最終更新日:2024/6/26

金子コード(株)

業種

  • 医療用機器・医療関連
  • その他電子・電気関連
  • 食品

基本情報

本社
東京都、静岡県
資本金
5,900万円
売上高
48.24億円(2024年3月)
従業員
330名

【浜松×医療機器メーカー】カテーテル・医療用チューブで"生命"を救う"品物"の品質を造る〈創業92年〉〈完全週休二日制/土日休み〉

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
電線メーカーとして1932年に創立し、90周年を迎えました。伝統を守りつつグローバルな展開をし、医療分野・食品分野へも参入しています。
PHOTO
国内の各工場、営業所、販売会社が一体化した生産・供給ネットワークを構築しています。

コードだけじゃない!日本中で使われるカテーテルチューブをつくっています

PHOTO

医療機器を製造するやりがいのある仕事をしています。メディカル事業部は若手が活躍する職場です。

金子コードは1932年創業以来培ったノウハウ・実績と技術で、3つの事業領域におけるリーディングカンパニーを目指しています。 チューブ・メディカル関連部門、ケーブル・エレクトロニクス関連部門、食品関連部門の3つの部門で環境にも配慮したエレクトロニクス、チューブの開発および食品の生産を行っています。

~カテーテルチューブをつくっています!~
メディカル事業部は1992年に設立されました。カテーテルとは「人の体内に挿入して体液を排出させたり薬液を注入するなど、治療や検査を行うための細い管状の医療機器」を指します。
事業設立当時、日本の医療機器は欧米の製品が中心でした。「日本人の体に合ったカテーテルチューブ」を実現するため、現在も私たちは製品のさらなる開発に取り組み続けています。
「病気で苦しむ患者様の役に立つ医療機器」を、ビジネスパートナーであるお客様と共に考え具現化し病院様へ供給することで社会に貢献したいと考えています。

~医療への貢献~
『医療機器を提供し患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献する』という目的は、弊社を取り巻く業界すべてが一貫して保有している価値観だと思います。患者様に負担の少ない医療機器の構想打ち合わせでは、カテーテルチューブの製法、成形、加工等を考慮し提案することで創造を具体化していきます。
私たちの製品は命に直結するものですので決して簡単な仕事ではありませんが、「子供の手術が無事成功した」「身内の治療でカテーテルを使用し、不自由が軽減されました」「長く患っていた病気が根治できた」といったお話を伺うと嬉しさでとても幸せな気持ちになります。

~カテーテル製造のだいご味~
私たちの仕事は、病気の治療や診断に使用するカテーテルを製造し提供します。製造の過程は人の手がかかることが多く、手先の感覚で根気よく加工を行い、成形機械と粘り強く向き合い要求される仕様を実現、品質の作り込みのために標準化、検証、改善に取り組んでいます。
医療技術・医療機器は日々進化しており、私たちも技術力と製造力を高め常に成長していくことが求められてきました。自ら考える事で製造している実感が持て、進化する医療に追従し牽引していくことはものづくりの本物の魅力です。

会社データ

事業内容
■メディカル事業
医療用チューブ・カテーテルの製造販売

■エレクトロニクス事業
各種ケーブルの製造販売(ロボットケーブル、ソーラーケーブル、通信用ケーブル、LANケーブル、カールコード、モジュラーコード等)

■食品事業
食品の生産販売(主にチョウザメの養殖によるキャビアの生産販売)

PHOTO

わたしたちが製造している医療用チューブ・カテーテルが日本全国の医療機関でつかわれています。

本社郵便番号 143-0026
本社所在地 東京都大田区西馬込2-1-5
本社電話番号 03-3777-4511
第二本社郵便番号 431-1304
第二本社所在地 静岡県浜松市浜名区細江町中川80
第二本社電話番号 053-542-3290
創立 1932年4月
設立 1948年11月
資本金 5,900万円
従業員 330名
売上高 48.24億円(2024年3月)
事業所 ■国内
・本社/東京事務所:東京都大田区西馬込2-1-5
・浜松工場/浜松営業所:静岡県浜松市浜名区細江町中川80
・大阪営業所:大阪府吹田市江坂町1-12-28 大昇ビル2F
・春野事業所:静岡県浜松市天竜区春野町内
主な取引先 東日本電信電話(株)、西日本電信電話(株)、日本電気(株)、NECプラットフォームズ(株)、富士通(株)、(株)日立製作所、ヤマハ発動機(株)、オリンパス(株)、日本ゼオン(株)、沖電気工業(株)、東洋紡(株)、東レ(株)、ニプロ(株) 他多数
関連会社 金子電線電訊(蘇州)有限公司
【KANEKO WIRE&TELECOMMUNICATION(SUZHOU) CO.,LTD】
平均年齢 37.4歳(全社)
沿革
  • 1932年
    • 東京市品川区西大崎に金子正雄個人経営で金子コード製造所を創立
  • 1946年
    • 合資会社とし金子正雄社長に就任
  • 1948年
    • 株式会社に組織変更金子正雄取締役社長に就任
      静岡県浜松市下池川町に浜松工場建設
  • 1974年
    • 大阪市東区玉造に大阪営業所を開設
  • 1982年
    • 創業50周年を記念して新工場棟を建設
  • 1992年
    • メディカル部設立
  • 1993年
    • 東京都大田区西馬込に本社を移転
  • 1993年
    • 「金子コード(株)」に社名変更
  • 1994年
    • KANEKO TELECOMMUNICATION(SUZHOU)CO.,LTD.を中国蘇州市に設立
  • 1999年
    • 中国蘇州市に中国営業所を開設
  • 2000年
    • ISO-14001取得
  • 2002年
    • ISO-9001:2000年版取得
  • 2004年
    • 中国上海市に上海営業所を開設
  • 2005年
    • 取締役社長金子正一、取締役会長に就任
      専務取締役金子智樹、取締役社長に就任
  • 2010年
    • 蘇州第二工場設立
      中国北京市に北京営業所を開設
  • 2012年
    • 東海金子(株)を吸収合併、金子コード 資本金を5,900万円に増資
      金子コード80周年。会社ロゴマークを新しく作成
  • 2015年
    • 食品部設立
      春野事業所『HARUNO CAVIAR VALLEY』竣工。
  • 2016年
    • ISO13485 取得
  • 2016年
    • 浜松工場にシンボルタワー「roseroc」建設
  • 2017年
    • SUNDRED(株)を50%出資で設立
      オープン イノベーション事業展開を開始
  • 2020年
    • エストニアの養殖施設JAESTOに出資設立
  • 2020年
    • 代表取締役 金子 智樹がノーベル・サステナビリティ・トラスト・ジャパンの理事長就任
  • 2020年
    • HAL CAVIARがEU-HACCP認定
  • 2021年
    • ECサイトを開設
  • 2022年
    • 販売店舗「HAL PREMIUM」をオープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.7
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14.9時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.4
    2023年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2023年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 2 4 6
    取得者 1 4 5
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2023年度

    男性

    50.0%

    女性

    100%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • -%
      (-名中-名)
    • -年度

社内制度

研修制度 制度あり
社内研修…入社後2カ月を目安に各現場研修を行います。
階層別教育…外部講師を招き、階層別講習を1~2回/年実施します。
その他社外講習…会社側が判断した業務上必要な知識において外部講習に参加します。
自己啓発支援制度 制度あり
業務に資するとして会社が認めたセミナー等について受講費用の全額会社負担
メンター制度 制度あり
メンター制度があります。
新入社員1人に対して1人の先輩社員がつきます。
分からないことや不安なことをすぐに聞くことができ、
仕事や仕事以外のことでも気兼ねなく話せる環境づくりをしています。
キャリアコンサルティング制度
社内検定制度

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 3 4 7
    2022年 5 3 8
    2021年 9 8 17
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2023年 7 0 100%
    2022年 8 4 50.0%
    2021年 17 5 70.6%

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知学院大学、愛知工業大学、嘉悦大学、神奈川大学、金沢工業大学、京都産業大学、近畿大学、金城学院大学、国士舘大学、静岡大学、静岡県立大学、静岡理工科大学、椙山女学園大学、中部大学、帝京大学、東海大学、常葉大学、名古屋音楽大学、福知山公立大学、東京農業大学、高知大学
<短大・高専・専門学校>
愛知大学短期大学部

前年度の採用実績(人数)      2022年  2023年  2024年
-------------------------------------------------------
大卒    3名    4名    7名
短大卒   ―     ―     ―

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

金子コード(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
金子コード(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 金子コード(株)の会社概要