最終更新日:2024/7/12

(株)サラダコスモ

業種

  • 食品
  • 農林・水産

基本情報

本社
東京都、岐阜県
資本金
9000万円
売上高
203億円(2023年5月期) ◆43年連続黒字経営、17期連続増収
従業員
820名

43年連続黒字経営!野菜業界のパイオニアとして常に成長を続け、「安心安全」+健康づくりをテーマに皆さんの食卓を支える企業です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
安全・安心は当然のこと。さらに、食べて健康に挑戦するため野菜の機能性に注目し、日本で初めて野菜の「機能性表示食品」の開発など前例のない取り組みを行っています。
PHOTO
皆さんの食卓にとって必要不可欠な商品を生み出している当社。だからこそ国際的な食品安全管理の認証取得など品質管理に余念なく追及を続けています。

はじまりは無漂白のもやしから。食卓と健康のお役に立つ会社へ。

PHOTO

ロゴマークの緑色は風、青色は水をイメージ。風と水という地球の恵みを受けて種に秘められた力を引き出すサラダコスモの企業姿勢を象徴しています。

もやしを漂白するのが当たり前だった1973年当時、社長は「漂白するのは健康によくない。みんなに喜んでもらえる野菜をつくろう」と無添加・無漂白のもやしを開発しました。これがサラダコスモの安全安心の原点です。その後も無化学肥料によるスプラウト栽培や、有機種子を使ったもやし栽培、日本で初めて有機JAS認証の「もやし」「スプラウト」の生産など業界のパイオニアとして、食卓と健康、そして環境のお役に立てる野菜づくりを追求してきました。
「親が子を想う気持ち」。これが生産姿勢の原点です。おかげで業界では後発ながら、トップクラスに成長することができ、設立以来43年連続で黒字経営を続けています。

「親が子供を思う気持ちでいたい」「夢、その先の志を持って仕事をしよう」。これは社長の口癖です。社員は皆で頂を目指し挑戦しています。社長の中田が一代で築き上げてきた家業から長年存続できる企業へと変革するために、 一人ひとりが経営的志向でビジネスを展開できる組織作りに注力しています。変化のタイミングにこそチャンスがあります。未来の野菜づくり農業を支えるべく、サラダコスモがリーディングカンパニーとして最先端の事業展開をしていきます。

会社データ

事業内容
■野菜づくり農業
「安全・安心・食べて健康」をテーマに、食生活のお役に立つ野菜の開発・生産・販売
・発芽野菜(もやし・スプラウト類)
・加熱用・生食用カット野菜
・機能性表示食品
・有機野菜
・黒にんにく

■教育型観光生産施設「ちこり村」の運営
農業の6次産業化に取り組む「ちこり村」の運営を通して、地産地消、高齢者の雇用、地域活性などに貢献する事業
・農家手作り家庭料理レストラン「バーバーズダイニング」、カフェ運営
・田舎の手づくりおせちの企画開発・製造・販売
・地域の素材を活かしたパンおよび菓子の開発・製造・販売
・商品開発、イベント企画、イベント出展
・地域特産物の販売
・地域文化、偉人の伝承

■酒類製造・販売
ちこり村内に設置された岐阜中津川蒸留所にて、野菜のちこりを原料とした焼酎、クラフトジンの開発・製造・販売
(営業許可指令書 岐阜県指令 恵那 第1号の 60449620 酒類製造業)

■通信販売の運営
ちこり村の運営と連携したオムニチャネル(B to C)通信販売

■給食弁当、仕出料理の製造・販売
企業向け及び幼稚園向け日配給食弁当の製造・販売
受託給食(名古屋市野外教育センター・中津川市)
慶弔他各種仕出料理製造・販売

PHOTO

本社郵便番号 509-9133
本社所在地 岐阜県中津川市千旦林1-15
本社電話番号 0573-66-5111
第二本社郵便番号 100-0006
第二本社所在地 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル南館6F
第二本社電話番号 03-6206-3047
創業 1945年12月
設立 1980年8月21日
資本金 9000万円
従業員 820名
売上高 203億円(2023年5月期)
◆43年連続黒字経営、17期連続増収
事業所 ■本社 (岐阜県中津川市)

生産施設
■宇都宮工場 (栃木県宇都宮市)
■サラダコスモ新潟 (新潟県南魚沼市)
■信州工場 (長野県駒ヶ根市)
■中津川サラダ農園 (岐阜県中津川市)
■養老生産センター (岐阜県養老郡養老町)
■三木生産センター (兵庫県三木市)
■黒にんにく信州工場 (長野県駒ヶ根市)

営業所
■東京オフィス (東京都千代田区)
■東北営業所 (宮城県仙台市)
■北関東営業所 (栃木県宇都宮市 宇都宮工場内)
■中部地区営業所 (岐阜県中津川市 本社内)
■関西地区営業所 (兵庫県三木市 三木生産センター内)
■中四国営業所 (広島県広島市)
■九州営業所 (福岡県福岡市)

その他
■ちこり村 (岐阜県中津川市 本社併設)
■ディア中津川 (岐阜県中津川市)
■アルゼンチン農場
代表者 代表取締役 中田智洋
企業理念 「食卓と健康づくりを支える野菜づくり」を理念とし
「安心して食べられる安全な食品を安定して供給する」ことをミッションとしてます。

「夢、その先の志へ」
これは社長が社員へ生き方の極意として伝えている言葉です。
夢は自分ごと、志は他人ごと。
自分の人生に彩りを与える夢をもってそれを実現し、そして社会や地域に貢献できる志をもって人生を歩んでほしい、という想いがあります。

サラダコスモが事業を展開するうえで大事にしていることは「お役に立つ」こと。
親が子を想う気持ちが野菜づくりの原点であり、社会、お客様のお役に立つ企業としてありつづけることを目指しています。
主な取引先 全国に流通網を構築し、600以上のお取引先に商品をお届けしています。
・スーパーマーケット
・ドラッグストア
・コンビニエンスストア
・生活協同組合
・青果市場
・その他業務用(飲食店、各地学校給食ほか)
関連会社 ディア中津川
Salad Cosmo U.S.A CO.LTD ・・・※現地別法人
Salad Sprout BV ※現地法人との合弁会社。
平均年齢 37.4歳(2023年5月時点)
平均勤続年数 11.7年(2023年5月時点)
展望 1970年代、実はもやしは漂白することが当たり前でした。そんな時代から無漂白のもやしにこだわり野菜生産を行ってきました。
その後も化学肥料を使わないスプラウト栽培を実現したり、子大豆もやしを全国に先駆けて商品化するなど常に安全、安心のキーワードで商品開発を行ってきました。その精神は一貫して今でも、これからも変わらない当社の理念です。

◆食べて健康への挑戦
安全・安心は当然のこと、さらに野菜の機能性に注目し、ブロッコリーの新芽をはじめとする様々なスプラウトを商品化してきました。そして、日本で初めて野菜の「機能性表示食品」として子大豆もやしや、栄養機能食品のカット野菜の販売に至りました。常に時代のニーズをマーケティングし消費者に望まれる商品を開発して行きたいと考えています。

◆持続可能な野菜生産
オーガニック栽培は種子の安定的な確保や水の確保はもちろん、栽培・品質管理などの設備や従業員の教育を充実させるなど手間と暇と資金がかかる事業です。しかし私たちはそれを社会的な使命として日々努力を続けてきました。その結果、2016年に日本で初めて有機JASオーガニック緑豆もやし・大豆もやし・かいわれ大根・ブロッコリースプラウト・アルファルファを世の中に送り出しました。

◆種子づくりから食卓までを担う企業に
ライフスタイルの変化に伴い、野菜メーカーとしても変化が求められています。
よりお客様のニーズに見合った野菜の食べ方を提供するため、「食材」だけでなく「食事」としての商品開発に挑みます。
またアルゼンチンで種栽培にチャレンジするなど農業の事業領域を拡大し続けています。
健康づくりのお役に立つ 厚生労働省が定める1日の野菜摂取量は350グラム。
しかし、残念ながら日本人は野菜の摂取量の平均が年々減少しており、特に若い世代では顕著です。
野菜は、摂取カロリーを制限しながら、不足している微量な栄養素(ビタミンやミネラル)を
十分摂れる食材であり、高い体内抗酸化力があり、腸内環境を整えます。

増大する医療費問題に対し、健康寿命を延ばしよりよい人生を送る。
薬でもサプリメントでもない「食」で健康を追求する。
野菜生産者として、「人々の健康」に貢献するためにできないことはないか常に考えてきました。

日本初の生鮮野菜の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」の販売。
栄養機能食品のカット野菜の販売。
パッケージにわかりやすく栄養素を表記することで、
お客様に手に取ってもらいやすくする。
野菜生産者として、「野菜を食べてもらう」取り組みを進めています。

野菜には必要な栄養素があること、体にとって野菜を食べることは必要であることを
もっと伝えていかなければならない。
それが、野菜生産者としての社会に対する役割であると考えています。
地域活性・貢献に挑む 農業・商業・観光・文化・教育活動一体型施設「ちこり村」を本社内に開設、運営しています。ちこり村事業を通し、地域が抱える課題(休耕地対策、高齢者雇用、地域活性化)の解決にも取り組んでいます。

地元農家さんの朝採れ食材を楽しめる手づくり家庭料理のレストランや研修スペース、チコリから作る焼酎の製造工場、売店など、老若男女が楽しめる体験型観光施設で、全国ネットのメディアなどでも話題になりました。

また、地元中津川は60歳以上の人口も約3人に1人と今後の地方都市のかかえる課題になります。ちこり村では優先的に60歳以上の方を採用していおり、従業員の平均年齢は65歳と10代~80代の方が働く施設です。この形がサラダコスモの考える真の循環型農業で、人々にもっと農業に親しみ学んでもらうふれあいの場として、また地域社会の活性化にも貢献できる施設にしたいと考えています。

野菜を中心とした家庭料理が食べられるバイキングレストラン“バーバーズダイニング”、地元銘菓を使った“栗きんとん生食パン”、“田舎の手作りおせち”、岐阜中津川蒸留所の“クラフトジン”などが人気を博しています。
商品開発だけでなく、イベント企画、イベント出展、地域特産物の販売、地域文化・偉人の伝承にも取り組みながら、地産地消、高齢者の雇用、地域活性化へのさらなる貢献を目指しています。
沿革
  • 1945年
    • 前身となる中田商店 創業
  • 1955年
    • 当時本業の清涼飲料水製造の副業として、もやしの生産を開始
  • 1973年
    • 漂白するのが当たり前の時代に、業界初となる無添加・無漂白もやしを開発
  • 1980年
    • 「ナカダ産業株式会社」設立(資本金1,000万円)
      中津川市中村に日産10トンのもやし工場を新築、もやし専業となる
  • 1990年
    • 社名を「株式会社サラダコスモ」に改称
  • 1995年
    • 米国にて「Saladcosmo USA Co.LTD」を設立
      ニュービジネス協議会”アントレプレナー大賞”受賞
  • 1996年
    • グッドカンパニー大賞“優秀企業賞”受賞(社団法人中小企業研究センター)
  • 1999年
    • 有機栽培種子を使用した緑豆もやしを開発(米国オーガニック認証団体QAI認証)
  • 2000年
    • 恵那峡の温泉水と天日湖塩を使ったかいわれ大根の無化学肥料栽培を開始
      緊急時の食料確保事業のため「株式会社ギアリンクス」を設立
  • 2006年
    • 岐阜中津川ちこり村オープン
      中津川市の特産品として国産ちこりの生産開始
      岐阜中津川蒸留蔵が完成、「ちこり焼酎ちこちこ」発売開始
  • 2011年
    • FOOD ACTION NIPPONアワード2010入賞 (農林水産省)
  • 2013年
    • 宇都宮工場にてカット野菜の生産開始
      FSSC22000認証取得(信州第二工場、宇都宮工場、三木生産センター、中津川サラダ農園)
  • 2014年
    • 信州第二工場にてカット野菜の生産開始
      「若者が選ぶ魅力的な会社100選」に認定(岐阜県)
      「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選出(経済産業省)
      「6次産業化優良事例66選」に選出(農林水産省)
  • 2015年
    • 生鮮野菜で日本初の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」届出受理
  • 2016年
    • 日本初となる有機JAS規格認証の緑豆もやし、大豆もやし、ブロッコリーの新芽、かいわれ大根、アルファルファの生産開始
      株式会社雪国バイオフーズの株式取得、
      「株式会社サラダコスモ新潟」に商号を変更 東京オフィスを開設(東京都千代田区)
  • 2017年
    • ちこり村リニューアルオープン、ベーカリー部門新設
      株式会社サラダコスモ新潟がFSSC22000認証取得
      地域未来牽引企業(経済産業省)認定
  • 2020年
    • 養老生産センターを新築(岐阜県養老郡)
      中四国営業所(広島県広島市)、九州営業所(福岡県福岡市)を開設
      株式会社ディア中津川を子会社化
  • 2021年
    • 岐阜中津川蒸留所よりクラフトジン「NAKATSUGIN」発売
      ちこり村栗きんとん生食パン発売
      日本全国への物流網を構築
  • 2022年
    • 有機スプラウトのトップシールに紙素材を採用してリニューアル発売
      有機もやし・カット野菜をシリーズ商品化してリニューアル発売
      機能性表示食品の有機黒にんにく発売
      養老生産センターがFSSC22000認証取得
  • 2023年-2024年
    • 業界で初めて売上高200億円を突破
      日経POSセレクション選出(7年連続)
      日本でいちばん大切にしたい会社大賞受賞

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.7
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 22.4時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5
    2023年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2023年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 7 2 9
    取得者 4 2 6
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2023年度

    男性

    57.1%

    女性

    100%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 10.0%
      (10名中1名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(入社後と半年後の2回に分けて実施)
・年代別フォローアップ研修
・海外研修
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度あり
あり
キャリアコンサルティング制度 制度あり
年に1回、所属長との面談あり
年に数回、人事部と相談会あり
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 4 4 8
    2023年 10 0 10
    2022年 13 3 16
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2024年 8 0 100%
    2023年 10 0 100%
    2022年 16 2 87.5%

先輩情報

自社製品を通じて人の健康や食卓を支えたい!
I.T
2020年入社
29歳
大阪大学大学院
薬学研究科 卒業
営業部 中部地区営業所 兼 広報部
サラダコスモ商品の営業販売、及び認知拡大に向けた広報活動
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)サラダコスモと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)サラダコスモを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)サラダコスモの会社概要