最終更新日:2024/7/4

公益財団法人日本道路交通情報センター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • サービス(その他)
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 情報処理
  • 放送

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 事務・管理系

ここでしか得られない経験を!

  • K.S
  • 2023年入社
  • 私大
  • 政治経済学部経済学科
  • 東京事務所 首都高速センター
  • 道路交通情報の収集、電話、ラジオ・テレビによる提供

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 地域社会・地域密着型の仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名東京事務所 首都高速センター

  • 仕事内容道路交通情報の収集、電話、ラジオ・テレビによる提供

入社のきっかけやこの会社に決めた理由は?

この会社に入らなければできない経験があることが、最終的な入社の決め手でした。
私は幼いころから地図や乗り物が好きで、そのようなものに携わる会社で働きたいと考えていました。
地図であれば出版社、乗り物であれば交通事業者や自動車メーカーなど、それらに携わる会社はJARTIC以外にも当然たくさんあったかと思います。
その中でもJARTICを選んだのは、JARTICの独自性の高さ(=ここでしか積めない経験がある)が魅力的だったからです。
3車線の高速道路から車1台がぎりぎり通れる狭い山道まで、日本には様々な道があります。
それらすべての道を相手取って仕事ができる組織は、日本にJARTICしかないと思います。
また業務の内容についても、放送をはじめとした各種媒体を通じて道路交通情報を提供するという仕事はおそらくJARTICに入らなければ経験できないことだろうと思います。
道路の種別や地域に捉われずすべての道路に携わって仕事ができるという点と、ここにしかない仕事があるという点が非常に魅力的で入社を決めました。


今、どんな仕事をしていますか?

大きく分けて、3つの仕事をしています。
1つ目はラジオでの放送業務です。JARTICの仕事として一番想像しやすい業務ではないでしょうか。
首都高速センターでは、首都圏のAM局、FM局あわせて6つのラジオ局にて放送を行っています。
放送時点での交通状況をもとに、それぞれの放送局にあわせた原稿を自ら作成し、それぞれの放送枠にあわせた持ち秒数で放送を行います。
2つ目は情報収集・端末入力業務です。
首都高速センターではその名の通り、首都高速道路の情報収集も担っています。
事故の情報があればどのような事故なのか、工事があればいつまで行われる予定なのか等、ドライバーの方へ提供する情報を管理者の方に取材して収集します。
収集した情報は、JARTIC内で共有できるように専用のシステムに入力します。この入力をもとに他センターが放送や電話案内を行うため、入力には正確性が求められます。
3つ目は電話案内業務です。
JARTICでは電話での情報提供も行っています。どこどこからどこどこまでの所要時間は何分か、一番早いルートはどれか等、ドライバーの方から頂く電話でのお問い合わせに対して直接回答をしています。


職場の雰囲気はどうですか?

首都高速センターは非常に穏やかな雰囲気の職場です。
JARTICの職場としては比較的大規模であり、所属人数の多い職場ですが、皆さん和やかに仕事をされています。
もちろん、交通量の増える朝や夕方など忙しいときはテキパキと引き締まった空気になりますが、そのような状況の中であってもわからないことがあって質問をすれば丁寧に教えていただけますし、業務について不安を抱えながら仕事をすることはこれまでありませんでした。
JARTICの業務は唯一無二なので当然すべての業務が未経験でしたが、教育体制がしっかりと整っており、新入職員に対する研修や現場でのOJTなどで丁寧に業務を教えていただけるため、非常にありがたい環境だなと感じています。
また様々な場面で相互確認する風土が醸成されており、業務の要所要所で気軽に先輩がたに確認をしていただけるので、その点でも安心感を持って業務に臨むことができています。


就職活動中の学生の皆さんへ

私は転職でJARTICに入ったため、私が新卒で就職活動をしていたときとは状況が異なるかもしれませんが、業種や規模に捉われず、多くの会社を見てみると、就職活動が楽しめるかもしれません。
一度会社に就職して社会に出てしまうと、新卒の就職活動のときのようにあらゆる会社が丁寧に説明会を開いてくれて、社内を見せてくれて、気兼ねなく質問出来て、という環境はなかなか無くなってしまうと思います。
就職活動はいろいろな会社のことを、ひいては実社会を、つまみ食いのように見学できる最初で最後の貴重な機会だと思います。
当然つらいこともあるかと思いますが、人生に一度の貴重な機会だと捉えて、前向きに楽しんでみてください!


トップへ

  1. トップ
  2. 公益財団法人日本道路交通情報センターの先輩情報