最終更新日:2024/4/24

(株)トヨタプロダクションエンジニアリング

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 情報処理
  • 自動車・自動車部品
  • プラント・エンジニアリング
  • 機械設計
  • ソフトウエア

基本情報

本社
福岡県
資本金
4億円 ※トヨタ自動車100%出資
売上高
140億円(2022年3月期)
従業員
662名(2023年10月時点)
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

製造技術(量産準備)を中心に、トヨタのクルマづくりの各プロセスをデジタル/フィールド/技術開発の3部門から支援。「もっといいクルマづくり」を実現します。

【採用担当者より】 (2024/04/23更新)

PHOTO

こんにちは!
弊社に興味を持っていただきありがとうございます。

選考ES提出方法やイベントへのご参加方法は、マイナビエントリーいただいた後、
専用マイページよりご案内いたします。

また、OB面談の依頼やお問い合わせなどは下記より受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
https://recruit.tpec.co.jp/contact/

※エンジニア総合職 :ご応募受付中
※コーポレート総合職:募集停止中

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
最先端のデジタルツールを駆使し、バーチャル空間で、生産ラインや設備を多角的に検討。その上で、品質、生産効率、安全性、作業環境などの完成度を極限まで高めていく。
PHOTO
トヨタと連携した大掛かりなプロジェクトが中心なので、仕事のほとんどはチーム制。若手社員が多いTPECの場合、若手がリーダーとして活躍するケースも珍しくない。

TPECの強みとやりがい、求める人物像、そして入社後の教育体制とは?

PHOTO

「テレワークの推進やフレックスタイム制の導入など、私たちはダイバーシティの一環として働き方改革にも力を入れています」と話してくださった人事・総務室の若松さん。

Q.TPECの強みを教えてください。
A.自動車をつくるためにまずデザイン・設計を行い、工場で製造する、というのはイメージできると思います。その設計と製造の間には「製造準備」と呼ばれる工程があり、製造にあたってベストな生産方法を設計することで最適な車づくりを実現しています。サイバー空間に仮想工場をつくって実際の生産ラインを想定した緻密なシミュレーションを重ねたり、VRを使ってデジタル上で作業成立性の検討をしたりして、製造時の問題の発生を防ぎます。さらに、私たちはデジタル上でのシミュレーションだけでなく、実際に工場や生産ラインを確認し、改善点・問題点をフィードバックすることで、さらなる効率化・高品質化をめざすフィールドエンジニアリングにも注力。
バーチャルとアクチュアルを行き来しながら、より高度な製造技術を確立し、品質向上や低価格化に貢献しています。また、技術開発にも積極的に取り組んでおり、今後は独自の新技術を国内外のメーカーに提供していきたいと考えています。自分たちの技術力で世界を相手に勝負できるため、エンジニアとして力強い手応えを実感できる領域です。

Q.入社後の教育体制はいかがでしょうか?
A.技術系総合職の場合、約半年間の新人研修後、デジタル部門で1年間のOJTを実施。そして、2年目はフィールド部門でのOJTをおこないます。デジタル・フィールドの両領域の経験・知識を得た上で本人の希望や適性より配属を判断し、本配属を決定。さらに、年に1度自身のキャリア希望を申告し、上司と申告内容をもとに今後の業務やキャリアについて話し合う機会を設けるなど、社員一人ひとりの適性や希望を尊重したキャリア形成を支援しており、自分らしく仕事を続けられる環境が整っています。

会社データ

プロフィール

私たちは「モノづくり」の原点として、トヨタ自動車の生産工程全般の生産技術を提案しています。

車両生産工程(プレス、ボデー溶接、車両組付等)からユニット生産工程(エンジン、シャシー、ドライブトレーン部品等)まで、トヨタ新車種の開発段階からプロジェクトに加わり、実際の生産体制づくりを構築していきます。

生産ラインを具現化していく過程で、ロボットシミュレータやデジタルアセンブリ、FEM解析等の最先端技術を活用し、「安全性」「品質」「生産性」を満足させる設備計画、工程計画等を提供しています。

事業内容
自動車に関するデジタルデータを基軸にした製造準備、設備開発設計、品質データ管理
・型、治具、設備、生産ラインの3Dデータ作成及び設計
・生産ラインの計画及び設備導入からの据付や調整
・剛性、流体などのCAE解析
・システム設計及びソフト開発
・コンピュータソフト・ハードの開発及び販売、リース、レンタルや保守
本社 郵便番号 811-4157
本社 所在地 福岡県宗像市アスティ1丁目6番地(むなかたリサーチパーク内)
本社電話番号 0940-32-0122
元町オフィス 郵便番号 471-8573
元町オフィス 所在地 愛知県豊田市元町1番地 トヨタ自動車(株)元町工場内 生技事務2号館
第二本社電話番号 0565-75-7573
設立 2007(平成19)年4月
資本金 4億円 ※トヨタ自動車100%出資
従業員 662名(2023年10月時点)
売上高 140億円(2022年3月期)
事業所 本社・福岡技術センター/福岡県宗像市アスティ1丁目6番地
元町オフィス/愛知県豊田市元町1番地
       トヨタ自動車(株)元町工場内生技事務2号館
株主構成 トヨタ自動車(株)(100%)
取引先 トヨタ自動車(株)、トヨタ自動車九州(株)、トヨタ自動車北海道(株)、
トヨタ自動車東日本(株)等 自動車関連企業
平均年齢 38歳
企業SNS【 Instgram 】 インスタグラムをやっています!
説明会などではお伝えしきれないTPECの魅力を掲載しています
https://www.instagram.com/toyotaproductionengineering/
会社ホームページ https://www.tpec.co.jp/
沿革
  • 1991年
    • トヨタ自動車(株)の全額出資により、
      車両系設計・製造準備エンジニアリング会社として
      (株)BPAを設立。本社を福岡市に置く。
      ユニット系設備の設計・エンジニアリング会社として
      (株)MTAを設立。本社を名古屋市に置く。
  • 1993年~96年
    • トヨタ自動車(株)に加え、トヨタ自動車九州(株)や
      ボデーメーカーからの業務受託開始。
  • 1996年
    • デジタルエンジニアリングの拠点として
      宗像市に福岡技術センターを建設。
  • 2003年
    • ユニット系製造準備業務の受託開始。
  • 2007年
    • (株)BPAと(株)MTAが合併。
      (株)トヨタプロダクションエンジニアリングとして設立。
      本社を福岡市に置く。
  • 2009年
    • 福岡技術センターに現地現物が解るデジタルエンジニアの
      人財育成工房に技術工房を織り込んだ新棟を建設。
      併せて、本社を福岡市から宗像市へ移転。
  • 2011年
    • トヨタ自動車北海道(株)との取引を新たに開始。
      海外(欧州、豪亜、中国)での業務受託本格化。
  • 2012年
    • 豊田地区のトヨタ自動車内事業所を生技の拠点である
      元町工場内に再編し、3拠点(本社・元町・広瀬)へ集約。
  • 2013年
    • TMAP‐EM(タイ)との直接取引を開始。
  • 2015年
    • 技術開発に特化した部署(技術開発室)の新設
  • 2017年
    • TPEC創立10周年記念式典を開催
      経済産業省主催「健康優良企業ホワイト500」認定 ※2022年現在、6年連続認定中
  • 2019年
    • 福岡県子育て応援宣言企業へ登録
      働く人がいきいき輝く事業所表彰“いきいき”大賞受賞(豊田市主催)
      福岡県テレワークによる障害者雇用促進サポートモデル事業へ参画
  • 2020年
    • あいち女性輝きカンパニー認証
  • 2022年
    • BELS(建築物省エネルギー性能性能)最高評価取得
      ZEB Ready認証

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 21.3時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16.2日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 30名 33名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 18名 21名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.8%
      (235名中9名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(約5カ月間)
・階層別研修(若手社員、中堅社員、主任職、基幹職)
・役職研修(グループマネージャー、室長)
・語学研修(グローバル人材育成プログラム)
自己啓発支援制度 制度あり
・資格取得補助制度
・自己研鑽助成金制度(T-ストレッチ)
 業務時間外での自己研鑽に対して助成金を出し、
 意識改革やモチベーション向上、技術力の向上を図る
・大学・大学院編入学制度
メンター制度 制度あり
・上司・職場先輩以外の社員がメンターとなり、会社生活をサポート
キャリアコンサルティング制度 制度あり
・2WAYコミュニケーション制度
 個人の業務テーマを設定し、進捗や取り組みを1年を通して
 上司と定期的に確認・フィードバックを行う制度
 評価は賞与・昇格考課にも反映される(年4回面談実施)

・自己申告制度
 将来のキャリアプランや業務での悩み・困りごとなどを上司と共有する制度(年1回)

・キャリアプランニング制度
 2WAY制度や自己申告などで話し合われた結果のキャリアプランが実際に
 実現できているか・その計画があるかの確認を人事が各部と確認し
 計画的な育成を促進する制度

・キャリアチャレンジ制度(社内公募制度)
 会社の重点テーマに沿った業務に対し社内公募をかけ、
 従業員が上司を通さずに応募・異動を実施する制度

社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
愛知教育大学、愛媛大学、鹿児島大学、金沢工業大学、北九州市立大学、九州大学、九州共立大学、九州工業大学、九州産業大学、熊本大学、高知工科大学、佐賀大学、崇城大学、豊橋技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、金沢大学、名古屋工業大学、宮崎大学、名城大学、山口大学、山梨大学、琉球大学、福岡工業大学
<大学>
愛知大学、愛知工業大学、秋田大学、愛媛大学、大分大学、大阪大学、岡山大学、岡山理科大学、鹿児島大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、北九州市立大学、北見工業大学、九州大学、九州工業大学、九州産業大学、近畿大学、岐阜大学、熊本大学、高知工科大学、国士舘大学、佐賀大学、静岡大学、下関市立大学、信州大学、崇城大学、中京大学、中部大学、東海大学、富山大学、富山県立大学、豊田工業大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長崎大学、長崎総合科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、南山大学、西日本工業大学、日本大学、日本赤十字九州国際看護大学、広島大学、広島工業大学、広島修道大学、福井県立大学、福岡大学、福岡工業大学、福山大学、三重大学、宮崎大学、室蘭工業大学、名城大学、山口大学、山梨大学、立命館大学、上智大学
<短大・高専・専門学校>
北九州工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、熊本高等専門学校、久留米工業高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、大分工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、宇部工業高等専門学校、大島商船高等専門学校、仙台高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、米子工業高等専門学校、苫小牧工業高等専門学校、鈴鹿工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、豊田工業高等専門学校、新居浜工業高等専門学校

採用実績(人数) 2024年入社/エンジニア総合職17名、コーポレート総合職 1名
2023年入社/エンジニア総合職15名、コーポレート総合職 0名
2022年入社/エンジニア総合職15名 コーポレート総合職 0名
2021年入社/エンジニア総合職15名 コーポレート総合職 0名
2020年入社/エンジニア総合職14名 コーポレート総合職 1名
       
採用実績(学部・学科) ▼エンジニア総合職
 理工系学部全般(工学部・理工学部・農学部など)
 機械工学科、制御情報工学科、電子情報工学科、材料工学科、生命体工学研究科、建築学科、化学科、応用生物化学科、知能ロボットシステム工学科、数学科

▼コーポレート総合職
 外国語学部、法学部、経済学部、国際コミュニケーション学部
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 14 0 14
    2022年 15 0 15
    2021年 15 0 15
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 14
    2022年 15
    2021年 15
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

先輩情報

クルマをつくる過程を味わえる仕事
E.S
2018年
九州大学
工学部 物質科学工学科
エンジン・駆動HVエンジニアリング部
PHOTO

取材情報

設計と製造をつなぐ重要な業務を担当。世界のモノづくりに関わる仕事の魅力に迫る!
職場の雰囲気の良さや、充実した福利厚生も気に入っています
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp87700/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)トヨタプロダクションエンジニアリングと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)トヨタプロダクションエンジニアリングを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)トヨタプロダクションエンジニアリングの会社概要