最終更新日:2024/7/12

(株)中遠熱処理技研

業種

  • 金属製品
  • 輸送用機器(船舶・航空・宇宙関連など)
  • 自動車・自動車部品
  • その他メーカー

基本情報

本社
静岡県
資本金
2,000万円
売上高(付加価値分)
5億5382万円(2023年10月決算)
従業員
40名

「試験所認定」国際規格ISO/IEC17025(国際標準化機構の規格)認定。自動車部品などの熱処理量産技術をもとに航空・宇宙産業にも参入。地域未来牽引企業 認定。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
天窓など窓も多く、明るい開放感あふれる工場で、コミュニケーションも良好です。
PHOTO
「当社は若手社員にもどんどんチャンスが与えられるバイタリティあふれる会社だと思います。」

自動車部品他にて高評価。さらに次世代産業である、航空宇宙部品に参入。

PHOTO

金属熱処理技能士特級~1~3級20名。部署によらず、文理不問で技能士に挑戦できます。若手も挑戦中。先輩が教えてくれます。2023年は特級に3名合格!

【会社紹介】
■品質・環境・安全など、5つの国際認証を取得。
中遠熱処理技研は理想の金属熱処理ソリューションをお届けしている企業です。

金属熱処理は鉄やアルミ素材の能力を引出し、強度&耐久性向上・軽量化・省エネなどを実現する技術です。中遠熱処理技研では、最新設備を積極導入し、全社員が金属熱処理技能士を目指すなど、知識・技能の研鑽により高品質・短納期・低コストを追求。また、品質・環境・安全衛生などにおいて高度化するニーズにこたえるため、QMSの国際規格であるJIS Q 9100はじめ5つの認証を取得。前処理から熱処理、仕上げ・修整、各種硬度検査や金属組織検査までの一貫生産で、あらゆる金属熱処理オーダーに高信頼でお応えしています。

【トピックス】
1. 国際規格ISO/IEC17025という国際標準化機構の管理部門に属するISO/CASCO適合性評価委員会が作成する規格に認定しました。
※詳しくは沿革参照

2. 静岡県で初めて、世界的な航空宇宙の品質規格であるSAE規格のAMS2750Eに準拠した仕様の熱処理炉を導入した当社は、JIS Q 9100航空宇宙品質マネジメントシステムも認証取得しており、これにより、自動車産業の規格のCQI9で力を発揮して、大手自動車メーカー等からも引き合いが増えており、300社もの取引きになりました。
 
3. 国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に2018年12月28日、当社が指定されました。
アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区とは欧米先進地域と肩を並べ、アジア新興国の追随を許さない航空宇宙産業の一大集積地の形成を図るための、国際戦略総合特区です。静岡県が愛知県、岐阜県、三重県、長野県と連携して推進する総合特区について、国から新たに追加指定されました。

【人事・採用に関する方針】
◆ 自動車・オートバイを始め電化製品から産業機械まで、幅広い製品の強さと軽量化に欠かせない、熱処理技術。専門知識だけでなく、柔軟な発想やそれを結実する応用力など、様々な能力が求められます。私たちは幅広く様々な能力を持つ社員一人ひとりがその枠を越えて融合するとき、新たな発見、そして進歩があると考えています。

そしてその実現のため「人が輝けば会社が輝く」をテーマとして、社員一人ひとりが成長できる環境を大切にしています。

また、お客様の期待に応えるため自ら成長したい人材を育成していきます。

会社データ

事業内容
【 金属熱処理技術 】
★ 鉄鋼・アルミ部品を強度向上することにより、部品の安全性、耐久性(長寿命化)、軽量化に役立ち、省エネルギーに貢献する、ものづくりの基盤を支える技術 

★およそ機械と名のつく製品のほとんどに、金属熱処理技術は用いられています。

□取扱製品 
◆ 輸送用機械:自動車・オートバイ等のエンジン周り部品をはじめとした各種部品。航空宇宙部品にも参入。
◆ 電機部品:エアコン・洗濯機の部品 等
◆ 農業機械 : 茶刈機・製茶プラントの部品 等
◆ 建設用機械 : 重機のブレーキ部品 等

□取扱熱処理~鉄から非鉄金属まで。
● 真空焼入れ・焼き戻し:IHI製真空熱処理炉3機
● 光輝焼準・焼鈍:冷間鍛造品の浸炭後の結晶粒粗大化防止技術
● 浸炭焼入焼戻:有効硬化層深さE0.05~コントロール
● 浸炭窒化焼入れ・焼戻し:全硬化層深さT0.05~コントロール
● ガス軟窒化:1gの小物部品~金型まで対応
● アルミT2/T4/T5/T6/T7熱処理:中間歪、風令ミスト冷却、等。合計14機(県下トップクラス)

□取扱工程~設備28機、検査機器17台
・前処理(洗浄等)から熱処理、仕上げ(歪修正、表面処理等)、検査(硬さ試験機、16,000倍レーザースコープ等)

PHOTO

明るい新工場。写真は2022年新設の連続光輝焼準設備と計2機。「経営革新計画」(温度測定解析と専用焼準炉による、冷間鍛造品の高精度な焼準技術の確立)承認設備。

本社郵便番号 436-0083
本社所在地 静岡県掛川市薗ヶ谷840-1
本社電話番号 0537-24-5566
創業 1972年12月1日
設立 1974年4月30日
資本金 2,000万円
従業員 40名
売上高(付加価値分) 5億5382万円(2023年10月決算)
経常利益 1億1743万円(2023年10月決算)
主な取引先 (株)アーレスティ、(株)アイシン、スズキ(株)、靜甲(株)、ミクニパーテック(株)、三菱電機、ヤマハ発動機(株)、他300社
関連会社 ムツミ熱処理(株)
平均年齢 43歳(2023年度)
国際規格 認証の取得 JIS Q 9100 航空宇宙防衛品質マネジメントシステム
ISO9001   品質マネジメントシステム
ISO14001  環境マネジメントシステム
ISO45001  労働安全衛生マネジメントシステム
ISO/IEC17025 試験所認定
IATF16949 自動車産業品質マネジメントシステム
◆先輩社員インタビュー 【先輩社員 インタビュー】
(商学部大学卒31才)
1.仕事の楽しさ
・様々な業界動向や各方面の情報から算出した見積りが受注につながると、仕事が成功したと感じる。
・お客様納期と社内の生産能力をパズルのようにあてはめ、最も効率よく生産計画が組めると、スッキリする。
・適した研修に参加出来るため、自らの力量がアップすることが励みになる。
・改善活動に対して、会社が積極的で、協力的なため、スムーズに承認されるので、効率が良くなり、仕事がやりやすくなる。
2.仕事の苦労
・新製品の立ち上げは試作から監査、初期流動完了まで、担当する業務が多く、手間が掛かるが、無事軌道に乗り、手が離れると達成感がある。

(工学部院了29才)
1.仕事の楽しさ
・検査により各種材料や金属熱処理による硬度の変化や金属組織がよくわかること。
・研修に行くことが出来るため、意欲があれば知識を深めることが出来る。
・顕微鏡や硬さ試験機を使った作業が、理系の興味があるので、楽しい仕事と感じる。
2.仕事の苦労
・試作製品の検査は項目が多く、手間が掛かるが、詳細なデータはお客様に喜んで頂ける。
・新規の設備での検査は新しく勉強しなければならないが、多くの知識も吸収できる
沿革
  • 1972年
    • 静岡県掛川市 創業
  • 1974年
    • 株式会社 中遠熱処理技研 設立
  • 1975年
    • 焼入焼戻連続炉、浸炭焼入炉、ガス軟窒化炉、アルミ熱処理炉 順次導入
  • 1985年
    • 資本金2,000万円に増資
  • 2002年
    • 浸炭焼入炉、ガス軟窒化炉、真空洗浄機 他Cライン設備を 更新
  • 2003年
    • ISO9001 品質マネジメントシステム 認証取得
  • 2005年
    • 1月 ISO14001 環境マネジメントシステム 認証取得

      12月 東工場、アルミ熱処理3機 設備増設
  • 2012年
    • 検査室 改新
  • 2015年
    • JIS Q 9100航空宇宙防衛品質マネジメントシステム認証取得
  • 2015年
    • 浜松航空機産業プロジェクト(SOLAE)参加(現 静岡県航空機産業プロジェクト 協同組合 SOLAE)
  • 2016年
    • 1月 真空熱処理炉 航空宇宙仕様設備 導入

      12月 経営革新計画 承認「温度測定解析と専用焼準炉による、冷間鍛造品の高精度な焼準技術の確立」
  • 2013~6年
    • 経済産業省「中小企業 ものづくり・商業・サービス革新事業」の革新的な取り組みにチャレンジする企業に対し県内742件応募から採択。2013年「鍛造品における結晶粒粗大化を防止する温度測定解析技術の開発事業」をはじめ以下4年連続、毎年違う事業研究にて採択されている。
  • 2018年3月
    • 新工場が完成し、新設備が設稼働開始。

      10月、平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業採択決定 OTRS(経営工学(IE)に基づく映像による動作分析、時間分析機能にて作業時間短縮、省力化・コスト低減システム)
  • 2018年12月28日
    • 国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に当社が指定されました。欧米先進地域と肩を並べ、アジア新興国の追随を許さない航空宇宙産業の一大集積地の形成を図るための、国際戦略総合特区です。
  • (続き)
    • 静岡県が愛知県、岐阜県、三重県、長野県と連携して推進する総合特区について、国から新たに県内企業3社が追加指定されました。掛川市の企業として、初の特区指定となりました。
  • 2019年6月14日
    • ISO45001労働安全衛生マネジメントシステムを静岡県内の同業種で初めて認定取得。
  • 2020年2月20日
    • 掛川市「子育てにやさしい事業所」認定
      ・厚生労働省委託事業 女性の活躍・両立支援 総合サイト「両立支援 総合サイト「両立支援のひろば」行動計画公表
      ・厚生労働省 職業家庭両立推薦者選任
  • 2020年7月17日
    • 国際規格「試験所認定」されました。
      ・ISO/IEC17025:2017試験所認定
      (試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)
       因みに試験所所長は2005年入社(新卒)課長が兼任しています。
  • 2020年10月15日
    • 「地域未来牽引企業」に認定されました。
      地域経済への影響力が大きく、成長が見込まれると共に、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手となっている企業に対しての認定です。
      経済産業省が静岡県内で2020年36社が追加認定され、県下で164社となりました。
  • 2020年12月
    • 浜松市東区のムツミ熱処理を子会社化。掛川本社と浜松の2拠点で浜松~掛川エリアでの技術を支える。10t8mもの大型工作機械部品までを扱えるようになった。(2021年ムツミ熱処理にてISO9001品質マネジメントシステム、2022年ISO14001環境マネジメントシステム認証取得)
  • 2021年7月13日
    • 全国社会保険労務士会連合会より、「職場環境改善宣言企業」に認証されました。
  • 2021年12月10日
    • 厚生労働大臣より「くるみん」認定されました。
      次世代育成支援対策推進法第13条に基づく基準に適合するものであると認定されました。子育てサポート企業として、育児をしている社員はもちろん全社員の仕事との両立を図る雇用環境整備の活動をしています。
  • 2022年
    •  11月 南工場に約23mの連続光輝焼準・焼鈍設備(3機め)を導入。600℃~950℃の指定温度域で処理が可能な設備。冷間鍛造品に浸炭後の結晶粒の粗大化を防止することも可能。
       9月 「男女共同参画社会づくり宣言」も行い、社員の個性と能力を充分に発揮し、生き生き活躍できる取り組みも実施中。
  • 2023年
    • 1月 静岡県 「ふじのくに子育てに優しい企業」として表彰されました。
      3月 掛川市「子育てにやさしい事業所」認定の区分変更が審査の結果認証されました。星3つ最高区分です。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.6
    2024年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19時間
    2024年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 17
    2024年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2024年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 1 0 1
    取得者 1 0 1
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2024年度

    男性

    100%

    女性

    0%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 25.0%
      (8名中2名)
    • 2024年度

    25%(8人中女性2名 2024年度実績)

社内制度

研修制度 制度あり
当社「教育体系図」より
新入社員研修(ビジネスマナー・外部研修「新入社員研修」・安全講習・社内研修「各課の理解」全社員から・熱処理社内セミナー)

熱処理入門塾・金属熱処理講座・熱処理技術セミナー・熱処理大学
能力開発セミナー
航空機セミナー
ISO有効性活用 他
自己啓発支援制度 制度あり
会社が認めた資格取得費全額補填
金属熱処理通信講座
国家検定制度金属熱処理技能士
金属材料
メンター制度 制度なし
正式なメンター制度ではありませんが、
若手の先輩がメンターとして相談係をしてくれます。

また、相談窓口が設置されており、各種相談をすることができます。
男女共同参画、子育て、介護。各課 相談役

(その他:アットホームな小規模の会社であるため、会社行事も全社で行い、他部署の先輩とも話す機会が多く、相談にのってもらえます。)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
【人材育成のための教育制度】

技能伝承システムにより、半期に1度技能伝承チェックリストにて各自自己判定、判定員・課長判定、技能マップ、技能マップ保有水準推移にて有効性評価、技能伝承教育計画、教育の実施、PDCAでの実施
社内検定制度 制度あり
ISO9001・14001・45001・JIS Q 9100・ISO/IEC17025内部監査員
熱処理工程担当者認定試験
検査員認定試験
校正員認定試験
技能伝承システム全社員対象にて実施

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 1 0 1
    2023年 0 2 2
    2022年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2024年 1 0 100%
    2023年 2 0 100%
    2022年 1 1 0%

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
山梨大学
<大学>
愛知工業大学、静岡福祉大学、静岡理工科大学、静岡産業大学、神奈川大学、常葉大学
<短大・高専・専門学校>
愛知大学短期大学部、静岡英和学院大学短期大学部

前年度の採用実績(人数)          2020年  2021年 2022年 2023年 2024年(予定)
-------------------------------------------------------------------------------
大卒・短大卒    2名    ―    1名    2名    1名
前年度の採用実績(学部・学科) 工学部(機械工学科、電気電子学科、応用化学科)、理工経営学部、経済学部、文学部、他

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)中遠熱処理技研の会社概要