シゴト場拝見

チーム医療の一員として、より安全で質の高い薬物療法を実現する

いつでも、どこでも誰もが安心できる、より良い医療と福祉をめざす和歌山生協病院。薬剤課では、チーム医療の一員として医師や看護師と連携しながら、より安全で質の高い薬物療法を実現。調剤業務のほか、病棟の専任薬剤師としての病棟薬剤業務、医薬品管理、医薬品情報の提供など、幅広い仕事に携われるのも魅力です。

  • 抗がん剤の無菌的調製は、手技に精通した薬剤師が担当。薬剤師の安全を守るため、防護服と安全キャビネットという設備を用いて行います。投与量や投与間隔、投与時間などのチェックも薬剤師の仕事です。

  • 入職後は、調剤業務もしくは病棟業務を担当。病棟は3つあり、各病棟に1名の専任薬剤師を配置しています。なお、調剤から病棟まで、業務を幅広く学ぶため、担当は半年〜1年を目処に交替します。

  • 幅広い世代の薬剤師が揃う薬剤課。少人数だからこそ、一人ひとりの意見にしっかりと耳を傾け、風通しの良い職場を維持しています。人間関係も良好なので、安心してくださいね。

  • 患者様の心に寄り添い、それぞれの状況や生活背景に合わせた適切な医療を展開。他院で取り入れられている制度や対策など、外部の情報も積極的に収集し、職場の改革、業務の改善を進めています。

  • 薬の説明や副作用・効果の確認など、ベッドサイドでの業務も多い病棟薬剤師。入院時には面談を行い、持参薬をチェック。一人ひとりの服薬状況を正確に把握し、ポリファーマシーの改善にも努めています。

  • 調剤業務や服薬指導のほか、医薬品情報の管理や提供・薬剤評価といったDI業務、在庫管理、研修医への薬剤教育なども薬剤師の仕事。学会や外部研修への参加も推奨しており、スキルアップが図れます。

  • チーム医療の一員として、カンファレンスやデスカンファレンスにも参加。医師や看護師、栄養士、医療ソーシャルワーカーなど、他職種のスタッフとも連携しながらより良い薬物療法を検討します。

  • 入職後、2年間を初期研修期間とし、調剤薬局と病棟でそれぞれ1年間の研修を実施。その間、半年ごとに学んだ内容や症例を発表する機会を設け、次の成長につなげています。

  • 149床の中規模病院でありながら、総合診療に力を入れており、幅広く学べることが当院の特徴。安全や感染に関する勉強会のほか、医療を取り巻く環境や社会情勢などを学ぶ院内研修も行っています。(採用担当/森岡)

Message

病棟薬剤師としてチーム医療に貢献できるという“やりがい”はもちろんのこと、“働きやすい環境”も当院の魅力の一つ。有給消化率はほぼ100%、院内保育所もあり、産休・育休から復帰後、管理職として活躍している薬剤師もいます。また、年2回個別に面談を行い、それぞれの目標やキャリアプランを共有。モチベーションを高く維持して働き続けられるよう、認定薬剤師などの資格取得も支援しています。(薬剤課/木下)