医療・福祉・介護職をめざす全ての学生のための就職情報サイト

マイナビ2020 医療・福祉ナビマイナビ2020 医療・福祉ナビ

社会福祉法人三加和福祉会

所在地
熊本県玉名郡和水町平野1300番地
施設形態
  • 高齢者施設
募集職種
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 介護職・ヘルパー
  • 医療福祉系総合職
  • その他

先輩情報・座談会

利用者おひとりおひとりに寄り添いながら
介護ケアや生活サポートを行います

鍋島 佑介さん

2011年入社/施設ケア課責任者・介護福祉士/写真左

大川 聡さん

2012年入社
グループホーム介護スタッフ・介護福祉士/写真右

周囲のアドバイスとサポートで現場の仕事を学ぶ

私が中学生の頃、祖母が脳梗塞で寝たきりになったことがあります。後遺症で言葉を発することができなくなった祖母を目の当たりにした私は、すぐに現実が受け入れられませんでした。時間が経つにつれて、もっと祖母にできることがあったのではと思うようになりました。やがて自分の進路を考える際、地元にある当法人が募集をしていることを知り、介護について一から学びたいと入職を希望しました。入職したその日に指導されたのは、礼儀の大切さです。どんな人にも同じように挨拶をするよう教えられました。仕事は、先輩に現場で指導してもらいながら、車椅子の押し方から声のかけ方、食事介助、おむつ交換などを学びました。先輩から言われたのは、声かけや細かいところに気付くことの大切さ。施設に落ちている小さなゴミや花瓶の花が枯れていないかなど小さな変化に気付けなければ、利用者の些細な変化を把握できないからです。(鍋島さん)

学校を卒業してすぐは夢を追いかけていた私ですが、地に足のついた堅実な仕事に就きたいと思った時に介護の仕事と出会いました。当法人は、未経験者でも可、将来的には国家資格も取得できるという話を聞き、全く知らない世界に飛び込むのは不安もありましたが、面接を担当した上司から、自分の趣味も現場でも生かしてほしいと言われ、ここなら気追わずに自分らしくやれるのではないかと入職を決めました。以来、グループホームの介護スタッフとして、入居者のケアや生活のサポートを担当しています。グループホームは認知症の方が家庭的な雰囲気の中、少人数で暮らす介護施設ですが、軽い認知症の方もいれば重い方もいます。入所後に介護度が上がる方もいますので、入居者のその時の状態に合った介護を心がけています。(大川さん)

「その人の人生の最後のお手伝いを
することに誇りを感じます」と鍋島さん

若くても頑張れば認められる職場で日々成長

現在は施設ケア課の施設責任者として、現場の仕事だけでなく、リーダーとして新人職員の指導や、担当業務の割り振りなどの業務も担当しています。上司とスタッフの間のパイプ役として時には葛藤もありますが、スタッフとできるだけコミュニケーションを取れるような関係づくりを心がけています。当法人は若くても頑張っていれば、責任ある仕事も任せてもらえるので、頑張りがいもありますし、責任者という役割の重みも感じる毎日です。基本的には体を動かすのが好きなので、現場の仕事が自分には合っていると思っています。介護の仕事は、その人の人生の最後のお世話をするということ。そのプライドを持って一瞬一瞬接することを大切にしています。ありきたりですが、「ありがとう」という言葉をもらえるのがやはり一番のやりがいですね。(鍋島さん)

私が働くグループホームは少人数の方が入居する施設ですので、できるだけ入居者に密に接し、要望や状態に合った対応やケアをするよう心がけています。訴えや状態などは毎日違うので、入居者の気持ちをくみ取ることが難しい場合もあります。それでも、その方が何を言いたいのか求めているのかを、寄り添いながら考え、楽しく生活してもらえるようにしています。入所してすぐは反応がなかった人が笑顔を見せてくれたりするとやりがいも感じますね。以前、私のギターや歌をいつも楽しみにしてくれていた利用者の方が涙を流して喜んでくれた時は、本当にうれしくて、この仕事に就いて良かったと思いました。(大川さん)

「職場はやさしくて温かい雰囲気。
困った時は助け合っています」と大川さん

利用者の生活をサポートしながら自らも成長を続けたい

仕事をする上では、利用者のリスクをできるだけ減らすような働きかけや声かけだけでなく、職員の体調不良がいないかなどのケアも含め、大切にするようにしています。現場の仕事はここまですると完璧ということがないので、利用者の細かい変化にいち早く気付くことの大切さを痛感する毎日です。常に初心を忘れず、利用者の立場に立って、細やかな配慮を忘れないようにしたいと思っています。4年前に介護福祉士を取得しましたが、現状にはまだまだ満足はしていません。今後はケアマネージャーの資格取得も視野に、後輩の成長を助けながら、一緒に成長していけたらいいですね。(鍋島さん)

介護の仕事にゴールはありません。ここまですればいいというものもありません。日々葛藤し悩みながら取り組んでいますが、とても奥が深く、そこがこの仕事の魅力だと感じています。入職して3年後には、実務経験を生かして介護福祉士の資格も取得。現在はケアマネージャーを目指しています。今後は現場の仕事だけでなく、運営など責任のある仕事も任されるようになりたいと思っています。介護の仕事に就いて、生死や老いの現実はもちろん、生きることの価値や素晴らしさを改めて感じるようになりました。両親への感謝や親孝行についても考えることもあります。まだまだ足りないことも多いですが、これからも入居者の方がグループホームの中で自分らしく、自分の家のように生活できるようなサポートをすることが、私の目標です。(大川さん)

趣味やプライベートの時間も大切にしながら
介護の仕事に誇りと充実感を感じている

Message

高齢化が進み、介護の仕事はこれからますます社会で必要とされます。当法人では、経験や資格がなくても、頑張りとやる気さえあれば、入ってから資格を取得することも可能ですし、スキルアップの支援もあります。働く人の元気で素直ではつらつとした態度は、利用者の笑顔にもつながります。介護の仕事は大変そうと思っている人も一度見学に来てみませんか?スタッフ一同、お待ちしています。

社会福祉法人三加和福祉会

所在地
熊本県玉名郡和水町平野1300番地
施設形態
  • 高齢者施設
募集職種
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 介護職・ヘルパー
  • 医療福祉系総合職
  • その他