学生のための就職情報サイト

  • 会員登録

今から間に合う!就職活動の進め方

「そろそろ就職活動の準備を始めなきゃ!」と思っていても、いざ始めるとなると、一体、何から手を付けたらいいのかわからない… そんな皆さんのために、就活準備のAtoZを編集部がわかりやすく解説します。

大切なのは、就職活動全体の流れを把握すること。具体的に“何を”、“どのように進めればいいのか”、内定というゴールに向かう道のりが見えてくれば、今やるべきことが自然とわかるはずです。まずは、全体像を把握して、無駄のない就職活動を進めてください。

気になる箇所をクリックしてみましょう! 詳細説明ページにリンクしています。

STEP1自分を知り、業界・企業を知る

就職活動を始めるにあたって避けて通れないテーマが、「自分を知る(自己分析)」ということと、「仕事を理解する(仕事研究)」ということ。自分の興味(何をやりたいのか)、能力(何かできるのか)、価値観(何のためなら頑張れるか)をしっかり理解し、どの業界なら、また、どの企業なら自分を活かせるのかという視点で、すり合わせ&接点探しをしていくことが重要です。

さらに、この自己分析と仕事研究は、同時並行で進めることが重要です。自分の能力や長所を明確にしながら、自分がしたい仕事、できる仕事と結びつけていく、そんなイメージで就職活動の準備を始めてください。

ページTOPへ

自己分析

自己分析と聞くと、何だか難しいカウンセリング用語のように思う方もいるかも知れませんが、つまりは、自分に対する理解を深めること。学生生活やこれまでの人生を振り返り、以下の視点で自分のことを深堀りしていきましょう。

(1)何を経験したのか?
(2)なぜその経験や選択をしたのか?
(3)具体的にどう行動したのか?
(4)その経験で学んだことは何か?

そうすれば、自然とあなたの強みや成長ポイントが浮き彫りになり、エントリーシートや面接で自分をアピールするための材料が見つかります。また、自己分析を進める際に、他者の意見を参考にすることもとても有効です。自分の良さや魅力は、案外、自分でわかりづらいもの。ぜひ、お友だちやご家族の意見も参考にして自分に対する理解を深めてください。

ちなみに、毎年のことですが、面接が本格化した時期に、「自己分析が甘かった!」と後悔する学生が少なくありません。ぜひ、そんなことのないように自分をしっかり振り返りながら就職活動を進めてください。

ページTOPへ

仕事研究

自分の興味、能力、価値観が明らかになってきたら、それをどんな仕事で生かせるのか、できるだけ幅広い視野で「仕事研究」を進めましょう。

仕事研究とは言っても、そこには「業界研究」「企業研究」「職種研究」の3つが視点が必要です。就職活動では、まず第1にどの「業界」を選ぶか、第2にどの「企業」を選ぶか、そして第3にどの「職種」を選ぶかという3つの選択が求められるのです。

▼ 業界研究

自己分析と仕事理解を同時並行で進め、自分が進みたい道がイメージできたら、マイナビに掲載されている企業情報を参考に、最終的に自分がエントリーする企業の候補をリストアップしていきましょう。ここで大切なのは、自分が活躍できそうな業界や企業をできるだけ幅広い視野で見ていくこと。
就活生が陥りやすいポイントとして、知名度が高い企業、一般消費者に商品やサービスを提供しているBtoC(Business to Consumer)企業に関心が向きがちなことです。日本には、企業向けに商品やサービスを提供しているBtoB(Business to Business)の優良企業がたくさんあります。就職活動が本格化して、途中で志望企業の候補がなくなった、などという事態にならないよう、ぜひ、幅広くいろんな企業を選択肢にあげてください。

▼ 企業研究

1つの業界の中には、数多くの企業が存在します。しかし、業界は同じでも、企業規模はもちろん、事業内容や経営方針、社風や社員の平均年齢、年収などは企業によってさまざま。自分が魅力を感じるポイントも全く違ってくるはずです。エントリーシートや面接では、必ず「志望動機」が確認されますが、「この業界の中で、なぜその企業を志望するのか?」について説得力ある答えを用意する必要があります。そのためにも各企業の強み、弱み、差別化のポイントなどをしっかり調べましょう。

▼ 職種研究

業界や企業についての理解が深まったら、職種についての研究も進めましょう。事務系、営業系、技術系など、どの企業にも共通して存在するさまざまな職種があります。また、同じ職種でも企業によって仕事内容や求められる能力や専門性は異なりますので、企業ごとにどんな職種があり、どのように仕事を進めるのかを調べてみましょう。そして、自分はどのような働き方をしたいのか、将来のキャリアビジョンについてもイメージを持ち、自分に合った仕事とは何かを考えてみましょう。

ページTOPへ

志望企業のリストアップ

自己分析と仕事理解を同時並行で進め、自分が進みたい道がイメージできたら、マイナビに掲載されている企業情報を参考に、最終的に自分がエントリーする企業の候補をリストアップしていきましょう。ここで大切なのは、自分が活躍できそうな業界や企業をできるだけ幅広い視野で見ていくこと。

就活生が陥りやすいポイントとして、知名度が高い企業、一般消費者に商品やサービスを提供しているBtoC(Business to Consumer)企業に関心が向きがちなことです。日本には、企業向けに商品やサービスを提供しているBtoB(Business to Business)の優良企業がたくさんあります。就職活動が本格化して、途中で志望企業の候補がなくなった、などという事態にならないよう、ぜひ、幅広くいろんな企業を選択肢にあげてください。

ページTOPへ

STEP2自己PRの作成

エントリーシートや面接では、自分の良さをアピールしていくことになりますが、自分を売り込むためのポイントをまとめ上げたものが自己PRです。効果的な自己PRを作るポイントは、これまでの経験の中で自分の長所や強みとしてアピールできることがらを、具体的なエピソードを交えてまとめること。また、その長所や強みを、志望企業でどのように活かせるかを、採用担当者がしっかりイメージできるように表現することです。

さらに、自分の言葉で伝えることも重要なポイント。人事担当者はいわば採用のプロ。どこからか借りてきた言葉は、すぐに化けの皮がはがれてしまいます。ぜひ、自分なりの言葉、自分にしかできない売り込み方を心がけてください。

ページTOPへ

STEP2志望動機の作成

“なぜその会社に入りたいか”をまとめ上げるのが志望動機です。エントリーシートや面接で、「自己PR」と「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」と合わせて必ず問われるテーマが、この志望動機です。ただ、「自己PR」や「ガクチカ」は、学生それぞれの個性が反映されるため、採用する側にとってはなかなか善し悪しの判断がつきづらいもの。これに対して、志望動機は、業界や企業に対する理解度が一目瞭然。どれだけしっかり準備してきたかが、すぐに明確になります。

大切なのは、マイナビの企業情報や会社ホームページなどの文字情報だけでなく、インターンシップを通じてリアルな職業体験をしてみたり、OB・OG訪問をしてその企業で働く社員の生の声を聞くこと。ぜひ、生の情報を収集することを心がけてください。

ページTOPへ

STEP3エントリー

エントリーとは、その企業に“興味があります”という意思表示のこと。エントリーしたからといって、必ず説明会に参加しなければならないとか、エントリーシートを提出する必要があるわけではないので、最初の段階では、なるべく幅広い業界、企業にエントリーすることが重要です。参考までに、マイナビで定期的に就職活動状況を報告してくれるモニター(2018年卒)の報告では、平均して40社の企業にエントリーしたという結果が出ています。

ちなみに「エントリーシート」は、その企業の選考に参加するための正式な応募書類であり、自己PRや志望動機などを書いて、履歴書などと一緒に提出します。似た言葉ですが、エントリーとは全く意味合いが異なりますので注意しましょう。

ページTOPへ

STEP4選考

適性検査・筆記試験

エントリーシートや履歴書などの応募書類が通過すれば、いよいよ選考に臨むことになります。最初は適性検査からスタートするパターンが主流。適性検査は主に筆記試験で行われ、問題の傾向は、語彙や文章読解力を問う「言語」、計算力や論理的思考能力を測る「非言語」、そして「性格適性」の3つのカテゴリに分けられます。

業界によっては「英語」「時事」などの一般常識や論作文関連の出題もありますので、事前に過去の出題傾向をチェックしておきましょう。

筆記といっても学校のテストのように学生が1つの試験会場に集まって受験するパターンばかりではなく、利便性を考えてWebを使って自宅で受ける形式もあります。ただ、この1~2年は代行受験などの問題を防ぐため、テスト業者が設けた会場で行うケースが増える傾向にあります。

マイナビのお役立ちコンテンツ

面接

面接の形式は企業や選考プロセスによってさまざまな形態があります。学生1人に対して、面接官1人もしくは複数で行う「個人面接」、複数の学生が同時に参加する「集団面接」、学生同士があるテーマに沿って自由に議論をする「グループディスカッション」などが代表的なところです。

しっかり準備してきた自己PRや志望動機以外にも、面接官からはさまざまな質問が飛んできます。上手に応えていくには、ある程度場慣れすることも重要です。 学内等で行われる模擬面接を活用するのはもちろん、なるべく多くの企業の面接に参加してみましょう。質問の傾向や受け答え方がわかるようになり、面接を重ねれば重ねるほどスムーズに受け答えできるようになるはずです。

ページTOPへ

STEP5内定

企業が応募者を社員として迎える意志があることを伝えるのが「内定」です。正式な決定ではありませんが、内定が出れば法的な拘束力が発生しますので、卒業後の4月からの職の保証がなされたことを意味します。また、正式な内定の前に、「採用予定通知」という意味合いで出されるのが、「内々定」です。内々定と内定は、ほとんど同じ意味合いで使用されますが、内々定は正式な労働契約には至っていない状態のことを指します。

2017年卒から経団連加盟企業の選考活動が6月1日からとなりましたが、中堅中小企業を中心に、早い段階から内々定を出していた企業が少なくないようでした。マイナビの調査でも、4月末の段階ですでに23.0%の学生が1社程度の内々定を持っているという結果が出ています。

2020卒の採用スケジュールは、今年と変更がないので、準大手、中堅中小企業の選考は早めに進んでいくものと思われます。

ページTOPへ

最後に

3月1日採用広報解禁、6月1日選考活動開始というスケジュールになって今年で4年目です。

この間、3月以降の企業の採用活動は年々スピードアップし、就活の短期決戦化の傾向はますます強まっています。そのため、後悔のない就職活動をして納得のいく内定を獲得するには、2月までに準備を終えて万全の状態で3月を迎えることが重要です。

自己分析、仕事研究、選考対策等など、何ごとにも早め早めに取り組んで、計画的に就活準備を進めましょう。


ページTOPへ