学生のための就職情報サイト

エントリーシート編、面接編、順次公開!

企業研究編

就職活動では就職したい企業を選んでエントリーをしていくことになります。どの企業にエントリーするのか決めるためには、企業研究が欠かせません。 就活で求められる企業研究とは企業の経営分析ではなく、企業を知ることで自分の能力が活かせて、活躍できる場であるかを見きわめることです。

日々変わっていく企業組織という存在は、学生の皆さんにはとっつきづらいかも知れません。ただ見るべきポイントを整理すれば、限られた時間とエネルギーで十分必要な情報は得られることでしょう。

企業研究の進め方

いきなり個別企業を調べるのは効率が良くありません。そもそも学生の知っている企業とは、存在する企業のほんのごく一部にすぎない、テレビ、CMなどで突出した知名度を持つ企業群になります。有名企業を志向することは悪くありませんが、有名企業「しか」志望しないと就活に苦戦し、最悪内定獲得ができなくなる恐れがあります。また学生にとっての知名度と企業としての価値は一致しないことが多いので、知名度にとらわれ過ぎずに冷静な企業研究をしましょう。

そのためにはまず自分の強みを整理してみるところから始めてみましょう。企業が求める能力と自分の強みが一致することが重要です。自分が持っている強みが志望企業でどう活かせるのかあらためて整理しておきましょう。

ステップ1 専攻を活かす?専攻分野外にチャレンジ?

はじめに、その仕事や企業がいまやっている勉強(学科/専攻)と繋がるかどうかを考えます。理系の選択では「専攻分野就職」と「専攻分野外就職」があります。いま大学や大学院で勉強している専攻分野がそのまま仕事になるのが「専攻分野就職」で、それとは異なる分野、業務、製品・サービスを扱う仕事が「専攻分野外就職」です。

まず、自分がどちらを志向するか考えましょう。「専攻分野外就職」を視野に入れる場合は、「文系就職」といわれる、文系学生が多く務める仕事や業界が対象となります。金融・保険、コンサルティング、マスコミなども専攻分野外就職の一部です。ただし、なぜ専攻分野外就職にするのか明確な志望理由をもって、選択する必要があります。

ステップ2 自分の強みを整理する

就活準備編(自己分析)でやった、「専門性の整理」が生きてきます。 いま勉強していることは何か、その勉強で何が生まれるのか、実用、応用、転用、発展するとどうなるかを考えます。つまり、自分が持っている強みが志望企業でどう活かせることができるのか理解しておく必要があります。

具体例を見てみましょう。いま勉強していることは何ですか?
「理工学部応用化学科で、ゼオライトなどミクロ孔をもつ物質の研究をしています」

その勉強で生まれるものは?
「ナノサイズの孔を利用する吸着システムで高性能な分離機能を研究しています」
「石油化学や土壌改良剤などに応用できるだけでなく、高性能フィルターの開発に役に立ちます」
キーワードがいくつも出てきました。

基礎分野など、そのまま産業と結び付くことが少ない専門の場合は、原理や仕組みの解明で広い意味で産業などに影響があることを考えます。直接は役立たなくとも、「数学の理論研究でAIの機械学習につながる」「DNA研究が農薬開発に結び付く」など、広い視点での結び付きを考えましょう。
研究発表ではないので証明する必要はありません。専門で勉強している知識をかき集めて、想像力を伸ばして自分の可能性を考えてください。発想の飛躍や多少の強引さは全く問題ありません。

ステップ3 企業探し

ここまでの情報整理のおかげで、自分の勉強に関していくつかのキーワードが出てくるでしょう。これだけでも企業検索ができるようになります。 マイナビ2019の企業研究検索窓に「ゼオライト」や「土壌改良」など入れてみましょう。最初はなるべく広く探すため、1ワードだけで検索した方がよく、検索結果の企業が多すぎたら、複数ワードを加えるなど、検索時に工夫してみましょう。

自分の専門分野と関連する企業が複数見つかりました。その検索結果一覧の中で、知っている企業でも、一番上にあった企業でも何でも良いのでまずは1社見てみましょう。もっと深く知りたい場合は、その企業のホームページを見てみましょう。

その企業のサイトでは「会社概要」「事業概要」「製品・サービス情報」などを見ます。またほとんどの企業サイトには検索機能が付いていることが多いので、そこに自分の勉強に関するキーワード、「ゼオライト」「機械学習」「核酸」などを入れてみるのも良いでしょう。

こうして実際にその会社で、自分の研究材料や対象などがどのように扱われているのかがわかります。製品などで密接な関係にあれば、その会社が志望先候補になるだけでなく、同じ業界の企業も候補になり得ます。マイナビ2019に戻ると、その会社と似た属性や同時エントリーが多い企業名なども表示されるので、こうして志望先を広めることができます。

企業研究にルールはありません。偶然相性の良い会社とめぐり会う可能性は誰にでもあります。自分の知識に頼らずに、マイナビ2019を上手に利用すれば、選択の幅は広がります。広がった選択肢から選ぶという方法が、学生の限られた企業知識の中で選ぶより圧倒的に有利なことは間違いありません。

今すぐ マイナビ2019で企業を探してみる

ステップ4 事業内容(ビジネスモデル)の確認

各社のホームページでは、必ず「事業内容」「製品情報」のページがあります。その会社がどんな事業をしているのかを確認していきましょう。自分の専門性をどう活かせるか、という視点で見ることがポイントです。

メーカー(製造業)だったらモノを作っているのは当たり前ですが、その製品は何を、どうやって(どこから)調達し、誰に売っているのかという、仕事の仕組みが事業内容です。豊富に調達が可能な原料、ITなどサービス主体で原料は不要だが、人がいなければ成り立たない、金融や保険などのお金を媒介する付加価値の提供といった、その会社の成り立ちです。ビジネスモデルとも呼びます。

理系の強みは専門性ですから、自分が理解できるビジネスモデルであれば貢献できる可能性が高く、企業にアピールできます。 逆に仕組みが理解できない、明確に説明されていない企業は、相性が悪いと考えて選択から外すことも考えましょう。

ステップ5 企業探しの「次」

興味を持てる企業が見つかったらさっそくエントリー!でも良いのですが、企業研究はまだ終わっていません。ご自分の将来を決める選択ですから、さらに企業情報を集めて、より満足いく選択ができるようにしましょう。 特に企業説明会やOB・OG訪問、学内外合同説明会といった直接の情報収集の機会はきわめて重要です。インターネットで得られる情報には限度があり、何より自分との相性のような数値化できない要素も、人生を決めるうえでは重要です。

その企業が開催する説明会やセミナー、マイナビ2019が主催する合同会社説明会、大学に企業が集まって行う学内説明会など、直接企業と交流できる機会はたくさんあります。特にいろいろな企業を同時に見聞きすることができる合同会社説明会は、忙しい理系学生にとって利用しない手はありません。 ホームページで調べた事業内容やその会社が求める強みなどを、直接のコミュニケーションを通じて知ることは、面接などの選考プロセスにおいても有効です。ぜひ機会を活用してください。

今すぐ マイナビ2019でイベントを探してみる

Profile

監修:増沢 隆太(ますざわ りゅうた)

戦略人事コンサルタント。東工大で約10年特任教授としてキャリア指導。現在は全国でキャリアやコミュニケーションの講座を行う。著書は日本初の理系向就活ガイド「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」他多数

ページTOPへ