最終更新日:2024/6/3

キタムラ機械(株)

業種

  • 機械
  • ソフトウエア
  • 機械設計
  • 精密機器

基本情報

本社
富山県
資本金
3億8,000万円
売上高
136億円(2019年3月期)
従業員
221名(2020年4月現在)

「モノづくりをもっとシンプルに。」最先端のIoT技術を駆使した当社のマシニングセンタは、世界のモノづくりに貢献しています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
本社は富山県高岡市にあります。当社は1933年、高岡の伝統産業である銅器発祥の地・金屋町で創業。その後、現在の戸出地区に拡張移転しました。
PHOTO
マシニングセンタは母なる機械としてあらゆるものづくりに欠かせない製品。現在は世界52カ国、150社の現地ディーラーと取引し多種多様な製造現場に納入されています。

先輩社員の3人にインタビューしました!

PHOTO

(写真左) K 技術部/(写真中央) I 技術部/(写真右) H 営業部

■入社したきっかけを教えて下さい
H:「カタチに残り、価値のあるものに携わりたい」と思い、就職活動をしていました。当社は売上の7割が海外向けなので、自分が専攻していた英語を活かせると思った事も決め手になりました。
K:大学では情報科でプログラミングを勉強していたので、PCやソフトウェアに関する仕事に携わりたいと思っていました。当社は先進的にソフトウェアの開発を行っていることが決め手になりました。
I:大学の講義で工作機械について学び、なかでもマシニングセンタに興味を持ちました。当社は高度な技術と、時代を先取りした独創技術を生み出しており、そのものづくりに対する熱意に惹かれ入社を決めました。

■今の仕事について、やりがいや苦労する点について教えて下さい
H:営業先のお客様から頂く情報をきっかけに、業界に関する事や世の中の事をどんどん知る事が出来ます。大学の勉強とは違って、たくさん自分の興味を広げられます。営業先では社長様や工場長の方とお話しますが、自社については勿論ですが、お客様の事も知っていて当然なため、日々の自己研鑽は欠かせません。
K:新しい機能や製品を開発・設計し、形になり仕上がったものを見たときに大きなやりがいを感じます。しかし開発・設計では試行錯誤の連続であり、トラブルが生じた際も自分たちで対処しなければならないため、毎日が苦労とやりがいの連続です。
I:自分が検査した部品が製品に組み込まれることで、高精度化の一翼を担っていることや、検証したデータがよりよい製品づくりに役立つことがやりがいです。検査・検証には製品に関する広い知識が必要で、日々の勉強は欠かせません。

■この会社での一番の思い出は何ですか
H:海外で行われた展示会(アメリカ・シカゴ、ドイツ・ハノーファー)に、アテンドした事です。現地のユーザーの評判を聞くことができ、とても刺激になりました。
K:自分が開発・設計に携わった機械をアメリカで開催された展示会に出展したことです。私も実際にアメリカへ行き、機械のセットアップをして新機種としてお客様へアピールしました。お客様の評判がとても良く、仕事のモチベーションに繋がっています。
I:より高精度な加工品を作るために検査結果を分析し、加工担当者と話し合いを重ね、予想以上の結果を得られたことです。試行錯誤して何かを成し遂げたときはとても喜びを感じられます。

会社データ

事業内容
【事業内容】
・次世代型複合工作機械・マシニングセンタ(コンピュータ数値制御マザーマシン)の開発・製造・販売 
・CNC工作機械関連ソフトウェアの開発
・保守サービス・技術支援

【企業理念】
「創意無限」独創技術の限りなき追求
キタムラ機械は、創業1933年以来、数ある工作機械メーカーのなかでもマシニングセンタを専門に研究・製造し続けるメーカーです。
当社は、長いものづくりの歴史の中で蓄積してきたノウハウをもとに、工作機械の中で次世代型マザーマシンといわれるマシニングセンタ専業メーカーとして、たゆむ事なく最新の技術開発を行い、独自分野で世界一を目指し、全員参加で技術イノベーションに取組んでいます。新しい技術開発と付加価値の高い製品を提供し、世界中のお客様の利益と発展に貢献して参ります。

PHOTO

本社エントランスの壁面には世界地図が掲げられ、世界の主要都市の時間が刻まれています。ワールドワイドな事業展開が一目でわかる光景です。

本社郵便番号 939-1192
本社所在地 富山県高岡市戸出町1870番地
本社電話番号 0766-63-1100
創業 1933年11月
設立 1947年12月
資本金 3億8,000万円
従業員 221名(2020年4月現在)
売上高 136億円(2019年3月期)
事業所 <営業所>東京、大阪、名古屋、九州
代表取締役社長 工学博士
北村 彰浩
加盟関連団体 1960年 (一社)日本工作機械工業会加盟
1967年 (公社)発明協会加盟
1978年 日本機械輸出組合加盟
関連会社 キタムラマシナリーオブUSA
キタムラマシナリーGmbH
業務提携・共同研究開発先 理化学研究所、東京大学、大阪大学、神戸大学、金沢大学
沿革
  • 1933年
    • 高岡市金屋町に北村工作所として個人創業。
  • 1947年
    • (有)北村鉄工所に法人改組。
  • 1963年
    • プレーナー輸出第1号機をインドへ輸出。
  • 1970年
    • 本社工場新築移転(現住所)
  • 1971年
    • 千手観音像をヒントにして、当時世界に類がない工作機械:立形マシニングセンタ(T-12型)を開発。同時に世界12カ国で特許取得。
      マシニングセンタの専業メーカーとなる。
  • 1973年
    • 創業40周年を機に、キタムラ機械(株)に社名変更。
  • 1982年
    • シカゴにキタムラマシナリーオブUSA開設。
  • 1984年
    • ドイツ・デュッセルドルフにキタムラマシナリーGmbH開設。
  • 1989年
    • 本社完全クリーン化工場(NASA規格クラス1万)完成。
      ロサンゼルスにキタムラマシナリーセールス開設。
  • 1991年
    • コネチカット州ブランフォードにアメリカ東海岸テクニカルセンター開設。
  • 1998年
    • 創立65周年を機に、本社工場増築(全館恒温恒湿クリーン化工場)
      ISO14001認証取得。
  • 1999年
    • アメリカ・フロリダ州オーランド市にフロリダテクニカルセンター開設。
  • 2000年
    • 第1回日本IT経営大賞受賞。
  • 2003年
    • 本社工場にショールームを備えたテクニカルセンター開設。
      創立70周年を迎える。
      機械工業デザイン賞受賞。
  • 2005年
    • 第1回ものづくり日本大賞 優秀賞受賞(超高速金型加工機)
  • 2009年
    • 大型超精密マシニングセンタの完全クリーン化組立工場完成。
  • 2012年
    • 2012年度グッドデザイン賞受賞。
      (業界初のCFRPを採用したマシニングセンタ)
  • 2013年
    • 創立80周年を迎える。
      第5回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞。
      (世界初7軸制御マシニングセンタ)
  • 2015年
    • 全国発明表彰 発明奨励功労賞受賞。
      中部地方発明表彰 中小企業庁長官奨励賞受賞。
      (多連ATCマガジン付マシニングセンタ)
  • 2018年
    • 世界最小同時5軸制御マシニングセンタを開発。
      日刊工業新聞社2018年(第61回)十大新製品賞モノづくり賞受賞。
  • 2019年
    • チェコにテクニカルセンター開設。
  • 2020年
    • 第58回富山県発明とくふう展
      最高賞 文部科学大臣賞受賞。
      (顔認証機能付きマシニングセンタNC操作盤)
      令和2年度中部地方発明表彰 中小企業庁官賞受賞。
  • 2021年
    • 富山県ものづくり大賞 特別賞 受賞。
      (顔認証機能付きマシニングセンタNC操作盤)
      令和3年度中部地方発明表彰 中小企業庁長官賞 受賞。
      第25回日本機械学会北信越支部賞 技術賞受賞。
      第59回富山県発明とくふう展 特許庁長官奨励賞受賞。
  • 2022年
    • シカゴの現地法人キタムラマシナリーオブUSAを約4倍に拡張・移転。
      シンガポールにテクニカルセンター開設。
      第60回富山県発明とくふう展 日本弁理士会会長奨励賞受賞。
      令和4年度中部地方発明表彰 富山県知事賞受賞
  • 2023年
    • 創立90周年を迎える。
      令和5年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(技術部門)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16
    2023年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 7.8時間
    2023年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.8
    2023年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    2023年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 0 2 2
    取得者 0 2 2
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    2023年度

    男性

    0%

    女性

    100%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 11.1%
      (27名中3名)
    • 2023年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、若手社員研修、海外研修、管理職研修、業界団体主催研修
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得支援…技能検定(国家試験)の受験料補助。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度あり
入社直後の新入社員研修、入社1年目に人事担当者によるキャリア等の相談実施
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2024年 6 2 8
    2023年 6 0 6
    2022年 9 4 13
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    2024年 8 0 100%
    2023年 6 0 100%
    2022年 13 2 84.6%

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
大阪大学、金沢大学、芝浦工業大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東北大学、富山大学、富山県立大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、立命館大学、中部大学
<大学>
大阪大学、金沢大学、金沢工業大学、京都産業大学、工学院大学、芝浦工業大学、千葉大学、中央大学、中部大学、筑波大学、都留文科大学、東海大学、東京大学、東京電機大学、東北大学、富山大学、富山県立大学、同志社大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、日本工業大学、明治大学、立命館大学、千葉工業大学、中京大学、同志社女子大学、高崎経済大学、北陸職業能力開発大学校(応用課程)
<短大・高専・専門学校>
石川工業高等専門学校、金城大学短期大学部、金沢星稜大学女子短期大学部、富山短期大学、富山高等専門学校、富山市立富山外国語専門学校、富山情報ビジネス専門学校、日本工学院専門学校、富山県技術専門学院、北陸職業能力開発大学校(専門課程)

上記以外の全国の国公私立大学及び海外大学、短大、高専、専門学校に採用実績がございます。

前年度の採用実績(人数)          2022年 2023年 2024年(予)
---------------------------------------------------------
     院了    -   -    -
     大卒   8名   3名   3名
短大/高専/専門   5名   3名   5名 
前年度の採用実績(学部・学科) 機械、電気、電子、情報、理学、化学、数学、物理、文学、人文、経済、経営、法律、教育系など。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

キタムラ機械(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
キタムラ機械(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. キタムラ機械(株)の会社概要