conceptbtn
エリアナビマイナビ2019

アセット 1

coming soon...

わたしが“ターン”した理由

山口が好きで、山口に惹かれて、山口で仕事に就いた
4名それぞれのパーソナルワーク&ライフストーリー。

FLEXIBLE MODEL COMPANY 誰もが活躍できるやまぐちの企業

長時間労働の縮減や仕事と私生活の両立支援に取り組むなどの
職場環境づくりを積極的に推進する企業を、
やまぐち働き方改革推進会議が「誰もが活躍できるやまぐちの企業」(※)として認定。
同認定企業9社の魅力を紹介します。

※評価項目
①働きやすい職場環境づくり(年次有給休暇の取得促進など) ②出産・育児・介護に関する支援(育児休業の取得実績など)
③多様な人材の活用(若者の就労定着、女性管理職の登用、高年齢者・障害者の雇用など)

認定について
詳しく見る
  • 株式会社西日本テクノ

    ココを認定!アクティブシニア雇用

    経験・知見のある
    アクティブシニアが活躍し、
    中堅・若手と融合!仕事の質が向上

  • 社会福祉法人朋愛会

    ココを認定!「女性が働き続けやすい」

    職員の子育てを応援する
    充実の「出産・育児制度」

  • 株式会社エイム

    ココを認定!「ノー残業デー」

    「目標管理システム」を導入し
    残業時間縮減を推進する

  • 株式会社丸久

    ココを認定!多様な働き方の促進

    産前産後や介護の短時間勤務制度、
    社員登用、半日有休など
    働きやすい職場環境整備

  • 株式会社カワトT.P.C.

    ココを認定!「女性が活躍!」

    社員の子育てを応援する
    充実の「出産・育児制度」

  • 深川養鶏農業協同組合

    ココを認定!「障害者の雇用」

    障害者雇用率が
    1年で2.32%から3.18%に上昇

  • フジミツ株式会社

    ココを認定!「女性管理職の登用」

    女性管理職比率が
    0%から3年間で7%に向上

  • あさひ製菓株式会社

    ココを認定!「女性が活躍!」

    社員の事情に合わせて
    柔軟に勤務時間を設定できる
    短時間勤務制度を導入

  • 株式会社西京銀行

    ココを認定!「年間6割以上の有休取得」

    イキイキとした社員の表情が物語る
    「ワークライフバランス」の確立

山口市

FLEXIBLE MODEL COMPANY 誰もが活躍できるやまぐちの企業

平成29年 (2017年) 11月 1日、本年度創設した「誰もが活躍できるやまぐちの企業」について、やまぐち働き方改革推進会議に設置した審査会での審査を経て、下記のとおり9社を認定しました。

1. 認定企業の概要

長時間労働の縮減や仕事と生活の両立支援に積極的に取り組み、若者、女性、高齢者、障害者など多様な人材が活躍できる職場環境づくりに成果を上げている企業

2. 認定期間

3年間(平成29年11月1日~平成32年10月31日)

3. 認定企業の特典等

・シンボルマークの使用
・ハローワークにおける重点的なマッチング支援
・民間大手就活サイト(マイナビ)への掲載
・やまぐち働き方改革セミナーにおいて、紹介
(平成29年12月21日)

セミナーの画像

4. 認定企業(9社)

企業名 取組
株式会社西日本テクノ(工場等の制御盤の製造) 高齢者雇用に積極的に取り組み、75歳の社員が現役で勤務(60歳以上の社員の割合23.3%)
社会福祉法人朋愛会(特別養護老人ホーム) 女性が働き続けやすい職場環境づくりに取り組み、小学校3年生まで子の看護休暇取得が可能(小5まで引上予定)
株式会社エイム(システム設計、ソフトウェア開発) 毎週水曜日のノー残業デーの強化や有給取得促進により、残業時間が昨年4月と今年4月の比較で18%縮減
株式会社丸久(食料品等の小売業) 障害者の雇用に積極的に取り組み、県下82店舗のうち45店舗で障害者が勤務
株式会社カワトT.P.C.(ビル等の給水配管の制作) 女性の雇用・活用に積極的に取り組み、3歳までの育児休業取得や時間単位の看護休暇取得が可能
深川養鶏農業協同組合(食品、養鶏用肥料等製造) 総合支援学校と連携し、新卒の高校生を採用し、障害者雇用率がH28:2.32%からH29:3.18%に上昇
フジミツ株式会社(水産練製品製造) 女性管理職の登用に力を入れ、H26年度0%からH29年度7%に上昇
あさひ製菓株式会社(菓子製造販売) 育て中でも働きやすいよう、最低月120時間勤務すれば、勤務時間を自由に設定できる短時間勤務制度を導入
株式会社西京銀行(金融業) 年間6割以上の有休取得、営業店平均退行時間18:00という目標を掲げ、社内表彰の項目にも取り入れ
シンボルマーク 閉じる