最終更新日:2024/6/5

ココカラファイングループ【総合職】[グループ募集]

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
神奈川県
資本金
10億円
売上高
9,512億4,700万円(2023年3月末時点/MC&Cとして)
従業員
28,464名(2023年3月末時点/MC&Cとして)

『ココロとカラダをゲンキにする事業』を軸に”美と健康の分野でアジアNO.1”を目指します

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
“地域におけるヘルスケアネットワークの構築”を使命として掲げるココカラファイン。スタッフ一人ひとりがそれぞれの立場で地域の人々の健康に貢献しています。
PHOTO
全国1,400店を超える業界トップクラスの店舗数です。セルフメディケーションの意識が高まる中、地域からのココカラファインへのニーズはさらに高まりを見せています。

地域のヘルスケアネットワークを構築し、お客様の身近な専門家として活躍します

PHOTO

店長、統括店長、バイヤーなど、さまざまなキャリアが広がります。人々の健康と地域社会に貢献する、影響力の大きな仕事が待っています。

◆ 業界トップクラスの店舗展開
ココカラファイン ヘルスケアは、(株)セイジョー、セガミメディクス(株)、(株)ジップドラッグ、(株)ライフォート、(株)コダマ、(株)スズラン薬局など、長年にわたり信頼と実績を築いてきた地域密着企業が、「人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する」という経営理念のもとに融合して生まれた会社です。現在では全国に1,400店を超えるネットワークと業界トップクラスの実績を誇っています。

◆ 地域のヘルスケアネットワークを構築
超高齢社会を迎え、“自分の健康は自分で守る”というセルフメディケーションの考えが広がる中、私たちに対するニーズはますます広がりをみせています。ヘルスケアの観点からドラッグストア、調剤、在宅医療、介護、EC、商品開発など幅広い事業を推進し、地域医療と連携して地域のヘルスケアネットワークを構築し、お客様の「cure」「care」「fine」をお手伝いすることが当社のミッションです。

◆ 社会に必要とされる優れた人財の育成
入社後は充実した教育制度で一人ひとりのキャリアアップを継続的に支援します。幅広いキャリアステップの可能性があり、安心して長く働ける環境や制度を整備しているため離職率が低いことも特徴です。

「お客様のために」「地域社会のために」という
思いがあれば、仕事や教育を通して成長できる環境があります。
地域のお客様の健康に貢献し、美と健康の分野でアジアNO.1を目指します。

会社データ

事業内容
■ドラッグストア事業・調剤事業
私たちは、美と健康という分野を軸に新しい技術やアイディアを
積極的に取り入れ、人々の毎日の生活がもっと楽しさに
満ちたものになることを目指します。

そして、人の想いに敏感で身近な存在であり続けることを大切にし、
生活や地域に、より大きな安心と喜びをお届けするために挑戦してまいります。

店舗ブランドはココカラファインのほかにセイジョー、ドラッグセガミ等
本社郵便番号 222-0033
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6 イノテックビル
本社電話番号 045-548-5996(代表)
設立 2008年4月1日
資本金 10億円
従業員 28,464名(2023年3月末時点/MC&Cとして)
売上高 9,512億4,700万円(2023年3月末時点/MC&Cとして)
事業所 ■新横浜本社(関東事務所)
 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6 イノテックビル

■関西事務所
 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2-7-30 船場STビル

■店舗:1,546店舗(2023年3月末時点)
■エリア:北海道・信越・関東・東海・関西・中四・九州・沖縄
募集会社 1.(株)ココカラファイン ヘルスケア
2.(株)岩崎宏健堂
募集会社1 (株)ココカラファインヘルスケア
■事業内容:ドラッグストア、調剤薬局の運営
■代表者:代表取締役社長 塚本 厚志
■設立:2013年4月1日
■資本金:5,000万円(2021年3月期/ココカラファインヘルスケア単体)
■従業員:28,464名(2023年3月末時点/MC&C合算)
■売上高:9,512億4,700万円(2023年3月末時点/MC&C合算)
■本社:神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6 イノテックビル
■店舗:北海道・東北・信越・関東・東海・関西・中四国・九州・沖縄エリア
募集会社2 (株)岩崎宏健堂
■事業内容:ドラッグストアの運営
■代表者:代表取締役社長 上野山 孝誠
■設立:1992年3月3日
■資本金:3,000万円
■従業員:207名(2023年3月末時点)
■売上高:連結決算のため非公開
■本社:山口県周南市下一の井手5636-5
■店舗:山口県・広島県
平均年齢 38.3歳(2023年4月時点)
沿革
  • 2008年4月
    • セガミメディクス(株)と(株)セイジョーが経営統合し、株式移転により(株)ココカラファインホールディングスを設立。東証一部上場。
  • 2009年8月
    • サモアバイオ社への出資を通じて、日本企業としては初の中国でのドラッグストア事業展開を決定。
  • 2010年4月
    • 首都圏に24店舗を展開する(株)いわいのドラッグ・調剤事業を譲り受け。
  • 2010年10月
    • (株)ココカラファインホールディングスが(株)アライドハーツ・ホールディングスと合併し、(株)ココカラファインへ商号変更。本社を神奈川県横浜市へ移転。
  • 2011年1月
    • 医薬品、化粧品等の研究開発、製造を行うSOファーマ(株)の株式を取得、子会社化。
  • 2011年10月
    • 北海道エリアでドラッグストア・調剤事業を展開する(株)スズラン薬局の全株式を取得、子会社化。
  • 2012年4月
    • 介護事業を含む孫会社タカラケア(株)を(株)ファインケアに商号変更し、ココカラファインの子会社としてグループの介護事業を集約。
  • 2012年5月
    • 中国現地法人「可開嘉来(上海)商貿有限公司」を通じ、1号店となる「cocokaraメトロ5番街店」を出店。
  • 2013年2月
    • インターネット通販事業を運営するグループ会社、(株)ココカラファインOECを設立。
  • 2013年4月
    • 子会社のセイジョー、セガミメディクス、ジップドラッグ、ライフォート、スズラン薬局、メディカルインデックスの6社を合併し、「(株)ココカラファイン ヘルスケア」を設立。
  • 2013年10月
    • 新潟県を中心とする甲信越・東北エリアでドラッグストア・調剤事業を展開する(株)コダマをココカラファインヘルスケアへ合併。
  • 2013年11月
    • 山口県を中心にドラッグストア事業を展開する(株)岩崎宏健堂の株式を取得、子会社化。
  • 2014年4月
    • 多様な人財の活用を目的とした子会社、(株)ココカラファインアソシエを設立。
  • 2014年7月
    • クオール(株)と業務提携。
  • 2015年3月
    • 障がい者雇用の拡大と就労環境の確保を目的とした子会社、(株)ココカラファインソレイユが業務を開始。
  • 2016年4月
    • 東京都世田谷区を中心に訪問介護、居宅介護支援事業などを運営する(株)山本サービスの株式を取得、子会社化。
  • 2017年9月
    • 三重県で福祉用具の販売・レンタル、住宅改修等を展開する(株)愛安住の株式を取得、子会社化。
  • 2018年4月
    • (有)東邦調剤、(有)古志薬局、(株)ココカラファインネクストを(株)ココカラファインヘルスケアへ合併
      予防医療プラットフォーム「MEDICALLY」の開発・運営を行うメドケア(株)と資本提携
  • 2018年9月
    • グループ企業への電力小売事業を行う子会社、(株)シーエフエナジーを設立。
  • 2019年5月
    • バローホールディングスとの協業。ココカラファインが「スポーツ クラブ アクトス Will_G 」のフランチャイズ事業をスタート。
  • 2020年11月
    • 兵庫県を中心に関西において 70 店舗の調剤薬局、ドラッグストア等を展開する(株)フタツカホールディングスの全株式を取得。
  • 2021年10月
    • (株)マツモトキヨシホールディングスと経営統合を行い
      (株)マツキヨココカラ&カンパニーを設立。
  • 2022年4月
    • (株)フタツカホールディングスを吸収合併。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.0
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10.2時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.0
    2023年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2023年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 97 133 230
    取得者 17 130 147
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2023年度

    男性

    17.5%

    女性

    97.7%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • -%
      (-名中-名)
    • -年度

社内制度

研修制度 制度あり
【勤務時間として実施】
 入社後、約3週間の導入研修
(社会人基礎習得、商品知識習得、コミュニケーション向上)

 4年目以降は、自身のキャリアデザインに合わせた研修を選択いただくことで
 ご自身の思い描くキャリアアップをしていただけます。

※各社共通
自己啓発支援制度 制度あり
e-ラーニングシステム 他

※各社共通
メンター制度 制度あり
1年間、OJT責任者がサポートします。

※各社共通
キャリアコンサルティング制度 制度あり
キャリアコンサルタント在籍(人材開発部)
 産業カウンセラー在籍(人材開発部)

 人事考課面接(年2回)

※各社共通
社内検定制度 制度あり

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 74 343 417
    2022年 64 234 298
    2021年 49 153 202
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2023年 417 32 92.3%
    2022年 298 65 78.2%
    2021年 202 74 63.4%

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
慶應義塾大学、東京外国語大学、明治大学、早稲田大学

愛知大学、愛知学院大学、青山学院大学、亜細亜大学、追手門学院大学、桜美林大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪産業大学、岡山大学、神奈川大学、神奈川県立保健福祉大学、神奈川工科大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、関東学院大学、畿央大学、九州大学、九州産業大学、京都大学、京都産業大学、共立女子大学、近畿大学、熊本大学、久留米大学、慶應義塾大学、甲子園大学、甲南大学、神戸学院大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、相模女子大学、淑徳大学、昭和女子大学、実践女子大学、城西大学、上智大学、女子栄養大学、成城大学、聖徳大学、専修大学、高崎経済大学、拓殖大学、大東文化大学、千葉大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、中京大学、中部大学、帝京大学、帝京科学大学(東京)、帝京平成大学、東海大学、東京医療保健大学、東京家政大学、東京国際大学、東京農業大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、東洋学園大学、富山大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、中村学園大学、名古屋学院大学、名古屋市立大学、日本大学、日本女子大学、日本福祉大学、阪南大学、広島大学、広島経済大学、広島修道大学、福岡大学、法政大学、北海道大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、桃山学院大学、横浜商科大学、四日市大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、流通科学大学、和光大学、早稲田大学、和洋女子大学

前年度の採用実績(人数) ★薬剤師職以外 2022年  2023年  2024年(予)
-------------------------------------------------------------------------------
 院了・大卒   126名   30名   60名
 短大・専門卒   19名  8名   10名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ココカラファイングループ【総合職】と業種や本社が同じ企業を探す。
ココカラファイングループ【総合職】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. ココカラファイングループ【総合職】の会社概要