最終更新日:2024/3/15

青い森鉄道(株)

  • 正社員

業種

  • 鉄道

基本情報

本社
青森県
資本金
29億円
売上高
60億6,571万円(2023年3月実績)
従業員
321名
募集人数
16~20名

通勤・通学等の「地域の足」と「全国物流の大動脈」を担う青森県の鉄道会社です。

  • My Career Box利用中

令和7年度採用 エントリー受付中です! (2024/03/15更新)

こんにちは!青い森鉄道株式会社 総務課 採用担当です。
皆さまからのたくさんのエントリーお待ちしています!

3/26に会社説明会を実施します。出席を希望される方は予約をお願いします。たくさんのご応募お待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
青い森鉄道線は、通勤・通学等の「地域の足」として多くのお客様にご利用いただいているほか、貨物列車も走行する大変重要な路線です。
PHOTO
社員一丸となって、鉄道事業者として最大の使命である、「安全・安定輸送」に取り組み、開業以来の無事故を継続しています。

さらなる「安全」と「信頼」を目指して。最大の使命である「地域の足」を確保します。

PHOTO

鉄道は24時間365日運行しており、安全・安定輸送を行うために、多くの社員が支えています。

当社は、東北新幹線開業によりJR東日本から経営分離された並行在来線で、地域の交通機関として地域の皆様と共に歩む鉄道会社です。
この経営分離にあたっては、鉄道施設は青森県(第三種鉄道事業者)が所有し、当社は、第二種鉄道事業者として旅客鉄道事業を行う「上下分離方式」が導入されています。また、青森県の指定管理者として、青森県の所有する鉄道施設の保守管理業務を担っています。
当社は、通勤・通学の多くの方にとって貴重な地域の足としてご利用いただいているほか、貨物列車が1日50本通る全国の物流の大動脈として重要な役割を果たしています。
これまで、当社の責任による事故は一度もなく、今後も安全安心の確保を第一に、社員一丸となって取り組んでいきます。

また、当社は青森県が実施する「あおもり若者定着奨学金支援制度」に参画しています。詳細は以下URLより青森県HPをご覧ください。
https://www.aomori-life.jp/syogakukin/

会社データ

プロフィール

青い森鉄道(株)は、第三セクターの鉄道会社です。
2002(平成14)年12月1日に目時駅~八戸駅間(25.9km)が、2010(平成22)年12月4日に八戸駅~青森駅間(96.0km)が開業しました。
青森県内3市8町を通る121.9kmの路線で、年間450万人の方にご利用いただいています(2018年度)。
2019(令和元)年7月22日には、台湾鉄路管理局縦貫線(台中~高雄間)と姉妹鉄道協定を締結しました。

事業内容
《事業内容》
旅客鉄道業、広告業、旅行業等

《経営理念》
1 お客様から信頼され、愛される会社をめざして、鉄道施設を保守管理する第三種鉄道事業者の青森県と密接な連携を図り、鉄道経営の基本である安全な旅客輸送に努めます。

2 お客様の重要な足としての旅客輸送を基本として、業務の効率化、利便性の向上を図り、健全な経営をめざします。

3 お客様に身近で環境に優しい公共交通機関として、沿線地域の振興、住民福祉の向上及び地球環境の保全に貢献します。 

PHOTO

当社の最優先目標である安全・安定輸送の確保の為、「安全は全てに優先する」をモットーとして教育・訓練を充実させ、「安全の風土づくり」に邁進してまいります。

本社郵便番号 038-8550
本社所在地 青森市篠田1丁目6-2
本社電話番号 017-752-0330
設立 2001年5月30日
資本金 29億円
従業員 321名
売上高 60億6,571万円(2023年3月実績)
事業所 本社(青森市)・運輸管理所(青森市、八戸市)・設備管理所(青森市、八戸市)・青森駅、野辺地駅、三沢駅、八戸駅、他有人駅5駅、無人駅18駅
業績 決算期 2023年3月 売上高60億6,571万円 経常利益 1,635万円
決算期 2022年3月 売上高53億9,073万円 経常利益 3,027万円
決算期 2021年3月 売上高52億8,376万円 経常利益 2,793万円
決算期 2020年3月 売上高55億4,734万円 経常利益 2,992万円
決算期 2019年3月 売上高58億5,829万円 経常利益 1億3,059万円
決算期 2018年3月 売上高61億7,186万円 経常利益 1億2,483万円
決算期 2017年3月 売上高62億8,263万円 経常利益 3,643万円
株主構成 青森県68.80%・沿線市町19.92%・民間11.28% 
主な取引先 東日本旅客鉄道(株)・日本貨物鉄道(株)
平均年齢 34歳
沿革
  • 1990年12月
    • 整備新幹線着工等の政府、与党申合せ
      建設着工区間の並行在来線は、新幹線開業時にJR経営から分離することを事前に確認することという条件が提示された。
  • 1991年7月
    • 青森県知事から運輸省鉄道局長に対して八戸までの経営分離について回答
      青森県は沿線市町村と協議を行い、新幹線の整備をする観点から、「経営分離もやむを得ない。」という結論に至り、八戸までの経営分離に同意
  • 1996年12月
    • 整備新幹線の取り扱いについての政府与党合意
      建設着工する区間の並行在来線については、従来どおり、新幹線開業時にJRの経営から分離することという条件が提示された。
  • 1998年1月
    • 八戸以北の沿線市町村との協議のうえ、八戸・青森間の経営分離に同意。分離同意の結果、東北新幹線は新青森までフル規格での着工決定
  • 2001年5月
    • 青森県並行在来線鉄道会社設立準備会開催
      青い森鉄道(株)の設立総会を開催し、役員等を選任
      2001.5.30 設立登記
  • 2002年3月
    • 第二種鉄道事業及び青森県の第三種鉄道事業に係る許可申請を国土交通大臣に提出
  • 2002年4月
    • 八戸新築社屋への移転完了
  • 2002年5月
    • 第二種鉄道事業に係る許可状及び青森県の第三種鉄道事業に係る許可状が国土交通大臣から交付された。
  • 2002年11月
    • 青い森鉄道利用促進協議会発足
  • 2002年12月
    • 青い森鉄道線 目時~八戸間 開業
  • 2007年12月
    • 同協議会による経営計画素案決定
  • 2010年2月
    • 青森延伸にともなう当社第二種鉄道事業に係る許可状及び青森県の第三種鉄道事業に係る許可状交付
  • 2010年5月
    • 青い森鉄道利用促進協議会解散
      青い森鉄道線利活用推進協議会発足
  • 2010年10月
    • 青森市へ本社移転
  • 2010年12月
    • 青い森鉄道線 八戸~青森間 開業
  • 2011年3月
    • 野内駅移設開業
  • 2012年12月
    • 青い森鉄道線 目時~八戸間 開業10周年
  • 2014年3月
    • 筒井駅 開業
      「青い森703系」デビュー
  • 2019年7月
    • 台湾鉄路管理局縦貫線(台中~高雄間)と姉妹鉄道協定を締結
  • 2020年12月
    • 青い森鉄道線 全線開業10周年
  • 2022年12月
    • 青い森鉄道線 目時~八戸間 開業20周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 18日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 21名 26名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 5名 10名
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
採用時研修、新入社員研修、トレーナー社員研修、階層別研修
メンター制度 制度あり
トレーナー制度を実施し、トレーナーに指名された先輩社員が新入社員の指導や相談などサポートをしています。
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
山形大学
<大学>
青森大学、青森県立保健大学、青森公立大学、青森中央学院大学、秋田大学、石巻専修大学、茨城大学、岩手県立大学、宇都宮大学、関西大学、北見工業大学、京都大学、國學院大學、札幌大学、札幌学院大学、札幌国際大学、城西大学、駿河台大学、大東文化大学、中京大学、筑波大学、帝京平成大学、東海大学、東京情報大学、東北大学、東北学院大学、東北工業大学、東北福祉大学、東洋大学、富山大学、同志社大学、新潟大学、日本大学、日本工業大学、八戸学院大学、八戸工業大学、弘前大学、福島大学、法政大学、北海道教育大学、明治学院大学、盛岡大学、山形大学、山梨学院大学
<短大・高専・専門学校>
青森明の星短期大学、青森中央経理専門学校、上野法律ビジネス専門学校、東京交通短期大学、東北電子専門学校、日本電子専門学校、八戸学院大学短期大学部、八戸工業高等専門学校、東京ITプログラミング&会計専門学校仙台校、青森県立八戸工科学院、青森歯科医療専門学校、函館工業高等専門学校、盛岡公務員法律専門学校、日本国際工科専門学校、エアライン・鉄道・ホテル・テーマパーク専門学校東京、北海道スポーツ専門学校、青森中央短期大学、北海道情報専門学校、専門学校東京ホスピタリティ・アカデミー、専門学校アレック情報ビジネス学院

採用実績(人数)          2021年 2022年 2023年
-------------------------------------------------
大卒        9名   3名   1名
短大・専門卒    1名    ー    3名
高卒        2名   1名   ー
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 4 0 4
    2022年 4 0 4
    2021年 6 6 12
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 4
    2022年 4
    2021年 12
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp87088/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

青い森鉄道(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
青い森鉄道(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 青い森鉄道(株)の会社概要