最終更新日:2024/7/16

生和コーポレーション(株)

  • 正社員
  • 既卒可
  • PHOTO

業種

  • 住宅
  • 建設
  • 不動産
  • 建築設計
  • 不動産(管理)

基本情報

本社
東京都、大阪府
PHOTO
  • 土木・建築系
  • 事務・管理系

枠にとらわれず何でも出来るようになる

  • 久司駿三
  • 東京工業大学
  • 土木学科
  • 不動産開発部

就職活動について

選考を受けた主な業界
  • 建設・設備関連
  • 住宅・インテリア
  • 不動産

会社・仕事について

現在の仕事
  • 部署名不動産開発部

  • 勤務地東京都

購入・開発・売却まで一括で対応するデベロッパー部門

不動産を購入し、主にマンションの開発事業を行っています。
不動産購入の際の査定、売主様との交渉、購入後のマンション工事の工程管理、竣工後の売却等の運営まで一括で担当します。
購入の際には競合他社が思いつかない設計プランや開発物件の運用方法をどれだけ考えられるかで勝負が決まります。
実際に他社が低層物件のプランしか用意できなかった所を、高層物件が建てられるプランで設計部や工事部と何度も打ち合わせを行う事で用意し、他社と購入金額に大差をつけ取得に結び付いた際は非常に嬉しかったです。


一から人間関係を作り、感謝される関係にまで

一番嬉しかった事は土地の権利関係で揉めていた近隣住民の方と折り合いがつき、むしろ感謝された事です。
物件の中には売主様と近隣の方との人間関係から、敷地の境界などが長年あやふやな状態のままになっているものも少なくありません。
私たちは事業として不動産を購入する以上、権利関係をしっかりさせる必要があり、そこで近隣の方と問題が発生する場合もあります。
近隣の方からすれば、いきなりお隣が不動産屋の所有になるわけですから当然不安に思われます。
そういった状態の中で何度もお隣に足を運び、人間関係をしっかり作り、落としどころを模索する事も重要な仕事になります。
はじめは怒鳴られるような関係性から、最後には感謝の言葉を頂けるようにまで関係性を作れた際は非常に嬉しかったです。


新しい事をどんどん取り入れていく社風

会社全体として新しい事を積極的に取り入れている社風である事を強く感じます。
特に私の所属する不動産開発部はまだ発足間もない部門であるため、1案件毎に新しい取り組み方を試していました。
実際に社内でまだ誰も経験していない仕事を、入社間もない私でも何件も取り組ませて頂いています。
そのため毎日新鮮な気持ちで仕事に取り組む事が出来ています。
また事業戦略としても、昨今の変化が大きい不動産業界において、社内社外問わずいいものを吸収していくスタンスは非常に魅力に感じました。
個人単位でも会社単位でも新しい事に取り組める社風であると感じ、入社を決めました。


就職活動のアドバイス

入社後のミスマッチに不安を感じる方、まだやりたい事が定まっていない方は、色々な事に挑戦できる会社を探してみても良いと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. 生和コーポレーション(株)の先輩情報