医療・福祉・介護職をめざす全ての学生のための就職情報サイト

マイナビ2020 医療・福祉ナビマイナビ2020 医療・福祉ナビ

社会福祉法人 龍鳳

所在地
東京都練馬区練馬2-14-9
施設形態
  • 障害者施設
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • 生活支援員

プロフェッショナルの仕事

個々の特性に合わせ、工夫を重ねながら
クオリティの高い支援を追求していきたい

坂口 麻衣子さん

介護福祉士

2006年入職 指定障害者支援施設 ライフパートナーこぶし サービス管理責任者

入職当初は、ご利用者との向き合い方に悪戦苦闘

以前は、高齢者の在宅介護の仕事をしていました。退職後、龍鳳の役員をしていた方に声をかけていただき、当法人へ入職しました。

最初は新しい経験を積むことができればと考えていましたが、在宅介護の仕事とは異なるスピード感に戸惑いました。時間がゆっくり過ぎる在宅とは違い、ここでは限られた時間のなかでテキパキと仕事を進める必要があります。そのため、思うようにご利用者と話す時間がとれないことにもどかしさを感じました。一番難しいのは、コミュニケーションのとり方。知的障がいがある方の場合、時に机をバンバン叩いたり、土壁をほじったりといった行動を示すことがあります。当時は、その意図を理解しようと自分なりに試行錯誤を重ねることしかできず、その意図を明確にするまでには至りませんでした。現在は充実した研修により、そうした行動や意図を理解できるようになり、これから入職される方もスムーズに仕事を覚えることができます。

後輩の声に共鳴し、同じ目線で
問題解決を図るよう努めている

上司との出会いから、障がい特性を知る大切さを学ぶ

私はご利用者と触れ合うことは好きだったので、つらいと思ったことはありません。とはいえ、手探りの状態で仕事をするなかで、確たる自信が持てないまま接しなければならないことも少なくありませんでした。そんななか大きな転機となったのは6年前、新たに着任した上司との出会いです。豊富な知見を持つ上司に障がい特性についてさまざまなことを教えていただきながら、自身でも積極的に勉強に取り組むようになったのです。この経験は、日々ご利用者と向き合う上で、大きな力となっていきました。

私たちは単なるサービス提供者ではなく、ご利用者がより良い生活を実現していくための支援を行っていかなければなりません。そのためにも、一人ひとりとしっかり向き合い、理解を深めていくことが大切。ご利用者が欲していること、考えていることを汲み取ることができた時や「通じ合えた」と思える瞬間が、最大の喜びであり、励みになっています。

スタッフからの報告は細大漏らさず目を通し
より良い、支援のあり方を追求し続ける

大学院で研究を深め、支援ノウハウを体系づけたい

5年前から、現場スタッフをまとめる「サービス管理責任者」というポジションを担うようになりました。その役割は、ご利用者に提供するサービス内容の管理、職員の指導、ご利用者の権利擁護に関する管理などです。ときにはイマジネーションを最大限に働かせて、個々のご利用者に向けたプログラムを作成することもあります。福祉の仕事は、食事・入浴・排泄介助が中心の業務というイメージを持たれがちですが、実際は皆さんが想像する以上に、クリエイティブな仕事だということを多くの方に知っていただきたいですね。

ご利用者のことをもっと知りたい、より良い接し方を実現したい。そんな想いから、現在は大学で教育・心理のコースで学んでおり、今後は支援に関する研究をさらに深めるべく、大学院への進学を考えています。知的障がい者の支援方法について、知識体系として整え、新たに入職される方々の指針を作っていきたいと思います

ささいな変化にも、目を凝らすことで
心の動きを読み取るよう努めている

Message

管理者として常に心がけているのは、後輩たちがどんなことに悩み、考えているのかを理解してあげることです。信頼関係を作っていくポイントは、仕事に関するフィードバック。どんな小さな仕事であっても「よくやってくれたね」「あの時は助かったよ」と、こまめに声がけをするように意識しています。また、成功体験を重ねてもらえるように少しずつ難易度の高い仕事にチャレンジできるよう工夫しています。

社会福祉法人 龍鳳

所在地
東京都練馬区練馬2-14-9
施設形態
  • 障害者施設
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • 生活支援員