化大学、高千穂大学、拓殖大学、千葉工業大学、千葉商科大学、帝京大学、東海大学、東京家政大学、東京家政学院大学、東京経済大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京聖栄大学、東京成徳大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、同志社女子大学、東邦大学、東洋大学、獨協大学、日本工業大学、日本体育大学、日本大学、開智国際大学、白鴎大学、富士大学、文教大学、文京学院大学、常葉大学、法政大学、前橋工科大学、武蔵野大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、明星大学、目白大学、ものつくり大学、横浜商科大学、立正大学、麗澤大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
宇都宮ビジネス電子専門学校、織田調理師専門学校、産業技術短期大学、自由が丘産能短期大学、情報科学専門学校、聖セシリア女子短期大学、千葉女子専門学校、中央工学校、東京医薬看護専門学校、東京工業高等専門学校、東京日建工科専門学校、専門学校トヨタ東京自動車大学校、成田国際航空専門学校、日本電子専門学校、HAL東京、船橋情報ビジネス専門学校、専門学校読売自動車大学校

エスモードジャポン、大原簿記専門学校、春日部高等技術専門校、川口高等技術専門校、川越高等技術専門校、県央産業技術専門校、航空工業高等専門学校、国際理工情報デザイン専門学校、産業技術高等専門学校、中央高等技術専門学校、中央・城北職業能力開発センター赤羽校、東京工科自動車大学校、東京製図専門学校、日本工学院、船橋高等技術専門校、水戸産業技術専門学院 (50音順)

採用実績(人数) 2020年……19名
2021年……20名
2022年……24名
2023年‥…29名
2024年‥…25名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 22 3 25
    2023年 29 0 29
    2022年 22 2 24
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2024年 25
    2023年 29
    2022年 24
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2024年 0
    2023年 2
    2022年 3

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp84381/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

東京冷機工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 東京冷機工業(株)の会社概要