最終更新日:2024/7/22

矢島工業(株)

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
  • 非鉄金属

基本情報

本社
群馬県
資本金
8,300万円
売上高
70億円(2023年実績)
従業員
252名(2024年2月現在)

【福利厚生充実】自動車用板金部品、金型及び用品製造販売(SYMS)を 担う総合専門メーカー

会社紹介記事

PHOTO
本社は群馬県太田市。自動車部品を中心に、金型の設計・開発から部品の加工製造に至るまで、全てのプロセスを一貫して生産する「開発・提案型メーカー」です。
PHOTO
大手自動車メーカー向けに生産している「ショックアブソーバー」。衝突時の衝撃を吸収する部品ですが、薄板でRが小さいこともあり仕上がりまでに多くの時間を費やします。

高度なプレス加工技術によって、大手自動車メーカーのモノづくりを支える

PHOTO

「話しやすい人が多く上司にも気軽に提案できます」(川島さん/左)「最初は誰もが初心者です。仕事は周りの仲間に教わって覚えていけばいいと思います」(織間さん/右)

■2007年の入社から約15年、私は生産技術部一筋で、大手自動車メーカー向けの板金部品を製造するための金型や治具をつくる仕事に携わっています。
仕事の流れとしては、部品製造を受注した段階で、当社グループの金型製作会社「矢島エンジニアリング」に製造データを渡し、金型製作の工程を一緒に検討します。
設計が決まれば図面をチェックして、製造を依頼。試作ができあがってきたら金型を評価し、その後も連携して精度を高めていきます。

自動車部品への要求水準は非常に高く、金型にもコンマ1mmの精度が求められます。
経験と勘がモノをいう非常に奥の深い世界ですから、自信を持って仕事に取り組めるようになるまでには10年ほどかかりました。
しかし、良いモノを安く早くつくるための試行錯誤の末、狙ったモノがつくれたときには大きなやりがいを感じますね。
今後は若手社員の育成に力を入れていきたいと思っています。
大切なのは「コミュニケーション」です。周囲のメンバーと協力してモノづくりに取り組むことができる人と、一緒に仕事がしたいですね。

(生産技術部/川島 浩生さん/2007年入社)

■私は2006年の入社から最初の約15年間は生産部に所属し、クルマの外装部品のスポット溶接に携わっていました。
要求水準の極めて高い仕事もありましたが、面白かったのは改善提案を通して生産性向上に貢献できたことですね。
当社では、間接部門を含めたあらゆる部門の社員が改善提案を出すことのできる仕組みが構築されており、提案を出すだけでもアイデア賞がもらえます。
自分の提案が不具合の改善に結びついたときには、大きなやりがいを感じることができました。

2022年3月からは品質保証部に異動となり、開発から量産段階にあるさまざまな部品の検査のほか、工場内を巡回して各種設備の評価を行う「工程検証」と呼ばれる仕事に携わっています。
幅広い仕事に取り組む日々ですが、試作の検査を通して開発段階の部品に自分の意見が反映される可能性もあるので、高いモチベーションを持って仕事に取り組むことができています。
当社には専門的な知識や技術が求められる仕事も少なくありませんが、入社後に覚えていけば大丈夫です。
前向きでやる気のある人と一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

(品質保証部/織間 亮さん/2006年入社)

会社データ

事業内容
■自動車用板金加工部品(プレス・溶接・組立)の設計・開発及び製造
■自動車関連用品の設計・開発・製造及び販売
■炭素繊維強化プラスチック製品の製造
※ISO14001、ISO/IATF16949取得

PHOTO

豊富な経験で培った技術・開発力を活かし、アフターマーケットパーツの自社ブランド「SYMS」を確立。

本社郵便番号 373-0032
本社所在地 群馬県太田市新野町944
本社電話番号 0276-31-1311
創業 1934年3月2日
設立 1951年1月4日
資本金 8,300万円
従業員 252名(2024年2月現在)
売上高 70億円(2023年実績)
沿革
  • 1951年
    • (株)矢島自動車修理工場の名称で設立
      富士重工業(株)太田製作所の協力工場に指定され、スクーター(ラビット号)部品の生産を開始
  • 1956年
    • 矢島工業(株)に社名変更
  • 1965年
    • 現在地(太田市新野町)に本社及び工場を新設
      生産体制の合理化・近代化を推進
  • 1985年
    • 現会長 横山溥 代表取締役社長に就任
  • 2000年 12月
    • ISO 9001認証取得
  • 2001年 10月
    • 「1社1技術」を群馬県より選定
  • 2002年 2月
    • ISO 14001認証取得
  • 2004年 12月
    • 1世界ラリー選手権 優勝(PCWRCシリーズチャンピオン)
  • 2005年 4月
    • 富士重工(株)より貢献賞受賞
      富士重工(株)より品質優秀賞受賞
  • 2006年 4月
    • 経産省関東経済産業局より、特定研究開発等計画認定取得「自動車用Mg部品の研究開発」
      富士重工(株)より開発車貢献賞受賞
  • 2007年 5月
    • (株)植木製作所、UEKI Dietech Co.,Ltdを子会社化
  • 2008年
    • 資本金8300万円(1500万円増資)
      矢島エンジニアリング(株)設立(旧植木製作所)
      YAJIMA ENGINEERING(THAILAND) (旧UEKI Dietech Co.,Ltd)設立
  • 2009年
    • TS16949 キックオフ
  • 2011年 2月
    • 「群馬技術大賞」受賞、「1社1技術」選定企業(100社)のうち特に優れた技術力を有する企業に授与される
  • 2011年 11月
    • ISO/TS16949:2009 認証取得
  • 2012年 6月
    • 現会長 横山溥 代表取締役会長に就任
      現社長 横山淳 代表取締役社長に就任
  • 2014年 3月
    • 経済産業省国内立地推進事業で、12,000kNブランキングサーボプレス機導入、新プレス棟完成
  • 2016年 10月
    • 「医療機器製造業」の認定を受ける
  • 2017年 8月
    • 「第二種医療機器製造販売業」の許可を受ける
  • 2018年 8月
    • ISO/IATF16949 認証取得
  • 2020年 4月
    • レーザー加工機(出力 3 キロワット)導入
  • 2023年 2月
    • JISQ9100 認証取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.6
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20.0時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.0
    2023年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2023年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 3 1 4
    取得者 0 1 1
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2023年度

    男性

    0%

    女性

    100%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.1%
      (33名中3名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修等
自己啓発支援制度
メンター制度
キャリアコンサルティング制度
社内検定制度

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
群馬大学
<大学>
足利大学、神奈川大学、関東学園大学、群馬大学、芝浦工業大学、上武大学、東海大学、東京電機大学、東京農業大学、東京理科大学、日本工業大学、法政大学、前橋工科大学、武蔵大学、横浜国立大学、早稲田大学

採用実績(人数) 2023年 4名
2022年 1名
2021年 7名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 4 1 5
    2023年 3 1 4
    2022年 1 0 1
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2024年 5 0 100%
    2023年 4 0 100%
    2022年 1 0 100%

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

矢島工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
矢島工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 矢島工業(株)の会社概要